2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 上野「オイスターテーブル 」で牡蠣ランチ | トップページ | ピアノオペラ ファイナルファンタジーに行ってきた! »

5/5S「學蘭歌劇 帝一の國」

【原作】古屋兎丸 【脚本】喜安浩平 【演出】小林顕作
【出演】
木村 了入江甚儀 三津谷 亮 冨森ジャスティン 細貝 圭
大河元気 吉川純広 瀬戸祐介 勝信 谷戸亮太 ぎたろー
中谷 竜 西村ミツアキ 樋口日奈
津田健次郎 平沼紀久 大堀こういち

ライチに続いてコアなファンの多い古屋兎丸先生原作の「帝一の国」の
舞台を見てきました。初パルコ劇場ー!
舞台は昭和期の名門男子校。この学校で生徒会長になることは、後の政界
での成功を約束されたことになる。木村くん演じる赤場帝一が生徒会長就任を
目指し、盟友の光明と共に奮闘する物語。
とは言え、今回舞台化されたのは発売されている8巻までのコミックスのうち
4巻までのお話だそうです。劇中でそう歌ってたので間違いないです(笑)。
最後いきなりメタな展開になって「俺たちの戦いはこれからだ!」ラストに
なったので吹きました。

古屋先生の作品は実は読んだことが無いのですが、てっきり前に見たライチの
ようにおどろおどろしいお話かと思いきや。笑いあり歌ありで楽しい舞台でした。
キャラクターがまた原作から飛び出してきたように似てるんですよねえ…!
そうそう、細貝くんが数日前に怪我をしてしまったそうで松葉杖をついての出演
でした。ダンスシーンなど動きのあるシーンには参加してませんでしたが、
松葉杖で相手を脅したり一発芸の小道具にしたり、なんか初めからそういう怪我
してるっていうキャラクターなのかなってくらい強かだったので、なんだか安心
して見ていられました。所謂イケメン舞台のカテゴリに入るとは思うんだけど
意外と20代後半からの役者が多くて、安定感があるんですよね。
津田さんの生徒会長も素敵でした!マント羽織って学ランって…スキ。
一発芸を振られて捻りだしたのがどう見てもマグダラのマッパーマンだったし、
女装マダムがグレイスさんを思い出したりしてちょっと懐かしかったです。
懐かしかったと言えば三津谷くんのカテコの大きな丸!テニミュの時は何度も
これもらったんだよなぁ。変わらず客席サービスの豊かな子で嬉しいです。
そんな私的にはお馴染み役者もいるなか、大河くんがクールな役で新鮮でした。
押さえ目の声も何を企んでいるか読めないミステリアスな感じで良かったな。

早速続編が決まっているそうなので、この熾烈な生徒会長戦の行方が気になりますね。

« 上野「オイスターテーブル 」で牡蠣ランチ | トップページ | ピアノオペラ ファイナルファンタジーに行ってきた! »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/59591685

この記事へのトラックバック一覧です: 5/5S「學蘭歌劇 帝一の國」:

« 上野「オイスターテーブル 」で牡蠣ランチ | トップページ | ピアノオペラ ファイナルファンタジーに行ってきた! »

最近のトラックバック