2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 5/9Sミュージカル「テニスの王子様」青学VS不動峰 | トップページ | 5/17Sミュージカル「テニスの王子様」青学VS不動峰 »

三田誠「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」

魔術と幻想、秘術が織りなす事件に挑む「時計塔の名物講師」こと、
ロード・エルメロイⅡ世。

その正体は、第四次聖杯戦争を描いた「Fate/zero」でヘタレ魔術師として
参戦して、成長し、見事生き抜いたウェイバー・ベルベットでした!
いまテレビでFateの凛ルートである「Unlimited Brave Works」が放送して
いますが、その前日譚である「Fate/zero」を先日まとめ見したのですが、
その中で一番気に行った陣営がウェイバー・ライダー陣営でした。
あのコンビ、誰もかれも歪んでいた聖杯戦争の中での一服の清涼剤であり
和みでしたよ、ほんと。
屈折し、他人に自分を認めさせたいという願いのため参戦したウェイバーが、
サーヴァントであるライダーに導かれ、絆を育み、1人残った後もあの傲慢
ギルガメッシュに「忠道、大義である」と生かされた…。
その彼が、まさか魔術師の総本山である時計塔で12人の君主と呼ばれる
までになっているとは…。
ウェイバーちゃん、立派になったね…と親戚のおばちゃんのような気持ちで
読み進めました。
相変わらず魔術の腕自体は二流みたいですが、若い頃から片鱗を見せて
いた、魔術理論の分析や再構築の才能で、実力では叶わない超一流の
魔術師たちをぎゃふんと言わせる姿は爽快です。
そして、精神世界で彼が「ウェイバー」としてライダーへの想いを語るシーンは
良かったなあ。「評価の後払い」って思ってたんだね…だからあんなに頑張って
いたんだね…。
またライダーに会うために第五次聖杯戦争に参戦しようとしてたみたいだけど、
まあ結局それは果たされないんだよね。さらにその後、凛と聖杯自体を破壊
するらしいので…。また2人を会わせたあげたいよ!

事件簿、と銘打ってるとおり、魔術の遺産を巡って剥離城アドラに集まった
魔術師たちの中で起こる殺人事件。天使の謎かけ、親子関係…。
舞台設定は正統派ミステリで、でも超常現象である魔術が平然と飛び交う。
Fate世界における魔術、魔術師の存在がどれだけ一般に認知されてるのか
よくわからないんですが、魔術の学校があるくらいだから所謂裏社会、闇社会
程度の存在感はあるのかなあ。

« 5/9Sミュージカル「テニスの王子様」青学VS不動峰 | トップページ | 5/17Sミュージカル「テニスの王子様」青学VS不動峰 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/61597954

この記事へのトラックバック一覧です: 三田誠「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」:

« 5/9Sミュージカル「テニスの王子様」青学VS不動峰 | トップページ | 5/17Sミュージカル「テニスの王子様」青学VS不動峰 »

最近のトラックバック