« 鉱石ラジオスケジューラー2月 | トップページ | 「ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館」 »

伊坂幸太郎「あるキング」

今までの伊坂作品とは違って意外性やハッとする展開はないですよ、と
文庫本の背表紙に書かれた本作。
野球の天才、王となるべくして生まれ育てられた王求の孤独な生涯が、
彼の両親や友人、そして彼に「おまえ」と語りかける誰かによって、時に
シェイクスピアのマクベスを引用して語られます。
「フェアはファウル、ファウルはフェア」。一般的には「綺麗は汚い、汚いは綺麗」
の役が有名ですが、前者だと野球との関わりが
王求から人間的な感情部分が感じられなくて、感情移入はしにくいのだけど、
一人の天才を巡って人が死に、絶望し、希望を託す。それは言いかえれば、
王とも言えるのかもしれない。

確かに淡々と語られ、劇的な展開のないまま終わるこの本は伊坂作品っぽく
ない部分もあるけど、物事に独自の解釈の目を持つキャラクターの言葉や、
「勇気の伝染」の要素はやっぱりあると思うな。

« 鉱石ラジオスケジューラー2月 | トップページ | 「ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/61070812

この記事へのトラックバック一覧です: 伊坂幸太郎「あるキング」:

« 鉱石ラジオスケジューラー2月 | トップページ | 「ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館」 »

最近のトラックバック