« 桂望美「嫌な女」 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー6月 »

荒木飛呂彦「荒木飛呂彦の漫画術」

「ジョジョの奇妙な冒険」でお馴染みの荒木飛呂彦先生が、自身の
「漫画の描き方」を示す、ハウツー本。

漫画を描いている人、これから描きたい人向けに漫画の基本となる
4大構造、読者の目を引く導入や、キャラクターやストーリーの作り
方まで、ジョジョ等を参考にして企業秘密とも言える手法を明かします。
私は美術が苦手でこれまで漫画を描こうと考えたことすらないのですが、
キャラクター作りや世界観の話は小説を書く人にも参考になると思います。
いや、小説に関しても私はオリジナルは書いたことないですけどね(笑)。

読んでいて改めてジョジョという作品について思ったのは、確かに奇抜な
デザインやポージング、キャラクターの奇行が目を引きますが、物語の
テーマは大王道、善と悪の戦いであって、それは1部から最新作に至る
まで全くブレがないんだなということ。
個性的なデザインについても色んなモチーフを計算されて作られている
ということ。

漫画を描く人ならめっちゃ参考になると思いますし、私のようにただの
読者も「この1ページ、こんな計算づくたったのか!」と唸ってしまいます。
荒木先生の漫画に対する真摯な思いや拘りも感じられて、面白かったです。

« 桂望美「嫌な女」 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー6月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/61668862

この記事へのトラックバック一覧です: 荒木飛呂彦「荒木飛呂彦の漫画術」:

« 桂望美「嫌な女」 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー6月 »

最近のトラックバック