2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 「英国探偵ミステリア」 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー6月 »

映画「藁の楯」

映画「藁の楯」見てきました。
孫娘を殺された大富豪が10億の懸賞金を賭けた殺人犯を誤送するSP達の物語。
原作は未読です。
前半は懸賞金欲しさに次々に犯人を殺そうとする人々が押し寄せるパニック
ムービーみたいな感じかな。護送車に大量のパトカーついてくるわ、そこに爆薬
積んだトラック突っ込んで爆発するわで、ハリウッドを意識したようなお金の
使い方してるなーと思いました。
次第に護送する側の警察にも金押しさの裏切り者いるし、もう味方も誰も信じられ
なくなる感じなんだけど、友人私共にちょっと疑問だったのは、いくら10億もらえる
と言っても、果たしてこんなにも多くの人間が彼を殺そうとするのだろうかってこと。
それぞれ、夫のリストラ、倒産に追い込まれた中小企業の社長、妻の入院とか
お金が必要なことはわかるんだけど、だからって・・・みたいな、ね。まぁそこを
言っちゃうと作品が成立しないんだろうけど。
それから、思った以上に人が死んでいってびっくり。血の感じが三池作品だなって
感じました。


警察の責務と人間としての怒りの狭間で揺れる大沢たかおさんの葛藤の表情や、
全く救いのないクズのような犯人を演じた藤原竜也さんの芝居も良かった。
これで藤原さん演じる清丸に少しでも反省の余地や人間味があれば護るSP側にも
意義が感じられたんだと思うけど、全くブレのない最悪のクズなので、だからこそ
SP達の葛藤が引き立てられるからね。

見終わったあとの爽快感とかは皆無ですが、面白かったです!

« 「英国探偵ミステリア」 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー6月 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/57466311

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「藁の楯」:

« 「英国探偵ミステリア」 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー6月 »

最近のトラックバック