2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 北村薫「太宰治の辞書」 | トップページ | 北澤ビースト! »

深見真「PSYCHO-PASS サイコパス 執行官 狡噛慎也 理想郷の猟犬」

PSYCHO-PASSシリーズの小説。

狡噛慎也が監視官であった時代と、常守朱が配属されて執行官として
活躍する2つの時代を跨ぎ、奇妙な殺人事件に挑む…。さらに、1期
本編終了後から劇場版までに繋がる狡噛慎也の行動を描いた外伝も
収録。

槙島と狡噛の関係もいいいんですが、常守朱と狡噛慎也の関係性
みたいなものが好きなので、やっぱり1期時代の話が見たかったん
ですよね。最後は朱の歓迎会で楽しかったんですが、何と言うか
文章が、台本みたいだなあと。
端的にキャラクターの言動が描かれていてわかりやすいし読みやすい
んだけども、ちょっと小説として物足りない感じがどうしてもなあ。
まあ、この作品的にあまりウェットにベタベタした文体は合わないのは
わかるんですが。

でも扱ってる題材はどれも面白かったです。狡噛さん、日本を出る
前に朱に連絡取ってたんだなあ。これがあるかないかを知ってるか
どうかで、2期の見方も違ってだいぶ違ってくると思う!

« 北村薫「太宰治の辞書」 | トップページ | 北澤ビースト! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/61513944

この記事へのトラックバック一覧です: 深見真「PSYCHO-PASS サイコパス 執行官 狡噛慎也 理想郷の猟犬」:

« 北村薫「太宰治の辞書」 | トップページ | 北澤ビースト! »

最近のトラックバック