2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

皆川博子「双頭のバビロン」

爛熟と頽廃の世紀末ウィーン。オーストリア貴族の血を引く双子、ゲオルグとユリアンは
結合双生児という秘密故に、切断手術後は切り離されて育てられる。
ゲオルグは一族の正当な跡取りとして、その半身ユリアンは存在を抹消された誰でも
人間として。
後に映画監督して成功していくゲオルグと、施設で盟友ツヴェンゲルと穏やかに過ごす
ユリアンの精神は、互いに触れあい、浸食し、交錯していくように。そして彼ら自身の
運命もまた収束していく…。
動乱の1920年代、野心と欲望が狂奔する聖林と、鴉片と悪徳が蔓延する上海。二大
魔都を舞台に繰り広げられる、壮麗な運命譚(グランドオペラ)。

まさに運命譚!グランドオペラ!ほんと皆川先生のお話は凄いなー。
上限段組みで538ページの壮大な双子の、そしてその双子の運命に関わるツヴェンゲルの
物語。
ゲオルグとユリアン、さらにパウルの視点から物語は語られ、しかも双子は互いの
精神と記憶が交錯しているのでたまにどっちがどっちなんだかわかんなくなりますが、
終盤、無駄なく張られていた伏線が収束し回収されていく(ツヴェンゲルが助監督だったと
わかるあたり)展開から怒涛の彼らの運命の収束が素晴らしい。
血と糞尿に塗れながらも品格のある重厚な文体はさすが皆川先生です。

ツヴェンゲル有能すぎる。なんでツヴェンゲルはこんなにユリアンに執着したのかな。
自分という存在が認められていないツヴェンゲルが保護者であるヴァルターや親友の
ツヴェンゲルに執着するのはわかるんだけど。
結局自動書記を使った精神の感応でユリアンとしての記憶は全て表舞台を歩くゲオルグの
中に収束されたんだなー。そしてユリアンの魂はツヴェンゲルと共に。
双子の物語でありながら、ツヴェンゲルを挟んだ3人の物語でもあった。

夏ネイル!

夏ネイル!
また似たような色にしてしまった(笑)。

GAME SYMPHONY JAPAN 1st Concert 交響組曲『ファイナルファンタジーVII』(

先月から続いているゲーム音楽強化月間の締めはFFⅦオーケストラ。

専門的なこと全然わかんないけど、ステージ真横の席だったのに音がちゃんと
まとまって聞こえてきたから、指揮者さんが「オーケストラの聖地」って言ってたの
納得です。普段オーケストラをこんないい会場で聞く機会って私は無いから、今回
FFⅦで来られて良かったなー。
それにやれることは全部やろうって気概伝わってきて、開演前はアコースティックな
チョコボ曲を生演奏、植松さんのトーク、ステージに乗せられるだけ乗せた人数と
見たことない楽器。
今回はストーリーを追うっていうコンセプトがあったから、不思議な楽器は主にSEで
使用されてました。冒頭の爆破ミッションの列車の音や吹き荒ぶ風の鳴き声、空から
降りてくるセフィロスが風を切る音、エアリスのマテリアが床に転がって響く音…泣くわ。

爆破ミッション、闘う者たち、エアリスのテーマ、好きな曲が大迫力で聞けて満足でした!
コーラスはてっきり「片翼の天使」のためかと思ったら「エアリスのテーマ」でも一番盛り
上がるところでコーラスが入って感動倍増!前述のマテリアが床に転がって響く音も
あってほんと泣きました。素晴らしかったです。私特にエアリスが凄い好きってわけでも
ないんだけど、それでも泣けた…。
それに生で聞くパイプオルガン凄かったなー。「J-E-N-O-V-A」は背徳感半端ないし、
「ゴールドソーサー 」はキラキラ豪奢になったし。
最後アンコールで「片翼の天使」はエレキギターやショルキー組がノリノリで可愛かったです。


交響組曲「ファイナルファンタジーⅦ」
交響組曲『ファイナルファンタジーVII』(全3部構成)作曲・監修 植松伸夫

第1部
(編曲 竹岡智行)

・オープニング ~ 爆破ミッション ~ 魔晄炉 ~ 爆破ミッション
・教会に咲く花~ 急げ! ~ 闘う者達 ~ ファンファーレ
・神羅カンパニー ~ 血の跡 ~ 更に闘う者達 ~ クレイジーモーターサイクル
・F.F.VIIメインテーマ
第2部 (編曲 鹿野草平)
・5年前のあの日 ~ 星に選ばれし者
・ゴールドソーサー ~ 花火に消された言葉{
・不安な心 ~ 俺は...誰だ ~ エアリスのテーマ
・絶望の淵から ~ 山の向こうに ~ 空駆けるハイウインド
・星降る峡谷 ~ 想いを胸に ~ 生命の流れ
・悪夢の始まり ~ J-E-N-O-V-A

 

第3部 (編曲 木村裕)
・北の大空洞 ~ 最期の日 ~ リユニオン ~ 完全なるジェノバ
・神の誕生 ~ 片翼の天使
・星の危機 ~ スタッフロール

アンコール
・ルーファウス歓迎式典・
再臨: 片翼の天使  ~Advent: One-Winged Angel~

ファイナルファンタジー7オーケストラコンサート

ファイナルファンタジー7オーケストラコンサート
素晴らしかった

鉱石ラジオスケジューラー6月

・Game Symphony Japan 1st Concert

今月はこれだけなんです。来月からたくさんテニミュ行くからね…?
ちなみに題目はFFⅦ!楽しみ~!

皆川博子「総統の子ら」

2段組みで600ページを超える超大作。ボリュームも凄いけど話も重い!
でもつい読み進めてしまう…。大好きな皆川博子さん渾身の大河小説です。

ユダヤ人虐殺の加害者として描かれることの多かったナチスのエリート養成学校に
入学した少年カールとエルヴィン、二人の憧れのSS将校ヘルマン。
物語はこの3人を中心に、彼らとドイツの歩んだ歴史が著者の膨大な量の調査の
元、淡々としかし重厚に時に残酷に描かれます。

輝かしい希望と祖国への強い愛に溢れ、友と心身を鍛えあった青春時代を描いた序盤。
ヘルマンを憧憬の目で見ていたカール自身が、多くの少年たちの憧れの兵士となり、
死と隣り合わせの戦争に明け暮れた中盤。
戦局の悪化、収容所生活を経て、戦後戦争犯罪者としてドイツの罪を負って裁かれるラスト。

ユダヤ人に対して行った行為は許されることではないけど、友を、家族を、故郷を
守るために戦ったカールのような少年たちは、なぜ、いかにして戦争犯罪者として
戦勝国に裁かれたのか。
イギリスやフランスが行った植民地政策は、パルチザンや連合軍がドイツ軍に行った
リンチや捕虜以下の扱いは人道的犯罪ではないのか。
そんな多くの疑問や怒りもあるだろうけど、戦争そものに疑念を抱かなかったのと
同様、カールはブレない。部下を守るためにできることだけをする。その鋼の心を
支えていたのはやはり、ナポラで学んで過ごした日々なのかなぁ。
日本もまた第二次世界大戦の敗戦国で、終盤は色々考えてしまうよね。

歴史は勝者が作る。その陰には多くの名も無い、ただ信じたもののために戦った
人たちがいて。それを後世を生きる私たちが分析するでも検証するでもなく、
ただ未来からその時代を懸命に生きた人達を一方のみが悪だと決めつけることは
できないのかもしれないなと改めて思いました!

マクドナルドイタリアンリゾットボールとバジルチーズソースのナゲット

久しぶりにマックにわざわざ行ったのは、期間限定のワールドカップ
フェアのメニューのため。サッカーにはほとんど興味のない私ですが
昨今すっかりイタリア推しなので(笑)。
イタリアンリゾットボール(左:トマト、右:イカスミ)と
ナゲットのバジルチーズソース

Foodpic4943579

イタリアンテイストでトマトやバジルはよく出てくるけど、イカスミをチョイス
したのはナーイス!
中身はリゾットボールの中身は玄米でチーズもとろーり!イカスミって
苦手な人もいるかもだけどわりと万人受けするようにクセを抜いてて
食べやすいです。

美味しいイカスミパスタ、いえネーロが食べたくなったなぁ。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

最近のトラックバック