2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 渋谷「ドルチカフェ シルクレーム」でCREMIA | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー8月 »

8/2M「SONG WRITERS」

【脚本・作詞】森雪之丞 【演出】岸谷五朗
【出演】
屋良朝幸/中川晃教/島袋寛子/泉見洋平/藤林美沙/植原卓也
平野良/コング桑田/武田真治/他

「SONG WRITERS」見てきました!3月に「クリエミュージカルコレクションⅡ」で
中川さんが歌ってた劇中の「Dinosaur in my heart」が聞きたくてチケット取った
んだけど(思うつぼ)、エディ役の屋良くんも素敵だったよ
懐かしいなあ、屋良くん。MAで何度も見たよ…。中川さんと並んでもそん色ない…
記憶より身長低かったな(遠い目)。

今回名前はエディの屋良くんがトップ出来てますが、実質はW主演かな?って気も
します、主役は中川さん演じるピーターっぽいけど、お話としてのヒーローはエディって
感じ。
エディが行方不明になって、ピーターがマリーと一緒に彼の残した暗号を解くんだけど、
マフィアに囲まれてピンチになった時に助けに来るのはやっぱりエディ。
恋の三角関係も初めから圧倒的にエディ寄りだったし、エディの家に一緒に住んでる
日本人と中国人の女の子もエディの人柄に惹かれてる様子だったしなあ。
エディはピーターとマリーのヒーローなんや…。

途中でエディの劇中劇が実は過去に現実にあったことだってわかった辺りから
サスペンスな雰囲気になり(マリー上手く誘導しすぎだろう…というかエディどんだけ
自分で考えてないのw)、冒頭のエディの死の示唆があったぶんソワソワしてたんだ
けど、拷問シーンが逆で「あ、完全ハピエンだこれ」って安心しました。ま、途中で
ハッピーエンドって散々言ってたけどさ!

楽しかったのはエディの脳内でミュージカルを作る肯定。「はい、ここで身体全体で
哀しみを表現!」とか「ここでイントロ、リプライズ~!」とか(笑)。
まあちょっとだけ思ったのは、恋人を殺されたマリーはその原因であるニックが
エディ達に許されてるの見てどう思ったんだろうなってことですが。ハピエンだから
いっか!

« 渋谷「ドルチカフェ シルクレーム」でCREMIA | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー8月 »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/62005924

この記事へのトラックバック一覧です: 8/2M「SONG WRITERS」:

« 渋谷「ドルチカフェ シルクレーム」でCREMIA | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー8月 »

最近のトラックバック