« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

10/31Mミュージカル「テニスの王子様」青学VS聖ルドルフ

越前リョーマ/古田一紀  手塚国光役/財木琢磨
大石秀一郎役/石田 隼 不二周助役/神里優希
菊丸英二役/本田礼生 乾 貞治役/田中涼星
河村 隆役/滝川広大 桃城 武役/眞嶋秀斗
海堂 薫役/佐奈宏紀  堀尾聡史役/志茂星哉                     
加藤勝郎役/篠原 立   水野カツオ役/晒科 新

<聖ルドルフ学院>
赤澤吉朗役/中尾拳也 観月はじめ役/宮城紘大
柳沢慎也 役/尾関 陸 木更津 淳 役/佐藤祐吾
野村拓也 役/佐川大樹 不二裕太 役/大原海輝
金田一郎 役/上村海成

<不動峰>
橘 桔平役/青木空夢 伊武深司役/健人                           
神尾アキラ役/伊崎龍次郎 石田 鉄役/中村太郎               
桜井雅也役/諒太郎 内村京介役/高根正樹
森 辰徳役/小林辰也

テニミュ、東京凱旋ー!
大石ソロが上手くなってるとか、裕太とノムタクはダンス上手いんだなとか、手塚の
歌はどんどん安定感増してるなとか。何せ9月以来なので変化というか、成長を
感じたのでした。
そして話では聞いてたけど、観月のマリオネット、赤澤部長だけはベンチで操られて
ないの、すごく意味深ですな。
2幕最初のコンテナシーンでは、先にコンテナに着いた英二が「大石とか大石とか
来ないかなー」「やっぱりここか、英二」「来たー!!」ってなってて可愛かったし、
相変わらず黄金ペアは尊いのでしたマル。
カテコでは2バルに不二兄弟が来てくれて、不二サンド状態でした!神里不二が
逆サイドの裕太を指さしたり投げキスしたりしてて、可愛かったー!
そうそう、アンコールの「ニューウェーブ」に「Om my way」パートが加わってました。
「FGGK」とかが入ることもあるのかな?
お見送りではキャストが仮装しててまた、かっわ!!って感じでした。っていうか
思わず言いましたね…。

「おそ松さん」

あの赤塚不二夫先生が描く伝説の六つ子、「おそ松くん」が大人になって
現代に帰ってきた、「おそ松さん」が絶賛アニメ放送中です。
放送が開始される前から六つ子やイヤミに豪華声優陣起用ってことで
話題性十分でしたが、蓋を開けてみれば中身もすごかった(笑)。
パロ多いし六つ子ニートだし、3話は後日放送では修正の嵐だったらしいし
ね(笑)。私は六つ子可愛いな~って楽しく見ていますが!
昔の「おそ松くん」も見てたな~。エンディング曲が細川たかしで「おそ松のぉ~
ズボンをカラ松がぁ履いて~」って歌詞、未だに頭に残ってる(笑)。
個人的には明るい狂人こと十四松推しです!

しかし、この間実写ドラマでやっていた「ど根性カエル」の松ケン演じる
ヒロシも、ニートだった気がする。

10/24M「BIOHAZARD THE STAGE」

【原作】CAPCOM(「BIOHAZARD」シリーズ)
【脚本・演出・映像】ヨリコ ジュン  
【出演】矢崎広 栗山航 中村誠治郎 倉持明日香 飛鳥凛
Raychell 紗綾 植野堀誠 丘山晴己 木村敦 岸祐二 
梅垣義明(ワハハ本舗) 千葉真一

人気ゲームバイオハザードの舞台化。ゲームの主要キャラクターである
クリス・レッドフィールドの他にオリジナルキャラクターで政府のエージェント
としてタイラーを主役に据えて、ある大学で起こったバイオテロ事件を描く。
冒頭にゲームのシリーズ第1作目に当たる洋館事件の説明もあって、懐か
しかったです。アンブレラ、さすがにあの後倒産してたんだね…まあさすがに
するよね。ちなみにウェスカーの話は影も形も無かったです。
しかしこれ、クリスよりピアーズの方が先に名前が出てくるんだね。オリジナルの
キャラクターだし、序盤でクリスによく懐いてる様子が描かれてたから、勝手に
深読みして「これは…裏切るな」って思いこんでましたが、そんなことはなかった!
そして誠治郎さんのクリスは心身共にたくましくブレの無い人で、アクションも
多くてかっこよかったなー。バイオハザードだけにガンアクションが多めかな
とは思ったんだけど、意外と白兵戦も多くてさすが素敵でした!
今回通路席だったから横をゾンビやらタイラント(笑)やらがガンガン通り過ぎて
いったし、アンサンブルさん達のゾンビの動き、ゲームを良く研究してるなって
感じで、あの「おおおおおおお」みたいな唸り声と一緒に聞くと迫力ありましたね。
レベッカの引くピアノの悲愴や、クリスの妹の話、タイラント戦やロケットランチャー
での決戦などなど、ゲームをやっていればニヤリとしてしまうポイントもありました。
映像も結構使われてましたね。…いや。かなり使われてますね。

これ、チケット代8900円に1ドリンク500円するので、正直気持ち的にはもう少し
頑張ってほしい気持ちはありました。例えば学長や秘書の思惑が伝わりにくい。
ラスボスのメアリーの言動がさっぱり意味がわからない。警官役が浮いている。
教授は本当にタイラー見ても息子だってわからなかったの?レベッカはどこから
ロケットランチャー持ってきたの?とかね…いろいろ!あるんだわ!
これがもう少し安価ならスルーするんだけどネ。
あと関係ないんだけど、セリフの繰り返し(特に学長)が多用されてて、なんか
気になっちゃった。「違うんだ…違うんだよマシュー」みたいな。何故か無性に
桃ちゃんの「暴れたんねえな。暴れたんねぇよ」を思い出したのだった…。

ラストで「To be continued」と表示されたので続くらしいです。学長、最後T-ウィルス
持って逃げてたもんね。千葉真一さん、また出演されるのかなぁ。

今夜はこれ

今夜はこれ

1989年に公開された「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。
PartⅡで映画でマーティたちがデロリアンで訪れた未来の日にちが
2015年10月21日なんですね。つまり今日!

私、全部の映画で一番「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が好きかもしれ
ないなー。映画見ても滅多にDVDとか買わない私ですが、これだけは
DVD-BOX持ってます!
そして、この間USJに行った時も一番テンション上がったのが、デロリアンの
写真撮った時だったわ…(笑)。
3部作全部好きだけど、やっぱりPartⅠの完璧さと、過去から未来に戻る
直前にハラハラ感はたまらんです。ドクとの世代と時を超えた友情もいい
よね。
1955年に出逢って2人は友情を築いて、そしてドクはまたマーティが生まれ
て出会うまでどんな気持ちで待ってたんだろうなぁ。

そして、「ドク・ブラウンからのメッセージ2015」。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー30thアニバーサリー デラックス・エディション』
の特定映像の一部みたいです。
ドクに励まされてるみたいでいいなー。

https://www.youtube.com/embed/kE_eyLjp-xA

骨付き肉もある?

骨付き肉もある?
ワンピース歌舞伎で食べた麦わらの一味海賊弁当!肉多し(笑)。

10/11S「スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース」

スーパー歌舞伎ワンピース

スーパー歌舞伎ワンピース

[原案・原作]尾田栄一郎 [劇作・脚本・演出]横内謙介
[演出・出演]市川猿之助 [出演]市川右近 / 坂東巳之助 / 中村隼人 /
市川春猿 / 市川弘太郎 / 市川寿猿 / 市川笑三郎 / 市川猿弥
市川笑也 / 市川男女蔵 / 市川門之助 / 福士誠治 / 嘉島典俊 / 浅野和之


遂に見てきましたよ~話題のスーパー歌舞伎・ワンピース!
しかも1等席という良席で!…お値段は普段見る舞台の2倍くらいしましたけど、
まぁ納得の豪華な舞台でした!面白かった!

今回の話はエース編。1幕は仲間たちと人魚を助けに来たルフィが蛇姫の元に
飛ばされ、彼女達と絆を深めるまで。2幕はエースが投獄されたことを知り、
監獄に忍びこんでボン・クレーやイカズチ達とエースの奪還を目指す話。
3幕はついに公開処刑場のエースを助け出したものの、ルフィを庇ってエースが
死に、その死を乗り越える話しです。
そもそも私、ワンピースの漫画はアラバスタ編あたりで止まっているんですが、
このエースの死の話は有名だし、アニメでもエピドード・オブ~で何回も見てるんで
その死にざまとかも知ってはいるんですが、前後の過程は初めて知りました。
で、思ったんですが、もうちょっと今の仲間たちをちょいちょい出してもいいかなと。
このお話の最後って、ルフィはエースを失ったけど全てを失ったわけではなくて、
「仲間がいるよ!!」なんですよね。読者はそれまでの数十巻に渡る仲間との絆を
知ってるから、その言葉でルフィが立ち直るの納得できるんだけど、舞台だけ見てる
と、ほとんどエースのことしか考えてないからなぁルフィ。そこだけちょっともったいない
気しましたけど、まぁ4時半に開演して休憩込みで9時10分終演ですから、大ボリューム
ですよ!大河見たみたいな満足感ありました。

猿之助さんって、結構小柄なんですね。あと身体も絞られたのかも。ノースリーブの
袖や短パンから出た手足が細くて、気合い感じました。ルフィのゴムゴムの力も、
テレビで紹介された黒子が手を繋いで手が伸びているように見せる表現だけじゃなく、
プロジェクションマッピングとか照明も使ってて、飽きさせないなあと。
あとエースの火の能力の表現の1つに旗使うのがあって、その演出自体は他の特殊
能力系舞台でも見たことあるんだけど、色が綺麗で本当に炎を操ってるみたいに見え
たの感心したよ。敵が振るうマグマの力とも色合いが違っててさ。それにプラスして
赤色の黒子?がバク宙で飛びまわったり、赤い幕揺らしたり、正直バトルではここの
エースVS赤犬?が熱かったな。
2幕では大量の水が滝みたいに流れ続ける、足場の悪い水場での戦いが凄かった。

エースは福士誠治くんだったんですね。納得のイケメンエースでしたよ。あと個人的
には、サンジがかっこよかった!だって黒スーツに黒の羽織+毛皮で、足技で敵倒す
のとかかっこいいわー。

 

映画「キングスマン」

友達から前評判で「面白いよースーツアクションかっこいいよー」とは聞いていたので、
普段あまり洋画を観ないと言う友達と一緒に観に行ってきました。
エンタメ詰まってて面白かったー!
英国スーツでしょ、スパイのガジェットでしょ、1人対多勢の無双でしょ、それにとっぴな
設定!
前評判通りビシッとスーツに眼鏡で決めた紳士が無双しまくるのかっこいいし、いかにも
スパイでございっていう設備やガジェットちょっと笑えるし、特に終盤のシーン…チップ
埋め込まれた要人たちの頭が威風堂々のBGMと共に花火のように爆発するシーンは、
ある意味くだらなくて笑っちゃったよー!
あと、主人公あの女性の仲間じゃなくて出会ったばっかりの王女様としっぽり行っちゃう
んだ!?ってなって、色々つっこみどころも満載で楽しめましたとも!

ハリーかっこよかったよねえ。主人公の子も、大学中退にニートって設定だったけど
特訓に入る前からパルクールとか出来ててめっちゃ素質あるじゃん!って。
なんか終わった後面白くて口元にやにやしちゃう映画でしたよ!

鉱石ラジオスケジューラー10月

ちょっと真夏の猛暑過ぎたなって思ったらもう、秋ですよ…早すぎる。

・ミュージカル「テニスの王子様」青学VS聖ルドルフ
・BIO HAZARD
・スーパー歌舞伎II『ワンピース』


いやー歌舞伎ワンピース、未知すぎるよね。2.5次元といってもワンピースさん
くらいになると、日本の伝統芸能とコラボするんだなって。
で、さっき改めて公演HP見たんだけど、これあのエースの話?漫画がビビの
故郷の話で止まってる私でも知ってる、「愛してくれてありがとう」な?
お、おう…。すごいの持ってきたな!

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

最近のトラックバック