« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

映画「藁の楯」

映画「藁の楯」見てきました。
孫娘を殺された大富豪が10億の懸賞金を賭けた殺人犯を誤送するSP達の物語。
原作は未読です。
前半は懸賞金欲しさに次々に犯人を殺そうとする人々が押し寄せるパニック
ムービーみたいな感じかな。護送車に大量のパトカーついてくるわ、そこに爆薬
積んだトラック突っ込んで爆発するわで、ハリウッドを意識したようなお金の
使い方してるなーと思いました。
次第に護送する側の警察にも金押しさの裏切り者いるし、もう味方も誰も信じられ
なくなる感じなんだけど、友人私共にちょっと疑問だったのは、いくら10億もらえる
と言っても、果たしてこんなにも多くの人間が彼を殺そうとするのだろうかってこと。
それぞれ、夫のリストラ、倒産に追い込まれた中小企業の社長、妻の入院とか
お金が必要なことはわかるんだけど、だからって・・・みたいな、ね。まぁそこを
言っちゃうと作品が成立しないんだろうけど。
それから、思った以上に人が死んでいってびっくり。血の感じが三池作品だなって
感じました。


警察の責務と人間としての怒りの狭間で揺れる大沢たかおさんの葛藤の表情や、
全く救いのないクズのような犯人を演じた藤原竜也さんの芝居も良かった。
これで藤原さん演じる清丸に少しでも反省の余地や人間味があれば護るSP側にも
意義が感じられたんだと思うけど、全くブレのない最悪のクズなので、だからこそ
SP達の葛藤が引き立てられるからね。

見終わったあとの爽快感とかは皆無ですが、面白かったです!

「英国探偵ミステリア」

英国貴族のお嬢様が女王に見込まれ、探偵学科のある学園に入学して、
ホームズやワトソンの息子たちと一緒に事件に挑む・・・そんなお話!
と言っても乙女ゲーであって推理ゲーではないので、実際ほとんど推理する
ようなシーンはなかったです。
でもヒロインが貴族のお嬢様ながら常識的かつ偽善的だったり世間ずれした
ところもないので、声付きでキャラが立ってても全然嫌味じゃなくて、好感度
高かったです。制服のスカートがミニじゃないのも、19世紀英国らしさが満開
で良いかと!
同じく女子キャラのミス・マープルやミス・ハドソンも可愛らしかった!
もう女子は延々アフターヌーンティしてていいよ~可愛い!

好きなキャラはワトソンかなぁ。父親同士と同じく名探偵のホームズJrの関係も
良かったし、好きな女の子のために一生懸命になるワンコ系男子可愛かったです。
次点ホームズ!クーデレ!
あとこれはわりとどのキャラもそうですが、貴族として家を継がなければならない
主人公との未来をちゃんと考えてるなってのがよいなー。

それとこのゲーム、攻略キャラのお父様達が素敵ですね(笑)。素直になれない
ホームズパパに、息子溺愛なルパンパパ。直接的には出てこないけど、ワトソン
パパも素敵な感じ。

システム的にも既読スキップはもちろん選択肢まで飛べるセレクトスキップが大活躍
でして、繰り返しプレイに優しい作りです。というのも、どうもSADENDも含め全ての
ED見ないと真相ルート行けないらしいので。あうあう、最近こういうの多いね・・・!

5/22S「ミュージカル黒執事-The Most Beautiful DEATH in The World- 千の魂と堕ちた死神」

【出演】
セバスチャン・ミカエリス:松下優也 シエル・ファントムハイヴ:田中偉登
エリック:良知真次 アラン: 中河内雅貴 グレル・サトクリフ:植原卓也
ウィリアム・T・スピアーズ:輝馬 ロナルド・ノックス: 井出卓也
バルドロイ:鷲尾昇 フィニアン:河原田巧也 メイリン: 松田沙紀
葬儀屋:和泉宗兵 ドルイット子爵: 佐々木喜英 
アバーライン:高木俊 ハンクス:寺山武志

脚本・構成・作詞:岡田麿里
演出:福山桜子
音楽:岩崎琢

ミュージカル黒執事って私の記憶だと確か過去に2回くらいやってて、初演シエルが
阪本奨悟くん(4代目越前リョーマ)、次が西井幸人くん(D2)で、今回が3回目なんだ
よね。3代目シエルの田中くんは実写映画の「るろうに剣心」で弥彦をやってた子。
その印象のせいか、田中シエルは原作らしくツンツンしてても表情に男の子っぽさが
垣間見えて、可愛らしかったあ!
実は初演を見ているのですが、そのときの印象と言えば誰も彼も衣装が素敵だった
こと!特にシエルの19世紀英国貴族の少年の衣装で、原作そのまんま!それが
いわゆるコスプレっぽく見えないというか、安っぽくなくてほんと素敵だったんだよね。
残念なことにこの作品は女装が多くても女性キャラが少ないので(メイリンくらい)、
可愛いドレスがあまり見られないのが残念です・・・いえ、可愛いドレスを着た可愛い
女性が見られないのが残念です(笑)。
リジー出てくれればいいのになあ!
セットも初演時より豪華になってて嬉しかったです。広間に屋台みたいな厨房が
あったのだけ、初演の時には忘れられないのよ!あれ切なくて!
今回は、なんというか、三段くらいの高さの通路があって階段もあって、例えば
地上の現実世界と、別世界である死神の世界の違いみたいなのを出してたりして、
うん、お金かかってるなって!ダンサーも増えてたしね。

初演から出ている松下セバス、植原グレル、和泉アンダーテイカーについてはさすが!
実は初演時は松下くんのセバスの声が少し苦手だったんだけど、今回は全然そんな
感じがしなくて何故だろ。松下くん自身か私が慣れたのかな?
あと、輝馬ウィルはキャスト発表の瞬間から「間違いない」と思ってたけど、案の定
メガネにスーツにきっちりの髪型が似合いすぎてました!
死神派遣協会のダンスと歌は楽しくてよかったなー!あそこまた見たい!

最後にカテコでシエルとアンダーテイカーとアバーラインとハンクスがんちゅ!って
客席にキスしてて可愛くて(シエルが)可愛くて(シエルが)!

5/21S「FROGS」

【出演】
小関裕太 / 平埜生成 / 溝口琢矢 / 松岡広大 
太田将熙 / 山下銀次 / 三本健介 / 小池 成

演出:岸谷五朗 
脚本:喜安浩平
主題歌制作:新藤晴一(ポルノグラフィティ)

池袋BIG TREEではMY楽。まさかの、最前列!!ただでさえこの劇場狭いのに
最前列とか、しかも下手側で小関くんしょちゅう来てくれたので、死んだ俺が。
フクロウとのデュエットで下手に来てカケルが花に手を伸ばすじゃん?あの
花の先に私いたからね!
あと小関くんの今までの役ってテニミュの菊丸とかコルダの志水くんとかしゅご
キャラの役とか、基本的に健やかな良い子で、カケルもそうなんだけど、怒ったり
怒鳴ったりわりと普通の少年らしい口の悪さとかもあってよかったなあ。
何というか新鮮で。
アマネ役の松岡広大くんが15歳で今回最年少なんだけど、ブログを覗いてみたら
なんと今月の17日から始めたばっかりで、あまりの初々しさで爆発しそうになりまっした。
あの若さと初々しさで、躍らせたら凄いしお腹割れてるからね・・・末恐ろしい。

今日噛み噛みで緊張感あった(笑)。溝口くんが詰まったのを上手くゆたちゃん
繋げた、と思ったら引きずられたのか、噛んでないけどセリフ間違いあったよね?
高速で繋げてたけど(笑)。中頃でお疲れなのかな?どうか怪我だけはしません
ように!

インココの貼るだけマニキュア

2013051920460000

初めてシールタイプ?のマニキュア使ってみました。シールみたいにペタっと
貼るんだけど、落とすときは除光液使うんだとか。ふっしぎ!2週間くらいもつ
らしい。そんで、さらに本当は色々種類を組み合わせてフレンチ風にできたり
するみたい。

でもこれ、個人的にはシール感ばりばりなんだよーっ。使い道考えちゃう。

新宿「ザ・プレミアム 新宿丸井本館」でビュッフェランチ

新宿丸井本館の8階にあるビュッフェ「ザ・プレミアム 新宿丸井本館」に行ってきました。
土日なので食べ放題で1900円ほど、ドリンク飲み放題もついて2000円ちょっとかな?
ピザやパスタといったイタリアンから、和食系、スイーツまでなかなか充実してます。

ジェノバピザ、マルゲリータ、オニオンリング、サラダ、ビーフシチュー、春巻き、
ローストビーフ、ナスの煮物、フライドポテト、カジキなどがのってます。
のせすぎです。
Foodpic3526744

デザートはチョコレートファウンテンもありまして!でも綺麗に皿に取れないよね。
中身はシュークリームとマシュマロとバナナ。あといちごのシフォンケーキと
チーズケーキをいただきましたぁん!

Foodpic3526753

お手頃価格でお腹いっぱいになれて、コスパ的にはなかなか良いと思います。
チョコレートファウンテンはテンション上がるよねー!
特に時間制限がなく遅い時間帯に行ったのもあって、食後お茶をおかわりしたり
しながらおしゃべりをいっぱいしてました。しかし案の定全種類制覇できなかった
な~。スイーツだけでもと思ったんだけど!残念!

食後は屋上の庭園へ。この時間帯、すでに風が出ていてほんのり雨の気配。
天気が良い日はここでお茶飲めたら気持ちよさそうですね。
2013051916190000
2013051919190000

5/18MS「FROGS」

【出演】
小関裕太 / 平埜生成 / 溝口琢矢 / 松岡広大 
太田将熙 / 山下銀次 / 三本健介 / 小池 成

演出:岸谷五朗 
脚本:喜安浩平
主題歌制作:新藤晴一(ポルノグラフィティ)

テニミュで6代目菊丸を演じていた小関くん(17歳!!)を主演に、超豪華スタッフを
迎えての、伝説の青春ダンスアクト!
劇場が池袋のシアターグリーンBIG TREE THEATERでね!!客席が170くらいしか
なくてね!!私の周りの友達もみんな全然取れなくてね!
うう、行けてよかったよお・・・。

いやあ、もちろんダンスも凄かった。青春アクトというだけあって、高校生のカケルと
テルの葛藤や気付きという成長も素晴らしかったけど、なんというか。
まず小関くんの全身を使った身体表現やダンス中の豊かな表情や、迸るエネルギー
というか、そういうモノがとにかく凄かった。あまりの若さと瑞々しさとまぶしさに、もう
太陽を前に消滅する吸血鬼の気分を味わった(笑)。
好きなのはカケルの一番最初の登場シーン。おそらく人間からカエルになったばかりで
目覚めて、降る雨と踊りへの衝動と喜び、興奮が、髪の先から爪の先まで満ち溢れてて、
静かな目覚めからそこに至るまでの表情から仕草から雰囲気まで、ほんとゾクゾク
しました・・・。
最後はほろりと泣けてね。
一番最後のシーンがスポットライトと喝采を浴びてるカケルの一瞬、ってのも素敵。

マチネは4列目だったので、ほんとみんなの表情がよく見えたなーっ。
知ってるのはカケルの小関くんとフクロウの平埜くんだけだったんだけど、最年少の
広大くん(アマネ)のダンス凄いし、テルの溝口くん眼鏡や黄色いパーカ似合ってて
可愛かったなー!パーカ全員、可愛かったです!

FROGS!

FROGS!
カエルちゃん!

インドの山奥?

なんかよくわからないけど妙に覚えているTVCM。
「インドの山奥電報打ったら~っきょが転がり~きんだ拍子
に~ねんのはるだよ~しゅうも忘れて~んかいっぴんサザンサザン」
これ、覚えてる人いるかなぁ。20年以上前だと思うんですが。
意味わからないしなんで最後のサザンに繋がるのか脈略もないんだけど、
今でも空で歌えるくらい印象には残ってます。

ゴールデンなウィークも終わり・・・

いつの間にか5月も1週間も過ぎてGWも終わってて、ふわわー!となってます。
GWは遠方に旅行!とかはなかったけど、地味に近所でご飯食べたり本を買いに
行ったりとかしてました!
でも普通に買い物に行ったり普通にご飯食べたりして格別書くほどのことでも
なくて今に至るのだよ。またゲームをたくさん借りたので、しばらくのんびりゲーム
してたいですね!

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

最近のトラックバック