2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 鉱石ラジオスケジューラー8月 | トップページ | 8/7S「舞台 K」 »

森絵都「カラフル」

名前は聞いたことあるけど読んだことない作家さんシリーズ!
実は実写化・アニメ映画化もしてたんですね。

死後の世界で、ある少年の身体にホームステイして自らの生前の罪を思い出す
ことができれば、また人間として転生して生まれ変わることができると、胡散臭い
天使に言われた主人公。
地味で冴えない小林真という少年の身体を借りて、知らない家族・友人に囲まれ
暮らしていくことになる。

オチ(主人公が実は小林真)は途中から何となく予想してたので、大きな驚きでは
なく、勝手に二重三重の深読みしてました(笑)。早乙女が実は性格悪いんじゃ
ないかとか兄だけ関係を修復できないんじゃないかとか、なぜかネガティブな
方向ばかりに。
ただ、主人公が小林真にホームステイして色々事態が好転したのは、彼本人が
他人事として客観的に家族や友人関係を見直すことができたからじゃないかな
と思いましたね。序盤は特に「どうせ短期間だし」と投げやりだったけど、物事から
距離を置いて見ることができたわけだし、様々な人間関係も問題も当事者であれば
目の前の「色」しか見えないのは当然で。
人は色々な側面があり、一つの「色」しか持ってないわけじゃない、という意味が
込められたタイトルだったんですね。お兄ちゃんが思ったより熱い人だったな。

« 鉱石ラジオスケジューラー8月 | トップページ | 8/7S「舞台 K」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/62039206

この記事へのトラックバック一覧です: 森絵都「カラフル」:

« 鉱石ラジオスケジューラー8月 | トップページ | 8/7S「舞台 K」 »

最近のトラックバック