2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 2/20M「いつになったら」 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー3月 »

「Story Teller」

伊坂幸太郎、近藤史恵、有川浩、佐藤友哉、本田孝好
道尾秀介、米澤穂信の7人による短編アンソロジー。
子の中で読んだことあるのは伊坂さん、道尾さん、米澤さんの3人だけ。
こういうアンソロジーってよっぽど自分の御贔屓がいないと買わないの
ですが(買ったのって江神シリーズの短編読みたさに手を出した50円玉
20枚のやつくらいかな)、作家読みしちゃう私みたいなタイプにとっては
新規開拓のいい機会ですよね。

印象に残ったのは「ストーリー・テラー」と「玉野五十鈴の誉れ」。
有川さんは小説は読んでないのですが、作品がいくつもドラマ・映画化
されてますよね。私実はアニメ化した図書館戦争は見ていたんですが、
悪い意味じゃなくてなんかラノベっぽい話だなあと感じていて、もっと硬い
お話かと思ってたら表紙ぬけした経験があしました。あれも特殊設定下での
ラブコメですが、「ストーリー・テラー」も恋愛小説でしたね。でも個人的には
奥さんの実家とのやりとりの辺りの方が、この作者さんの凄みというか
説得力が感じられて読みごたえあったな。
「玉野五十鈴の誉れ」の米澤さんは以前「インシテミル」を読んだ時は、
あー90年代ミステリ設定~と思いながら読んでましたし、伏線とトリック
重視であまりストーリーらしい物を感じられなかったんですが、今回は
ラストの一行に至るまで、五十鈴のキャラクターが立っていてゾクゾク
しましたね。
やっぱり一作読んで作風が合わなかったからって、切るもんじゃないな。

« 2/20M「いつになったら」 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー3月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/61179334

この記事へのトラックバック一覧です: 「Story Teller」:

« 2/20M「いつになったら」 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー3月 »

最近のトラックバック