2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 1/13「東京シティ・フィルのドラゴンクエスト交響組曲「ドラゴンクエストⅣ」導かれし者たち | トップページ | 池袋キットカットショコラトリー »

法月綸太郎「生首に聞いてみろ」

2005年のこのミス1位。
推理小説家の法月綸太郎シリーズ。
消えた彫刻の首とモデルの女。そして母と娘。

なかなか事件が起こらないので序盤は舞台となる一族の関係性の把握に
尽きるのですが、中盤からラストあたりの首を巡る展開は面白いですね。
ロジック弄りは楽しいのだけど、もう少しお話としての面白さとかキャラクターの
魅力が出ると読みやすくなるんだと思う。
新本格ミステリの作家と言われる人の中にもクイーン好きは多けれど、
法月綸太郎を読むと所謂「後期クイーン問題」の色が濃いなと実感しますね。
迷い失敗する名探偵。それが人間らしいとも言えるんですが、私はやっぱり
憧れの名探偵はスーパースターであってほしいので、好みかと言われれば
違うのですが、この手の名探偵の出てくるお話のいいところはたくさんの仮説が
読めるところ。まあ間違えてるんですが(笑)、面白いですよね。

« 1/13「東京シティ・フィルのドラゴンクエスト交響組曲「ドラゴンクエストⅣ」導かれし者たち | トップページ | 池袋キットカットショコラトリー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/58980208

この記事へのトラックバック一覧です: 法月綸太郎「生首に聞いてみろ」:

« 1/13「東京シティ・フィルのドラゴンクエスト交響組曲「ドラゴンクエストⅣ」導かれし者たち | トップページ | 池袋キットカットショコラトリー »

最近のトラックバック