2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

日本橋「玉ゐ 本店 」であなご

日本橋の駅近くにある天然あなごの専門店。平日の昼なのに、店の
外には行列が出来ていました。

焼きあなごと煮あなごを半分ずつのっけた中箱付き。
ふっくら柔らかくて、タレが濃厚で美味しい!
食べ方はひつまぶしと同じで、初めはそのまま、次に薬味をつけて
食べて、最後はお出汁をかけてお茶漬けのようにして頂きます。
中箱サイズでしたが、お腹いっぱいになりました!

9/26S 舞台「人狼TLPT」 × 「PSYCHO-PASS サイコパス」

1年前の新撰組編以来かな~またお友達に誘ってもらって人狼ゲームを観てきました!
今回はしかも大好きなPSYCHO-PASS とコラボ!
登場人物たちは厚生省公安局の監視官と執行官の刑事たち!アニメの登場人物たち
は登場はしませんが、時期的には1期最終回の後らしくて、槙島事件や常守監視官、
失踪した咬噛、降格した宜野座の話なんかは出てきますね。

で、今回の話としてはネットでディープ・ブルーなる人物から「槙島のからの預かり物」を
公開すると言う脅迫状が公安局に届き、その捜査に向かった刑事達が監禁され、
人狼ゲームをさせられるというもの。
昼間の狼の処刑はドミネーターです!ここ音楽がPSYCHO-PASS のメインテーマで
かっこいい…。

展開としては結構観客にはわかりやすくて、メンバー達も明確に能力者陣営と人狼陣営に
別れて、その狭間で迷う人間たちっていう勢力図になってました。結果的に、人間勢が
人狼側を信じてしまったので、人狼が生き残ってBADENDだったんですが、能力者側の
不知火や雪ノ宮が必死で人間たちに語りかけてるのにその声が届かないっていうのが
切なかったですね。特に最後まで生き残って迷い続けた速水監視官はもうシビュラ世代の
監視官の鏡って感じで、頭いいし論理的なのに「なんで不知火たちの声が届かないんだ
~!」って観ながら思ってたんですが、ラスト真相を知った後、後を追って死ぬこともできず
呆然と力なく佇む姿が印象的でした。
っていうか、パーフェクト:234名だったそうで(笑!)私も前回に引き続きパーフェクトでした
よ!

真梨幸子「殺人鬼フジコの衝動」

初めて読む作家さん。最近舞台化したそうで、その感想がたまたま目につき、
舞台には行けなかったものの原作となった小説を手にとって見た次第です。

案の定、気持ちのいい話ではない。でも最後まで読み進めて、不快で愚かで
共感できない人たちの生きざまを追ってしまう。

小学生時代に両親からのネグレクトやクラスの男子達から虐待について、
抵抗することも外部に助けを求めることもせずただ反抗する気力も失って
従っている姿は、ああ本当に狭い世界でしか生きられない子どもって
そういうものなのかもしれない。教師や周りの大人に救いを求めるという
発想にならないのかもなーなんて納得もしたんですが。
最初の意識的な殺人、クラスメイトのコサカさんを殺した時に、彼女から
カンニングやカナリヤのことを責められて許せない死んじゃえ!→殺。
ってなったのは、ちょっと急展開だなーと。でもそこから傾いた彼女の道は
見る見るうちに急落。自分を追う記者にクズな夫、お腹を痛めた子ども。
フジコが邪魔だと思った人間は次々に殺されていく。
気づけば、「ああはなるまい」と誓った母親そっくりに落ちぶれていた彼女は
ついに殺人鬼として逮捕される。
その時、彼女の生んだ娘は一つのカルマの前に立たされていた。

本書は作品の前後にはしがきとあとがきがあって、この構成が一つの伏線に
なっています。本来のフジコの話は彼女が叔母に引き取られてから逮捕され
るまでで、フジコとフジコをないがしろにする母親のように描かれてたのは、
実はフジコの娘とフジコのことだったという。
黒幕はあの親切だった叔母の茂子で、コサカさんの母親もまた保険金殺人の
片棒だった。
それを踏まえて読みなおしたい気もするんだけど、もう読みたくない気もする(笑)。

9/13S 音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」 千秋楽

【脚本・演出】吉谷光太郎
【出演】 前山剛久/黒羽麻璃央/伊藤梨沙子/小沼将太/高崎翔太/谷佳樹
中村祐志/小林涼/碕理人/上田堪大/富田大樹/小島ことり/反橋宗一郎
【演奏者】ヴァイオリン:桜田悟、西浦詩織、ヴィオラ:上津原早紀、チェロ:前嶋修光
トランペット:閏間健太、吉田綾子、ホルン:所村映李、トロンボーン:高瀬新太郎
チューバ:棚網遊太

友だちと日程合わせてチケット取ってもらったら、なんと千秋楽でした!ラッキー!
凄い面白かったし、カテコも5回くらいあって盛り上がったし、終演後にパンフが
売り切れになるくらい大盛況な舞台でした。
主人公たちの演奏やBGMが生演奏で、特にアニメ版の主題歌の曲(めっちゃ
勇壮)流れれたの良かったな~。

金色のコルダ3はゲームはクリアしてアニメも見てたんですが、ゲームもアニメも
この舞台も、これまでのシリーズとは違って熱血スポコン部活物なんですよね。
それが返って舞台には合ってたかもしれないな。
舞台版では響也が主人公で、彼のヴァイオリンに対する想い、兄と比べられてき
たことに対する葛藤なんかが中心に描かれていました。
しょっちゅう「弟って呼ぶな!」って言ってて、とてもTDCを思い出しましたね。君は
不二裕太とはいい友達になれるはず。
響也ってすぐあちこちに噛みついて、なかなか扱いづらいんだけど、前山くんの
響也すごく素直で好感持てる感じで演じられてて良かったです。奏が千秋に無理
矢理ステージに上げさせられた時に「あいつ1人にやらせるわけにはいかないだろ」
ってすぐ自分も一緒に出て行ったりするとことか、男の子っぽくて良かったな。
あと星奏学園の他は対戦相手である至誠館が掘り下げられていて、八木沢と火積
のやりとりには泣きました…。敗戦後に男泣きで土下座する火積と、みんなを
誇りに思うと告げる八木沢部長…!ここ火積もぐずぐず泣いてたけど客席もみんな
ぐずぐず泣いてたし、関係ないけど優勝した後に大地のおぬぬも泣いてた…天使かよ。
神南は今回は顔見せ程度なんだけど、ゲームやアニメで八木沢役の声を当てていた
イトケンさんが碕くんの千秋聞いて「紀章にそっくり!」って言ってただけあって、ほんと
声寄せてて上手かった!ライブシーンは妙に氷帝を思い出したけどね(笑)。
一番のお目当てだった律の黒羽くんは、麗しかったよ~。超ストイックで真面目だけど、
カテコで奏ちゃんと出てきたとき、奏ちゃんの肩抱いて頭ポンポンしてて、イケチャラー!
さすがまりお様!ってなったです。でも奏ちゃん可愛いからな!

久しぶりにゲーム版やりたくなったな。演奏後に土岐が拍手を受けて「ブラボーポイント
が数えられへん」って言っててゲームネタで吹いた(笑)。

高尾滋「ゴールデン・デイズ」

急変した祖父の入院する病院で地震に見舞われ、階段から転落した光也。
気が付いた時に目の前に居たのは、祖父の友人の若かりし青年時代だった。
大正時代にタイムスリップした光也は、失踪したその時代の祖父に代わって
失踪の謎、そして祖父の残した「仁を救ってくれ」という言葉の意味を追って
いく―。

まぁ泣きましたね、最終話!
光也・仁・慶光の関係を中心に、姉の百合子や仁の妹の亜伊子、光也と
同じく現代からタイムスリップして違う決断をした慶。
互いを想いあう関係がじんわり暖かくて、切なくて。
まぁ仁と光也・慶光の関係はちょっとホモというかブロマンスなんだけど、
仁がそういうの越えて2人のこと好き過ぎるから、なんかそんな枠組みで
括れないところあります。
最後の瞬間に至っても光也は仁のこと親友としか思ってないんだけど、それ
でもこれでもう二度と合うことが出来ないと思ったからこそ、仁の行動を受け
入れたんだろうしなあ。
愛宕山での別れのシーンは切なくて切なくて。
光也があの時代に居た長くはない時間において、共に過ごした時間が時を
超えて、過去からも未来からもお互いを救ってるというのが泣けるのだよ…。
光也の「幸せになれ」って最後の言葉を胸に、戦地で「この記憶がある限り、
私はもう一生幸福なままだろう」と想いを馳せる仁、尊い…。
文庫版書き下ろしのエピソードもいい。あれ、仁の手紙は慶光宛てなんだよね?
そのラストが「光也、世界は美しい」だからな!お前のいる未来につながる世界
は美しい、が本来の言葉なんだろうかと勝手に妄想。

京都・大阪旅行④

10年以上ぶりに、ユニバーサルスタジオ・ジャパンに行ってきました!
季節柄とってもハロウィン仕様!キティちゃんもセサミもスヌーピーも
仮装しててかわゆい!

Dsc_0055
Dsc_0054_2
Dsc_0079_2

実はインして最初に撮った写真がこちら。バックトゥザフューチャーの
デロリアン。最愛の映画です。

Dsc_0051

今年映画30周年なのにお土産売り場にグッズが全然無くて哀しみ…。

お昼はミニオンちゃんのドリア!黒い部分はイカスミではなく竹炭の
ケチャップでした!
Dsc_0053

ハリポタエリアにも行ってきました!整理券で時間指定なはずなのに
めちゃ混み!
Dsc_0063
Dsc_0069_2
Dsc_0065
Dsc_0067

バタービルも!甘くて冷たくてでも炭酸で、どこか懐かしい味。
Dsc_0074

Dsc_0080_3

個々のお店の中ももっと覗きたかったんだけど、もう人が多すぎて…!
平日でこれじゃあ、土日なんでもう身動きとれないじゃないかと!

Dsc_0080_2


今回は金に物を言わせて、15分早く入場できるアーリーパークイン、
ファストパス×8枚をひっさげての大人げない遊び方でした(笑)。
ジュラシックパーク(ワールドのアトラクションは建設中っぽかった)、
ターミネーター、バックトゥザフューチャー、ジョーズ、バッグドラフト、
ハリーポッター、スペースファンタジー、ハリウッドライド、みんな
乗れたしね!
だけど結論から言うと、上手く使いこなせなかったなあ。
早く入場できてもアトラクションの開始が10時代だったりするの
ばっかりで、早く入るメリットがあまり感じられなかった。
ファストパスを持ってない場合は意味あるかもしれないんだけど、
たぶん1つファストパス取るとそれを使うまで次の使えないんじゃ
ないかと思うんだよね。そうするとやっぱりアトラクション開始まで
時間持て余しちゃう。っていうか、9時一般入場なら、その時間には
全てのアトラクションは基本可動できるようになってなるものじゃ
ないのかなあ。
妖怪ウォッチとかバイオハザードみたいな整理券式のアトラクション
目当ての人はいいのかも。

最後に大阪の締めとして串揚げ食べて帰りましたん!

京都・大阪旅行③~グルメ

・「貴船荘」の川床料理
Dsc_0007_3

本当は上の写真のような川のすぐ傍でひんやり涼しく食べるはずだった
ランチ。生憎の雨だったので、室内での食事となりました。味は凄く
美味しかったけどね!

Dsc_0002

Dsc_0003_4

Dsc_0004_2

Dsc_0005

湯葉のあんかけご飯としば漬けのクリーム春巻きが美味しかったな~。
春巻きは中のとろとろがたこ焼きの中のトロトロ感に似てて、しば漬けの
アクセントが効いてて、初めて食べるものでした。
また食べたい・・・!

・嵯峨嵐山の旅館で食べた晩御飯
Dsc_0024

Dsc_0025_2

Dsc_0026

Dsc_0027

Dsc_0028_2

見た目にも美しい料理ばっかり!昼のランチでもそうだったけど、
お造りがどれも新鮮で美味しかった!

・申餅
Dsc_0041

下賀茂神社の名物で葵祭の時に食べていたものを140年ぶりに
復活させたのだそうです。柔らかくて素朴な味わい。ペロリと2つ
いけちゃいました!

・「加茂みたらし茶屋」みたらし団子とわらび餅
Dsc_0045

みたらし団子は実は、下賀茂神社境内にある御手洗池の水泡を
模して造られたのだそうです。今や全国どこでも食べられますし、
コンビニなどにも売ってますよね。
ちなみにこの写真の通り、5つ団子が刺さっていて一番上の1つ団子
だけ他と距離があって(焼き目が間にある)るのは、後で調べたら
素となっている水泡の出方や頭と四肢を現わすなどの説があるのだ
そうです。

御利益ありそうですね。ありがたく美味しく頂きました。甘さ控えめで
食べやすかったですよ。
わらび餅も口の中でとろけるお味。わらび餅は旅館でも最初に到着
した時にお茶と一緒に仲居さんがサービスで出してくれたんですが、
それも凄く美味しくて、こんな無料のサービスのお菓子まで美味しい
とは!と京都の底力をそんなところで実感したりもしました。

京都・大阪旅行①

9月に2泊三日で京都・大阪に行ってきました。生憎の雨だったのですが、
これまで行くことのできなかった京都郊外にも足を伸ばせて良かったです。
写真せっかくなので買ったばかりのスマホで撮ったんですが、でかい(笑)。

・貴船神社
Dsc_0009_4

Dsc_0010_5

この灯篭が並んでる階段ってなんか風情があるよねえ。


・鞍馬寺
Dsc_0015


Dsc_0018

お寺って5時くらいで閉門なんですよね。時間の都合上、鞍馬寺に
ついたのが4時半くらいで、30分くらいをかけて山道を登りぎりぎり
駆け込みでお参りできました!ちょっと雨も降ってたし、なかなか
大変でしたけど、ここで義経も山道を駆け回って足腰を鍛えたの
かなあなんて想像してみたり。

京都・大阪旅行②

・天龍寺
Dsc_0031

Dsc_0033_4

天龍寺傍の竹林。JR東海のCMに出てきそう…!上手く人の間を
縫って無人のタイミングで撮れました♪
Dsc_0037


・下賀茂神社(糺の森)
Dsc_0040

Dsc_0043

あんまりスピリチュアルな意識ないんですが、前から糺の森と
下賀茂神社神社は妙に心が落ち着いて静かな気持ちになれます。
波長が合うのかな~。
特別拝観もやっていたので、説明を受けながら色々見ることができました。
式年遷宮の話なんかも聞けました。凄いお金もかかるんですね…。

・上賀茂神社
今回は足を伸ばして上賀茂神社も行ってみました。
Dsc_0047

Dsc_0048

こちらでも特別拝観で神職の方にご説明頂いて、こちらでは数年前に
JR東海の「そうだ、京都に行こう」のCMで上賀茂神社が取り上げられた
ときの話や、明治天皇のお話などを聞けました。
京都の方が、京都という場所にとても誇りを持っていることが伝わって
きましたね。

鉱石ラジオスケジューラー9月

というかもう、9月上旬過ぎてますがな…。

・ミュージカル「テニスの王子様」青学VS聖ルドルフ
・金色のコルダ
・人狼サイコパス

旅行あり、某調査ありでなかなか多忙な9月。テニミュももっと見たかった
んだけど、凱旋待ちなのです。
金色のコルダはゲームの3で、これまでのテイストと違って熱血部活物
なんだよね。律くんが青学7代目の黒羽くんだし、その他にもテニミュの
キャスト多いし、キャラ衣装の写真見ただけで麗しかった…楽しみ。
あと、以前友達に一度連れて行ってもらった人狼ゲーム。前回は新撰組
とのコラボだったんだけど、今回は大好きなサイコパス!これまた楽しみ
すぎるよー!

9/5Mミュージカル「テニスの王子様」青学VS聖ルドルフ

越前リョーマ/古田一紀  手塚国光役/財木琢磨
大石秀一郎役/石田 隼 不二周助役/神里優希
菊丸英二役/本田礼生 乾 貞治役/田中涼星
河村 隆役/滝川広大 桃城 武役/眞嶋秀斗
海堂 薫役/佐奈宏紀  堀尾聡史役/志茂星哉                     
加藤勝郎役/篠原 立   水野カツオ役/晒科 新

<聖>
赤澤吉朗役/中尾拳也 観月はじめ役/宮城紘大
柳沢慎也 役/尾関 陸 木更津 淳 役/佐藤祐吾
野村拓也 役/佐川大樹 不二裕太 役/大原海輝
金田一郎 役/上村海成

<不動峰>
橘 桔平役/青木空夢 伊武深司役/健人                           
神尾アキラ役/伊崎龍次郎 石田 鉄役/中村太郎               
桜井雅也役/諒太郎 内村京介役/高根正樹
森 辰徳役/小林辰也

テニミュ、やっぱ楽しいなあって行くたび言ってる気がしますが、真実なので
仕方ない。
というわけで、聖ルドルフ戦観に行ってきました!初日ですよ!
2ndでは山吹戦と合同で1公演だったので、どうしてもカットされちゃった部分も
あったんだけど、今回は単独公演ですからね!?
何が嬉しいって、ルドルフ戦は黄金ペア好きにとっては見どころ満載なのですよ~!

青学M1曲が押しが強い感じで印象深い!桃城海堂のライバル以上敵未満?
的な新曲も、なぜか突如挿入されてざわついた一発ギャグもあって、あ~
時間たっぷりある~!っ感じで!
そしてD1は遂に黄金新曲!大石ソロと英二曲!大石曲は一緒に夢を見よう、
みたいな歌詞かな?お前が顔を上げてまた夢を一緒に見られるまで、俺が
見守ってるみたいな。英二曲は基本充電完了と同じ感じでチャージアップ?
ありがとう、大石!みたいに元気に歌い踊り客席降りまでして、最後は2人で
ハモリながら「どんなピンチの時も、2人で限界を超えていこう!」でしめです!
感動した!完!
疲れ切った英二と元気になった英二を見守る大石の目が慈愛に満ちていて、
尊い。そして英二曲のアイドル性はんぱなくてかわいい。これはもうかわいい。
これだけでも幸せなのに、2幕冒頭はコンテナー!!2ndでは背景として省略
されたコンテナだよ~!そして「ゴールデンペアPart2」もありました!
その後の、リョーマ呼びに来たタカさんとのやりとりも健在。あの自分で聞いと
いて「そんなことどうでもいいから、越前知らない?」ってやつ(笑)。
コンテナシーンって実際はルドルフ戦後、皆がバスで帰る時に黄金だけいなくて
コンテナ行ってて、「2人は?」「ああ、あいつらはいいんだ」みたいなんじゃな
かったっけ?中学の部活動でそんな勝手が許されてるのも凄いけど、舞台の
仲間の試合がまだ終わってないのに2人だけで雰囲気作ってるもの凄い。

黄金関係以外のところで言うと、古田リョーマ君なんだけど、何か今回突然
「リョーマっぽくなった!」って感じたんだよねえ。私だけじゃなくて友達も
同じこと言ってたから、やっぱりなんか違うのかもしれない…。
何と言うか、不動峰の時は体幹がアンバランスでそこが未発達な少年らしい、
やんちゃで可愛い越前リョーマだったんだけど、今回は全体的にバランスが
取れているというか。体格が変わったわけじゃないんだけど、小越リョーマに
寄せてきたのかもしれないなあ。

それから神里不二くんのVS観月。あの長身で来られるとやっぱり怖い(物理)。
今までの怒った不二くんの対観月への態度って、冷笑とか皮肉めいた感じ
だったけど、今回わりとストレートに怒・絶許って感じだよ。

そしてノムタク初登場なー!挙動不審でチームメイトからも残念な扱いされて
いて、ある意味出落ち感もある、完成されたノムタクでした!

黄金厨に優しいし、カーテンコールで「Now and forever」とかも流れて、全体的に
1st公演を凄く彷彿した感じでした。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

最近のトラックバック