2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« シュタインズゲート! | トップページ | 映画「バタフライエフェクト」 »

10/20M、SLIVING ADV「STEINS;GATE」

企画・原作/志倉千代丸 脚本・演出/西田大輔 シナリオ監修/林直孝、松原達也

【出演】
岡部倫太郎:渡辺大輔 牧瀬紅莉栖:外岡えりか 椎名まゆり:小池里奈
橋田至:長友光弘(響) 阿万音鈴羽:佃井皆美 漆原るか:上田理絵
桐生萌郁:杉本有美 フェイリス・ニャニャン:伊倉愛美 天王寺裕吾:小川輝晃

観てきました、舞台版シュタゲ!3時間もある公演なのにマチソワという強行軍です。
昼はまゆり編、夜はシュタインズ・ゲート編でした。

どのキャストも原作ゲームに近づけようという心意気が素晴らしかったです。特に
岡部の渡辺さん、ダルの長友さんは声から何からそっくりだー!るかの上田さんは
外見は女の子風だけど身体は男の子ってことで、声がややハスキーで声優の
小林ゆうに似てて、雰囲気出てたなあ。
演出も原作の再現を凄く重視していて、セットとしてはラボの背景だけなんだけど、
バックの大きな白布?に映像(ゲーム背景かな)が映し出されます。
一番鳥肌たったのは1幕ラストかな。
萌郁の強襲、まゆりの死、鈴羽の登場、「42、ブラウン管、点灯済み」、そして
「飛べよぉぉぉぉ!」
BGMで流れる「スカイクラッドの観測者」・・・激熱だよお!!

1幕はどのルートも共通。2幕からは各ルートに分かれます。
まゆり編のまゆり可愛かったなあ。まゆり編とるか編は他人の死の上に成り立つ恋愛
だから、オカリンのエゴが垣間見えてそこが好きです。
シュタインズ・ゲート編はもう、問答無用の大団円で未来からの動画見てから鳳凰院
凶真の復活はやっぱ感動だし!ただシュタインズゲート編は内容的にはクリス編から
繋がる感じなんだけど(クリスEDだから)、あまりクリスとのラブラブは少なかったかな。
あのキスシーンとか入れて欲しかったかも。

しかしこれは渡辺さん大変だあ。どの ルートでもオカリンでずっぱりだけど、シュタインズ
ゲート編が一番大変らしいです。カテコ後の挨拶で言ってたんだけど、さすがに
マチソワの後だと声に力がなくてね・・・。明日までだから何とか頑張って欲しいです。

男性客多かったな。まゆしぃの「懐中時計止まっちゃった」のシーンのとき、後ろの
男子が「・・・きた・・・!」って小声でつぶやいてた(笑)。

« シュタインズゲート! | トップページ | 映画「バタフライエフェクト」 »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/58417014

この記事へのトラックバック一覧です: 10/20M、SLIVING ADV「STEINS;GATE」:

« シュタインズゲート! | トップページ | 映画「バタフライエフェクト」 »

最近のトラックバック