2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 断罪のマリア la Campanella | トップページ | 4/27Sミュージカル「テニスの王子様」コンサートDreamLive2013 »

劇場版「Steins;Gate 負荷領域のデジャヴ」

見てきたよ!TVアニメ最終回で映画化発表されてからずっと楽しみにしてました!
時系列としてはシュタインズ・ゲート世界線に到達したTVアニメ(原作ゲーム)から
「横領跋扈ポリオマニア」(DVD特典OVA)を経た、2011年が舞台。
キージジュアルが紅莉栖なこともわかるように、紅莉栖中心のお話です。
とは言え、やっぱり岡部役の宮野真守氏の凄さを感じずにはいられないよ!
新作カット入り総集編映画が多いなか、トゥルーエンドからの続編ってのが嬉しいよね。

以下ネタバレです!

やーもうなんか終始オカクリで可愛かった!!
帰ってきた紅莉栖に岡部がフォークとスプーンのプレゼント用意してるのには
ニヤニヤしたけど、酔った紅莉栖が甘えまくるのにはもう目を見張ったよ!
紅莉栖さんツンデレの鑑。
岡部も普段厨二テイストなのに、横領跋扈とか今回の駅前での別れのシーン
とかナチュラルに男前だからありゃ惚れる。
あと、少年時代の岡部が美少年でどうしようかと思いました(笑)。
あそこの少年岡部と紅莉栖の邂逅シーン、紅莉栖が服も変わって幼くなってる
ところとか、ちょっと読みきれなかったので、考察とか読んでみたいと思います。

今回はシュタゲの想定科学的な部分よりも岡部と紅莉栖の関係とか、岡部が
まゆりを助けるために何度も過去改変したあの苦しみの一部を紅莉栖が
なぞってその孤独を理解するあたりとか、そういう心情部分が中心な感じ。
だから、そういう科学ロジックや他のラボメンの出番が少ないのがちょっと
残念だと感じるファンもいるかもしれないけど、私はオカクリ大好きなので
大変楽しかったですニヤニヤ。
まゆしぃも相変わらず天使だしダルはフラグ立ててるし!
あと鈴羽の出番もあって良かったな。鈴羽の服いつもスポーティで可愛い!

シュタゲは舞台化もするんだよね。どうもメール投票でルートが変わるらしい。
原作ゲームもDメールでルート分岐するから、そのへんなぞってるっぽい。
各ヒロインルートもあるみたいだから、ちょっと気になるー!

« 断罪のマリア la Campanella | トップページ | 4/27Sミュージカル「テニスの王子様」コンサートDreamLive2013 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/57241278

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版「Steins;Gate 負荷領域のデジャヴ」:

« 断罪のマリア la Campanella | トップページ | 4/27Sミュージカル「テニスの王子様」コンサートDreamLive2013 »

最近のトラックバック