2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015観劇まとめ

テニミュ
・ミュージカル「テニスの王子様」青学VS不動峰 4回
・ミュージカル「テニスの王子様」Team Live 青学
・ミュージカル「テニスの王子様」Team Live 不動峰
・ミュージカル「テニスの王子様」青学VS聖ルドルフ 3回
・ミュージカル「テニスの王子様」青学VS山吹 1回

歌舞伎
・初春花形歌舞伎
・六本木歌舞伎
・スーパー歌舞伎Ⅱ「ONE PIECE」

劇団四季
・クレイジー・フォー・ユー 2回

・ミュージカル「SAMURAI7」
・いつになったら
・ライブスペクタクル「NARUTO」 2回
・サイケデリックペイン
・魔王 JUVENILE REMIX
・逆転裁判2~さらば逆転
・四谷怪談
・恐るべき子どもたち
・東京喰種 2回
・學蘭歌劇「帝一の国」
・SONG WRITERS
・K
・音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky First Stage」
・舞台「人狼TLPT」 × 「PSYCHO-PASS サイコパス」
・BIOHAZARD THE STAGE
・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」 5回
・青春鉄道
・RE-INCARNATION RESOLVE

全部で39公演くらいかな?自分で頑張って取ったのもあれば、
友人からお誘い頂いて行ってみたらめっちゃ面白かったー!
ってのもある。
一番回数見たのは仙台まで行ったハイキューだね。原作が大好き
だから凄く楽しみだったし、ハイキューの世界が再現されてて
嬉しかったな。

印象に残った舞台を挙げるなら、東京喰種、スーパー歌舞伎ONE PIECE。
前者は小越くん演じるカネキの凄惨さ、後者は2.5次元に惜しみなく注がれる
歌舞伎の力に圧倒された感じ。Kや金色のコルダも良かった!

残響のテロル

3月に舞台化ということで、チケットを撮ったので、原作となったアニメを
一気にまとめ見してました!

とある施設からの脱走者にして幼馴染のナインとツエルブ、そして
居場所を見つけられない少女リサが警察に対して仕掛けたテロ。
刑事・柴崎やアメリカから派遣されたハイブとの対決を描く。


ナインが頭脳明晰で冷静で、で石川さんの声がストイックで好きな感じ!
まあほとんど人死には出してないとは言えテロリストだから、ハピエン
ってわけにはいかないけど、菅野よう子さんの音楽や夏の瑞々しい
空気と対照的なほの暗さとか、すごく雰囲気のあるアニメでした。
これ舞台化楽しみだよー!ハイブはアニメで声を当てていた方がその
まま演じられるんだね。たぶんナイン達と同じ10代の女の子なんだろう
けど、声引く目でナイン以外見てない危ない感じ、凄く楽しみ!

ところで本編に全く関係ないけど、このアニメ腕時計の描写が細かくて
主人公の男の子たちがつけてる腕時計かっこいいなーと思ったら、
なんかロレックスの80万くらいするやつだった…まあ軍資金は潤沢に
ある感じだったけどさあ!
あとハイブがつけてるやつも女性らしくて良かったんだけど、これはどこの
ブランドのか特定してくれてる人を見つけられなくて詳細不明。黒と金で
大人っぽくて、これ欲しいんだけどなー。どこのだろ。

2015総括

4分前音楽関係では
・「Game Symphony Japan 5th Concert -New Year Special 2015-」
・クリエ・ミュージカル・コレクション2
・MASOCHISTIC ONO BAND 2015 Live tour

かな?クリエでは中川くんのウォルフが聞けて良かったし、MOBこと
DGSライブも楽しかったなー!

12/27M「RE-INCARNATION RESOLVE」

[作・演出]西田大輔
[出演]西田大輔/田中良子 / 佐久間祐人 / 村田洋二郎 
萩野崇 / 谷口賢志 / 北村諒 / 佃井皆美 / 伊阪達也 /
猪狩敦子 / 塚本拓弥 / 杉山健一 / 新田健太 / 竹内諒太 /
一内侑 / 平野雅史 / 石井寛人 / 他

西田さんファンのお友達にお誘い頂き、シリーズ3作目である前作の
「RE-INCARNATION RE-VIVAL」」に引き続き、リンカネ最新作を
見てきました!しかも席は通路前ドセンター!いやはや、ありがたや友よ。
3時間半に渡る大作で、殺陣多くて、しかも無双系(1対複数の)で眼福でした!
槍とかブンブン振りまわして敵複数の攻撃を一本の武器で受け止めて跳ね
のけるのとか、もう最高だよね。

時系列としては、前作の直後かな?黄巾賊との戦い後、桃園の義を経て関羽を仲間に
加え、時代は数々の武将の想いを巻き込み曹操と袁紹による官渡の戦いへ突き進む。
袁紹って家柄と金を鼻にかけた使えないおっさんってイメージだったんだけど(実際袁紹の
弟の袁術はまさにそのテンプレイメージ)、萩野さん演じる袁紹は家柄と金は自分の有効な
手札として使いつつ、配下の者達からも慕われる名将で、殺陣は無いんだけど黄金色の
長い着物はためかせてかっこ良かった。こりゃラスボス曹操とも張れる男だわ。
そして伊阪さん演じる孫策が、王道を歩む貴公子みたいでかっこよかった!周瑜が操られて
ピンチな時に登場して後ろから抱き抱えるのなんて、王子様かよ!って思った…まあ王子様
みたいなもんだけど。でも前作に孫堅に引き続き、孫策も死んじゃうんだよなあ。リンカネって
あまり男女の恋愛ないけど、出てる分は周瑜周りに固まってる気がする。ずるい(笑)。
その他、テニミュ3rdの橘さん役だった青木くんが今回初参加。文醜役だったんだけど、まさか
のオネエ(笑)。目元青いシャドウ入れてて綺麗でしたよ。あと殺陣も頑張ってた!槍を振り
回す時に1幕はそれを目で見ちゃってたんだけど、2幕に入ってからは敵を見据えながら槍を
回せてて、これは凱旋でもっと伸びてるだろうなーと期待大でした。
日替わりゲストは陸遜。同じ1つの役を日替わりキャストが持ち回りでやるのよくあるんだ
けど、前作キャストが日替わりで持ち役で出てくれるのっていいよねえ。
なんか公孫讃の日もあって、趙雲を引きずってでも連れて行ってくれ、あいつに天下を
見させてやってくれって言ったらしいじゃないですか…。そういうの、おいしい…。

関羽と趙良の関係とか、関平ここで出るかーとか、色々引き出しの奥にしまい込んだ三国志
知識を蘇らせながら見てましたが、後の魏呉蜀の陣営が青赤緑の照明で照らされてるのとか
見ると滾りますね。
それにシリーズ2回目だから、何となく龍生九子と転生の話も頭に入ってくるようになりました。
前は業とか才とかよくわからなかったので。

次でシリーズ最後なのかな?無印の諸葛孔明の話、DVDになってないのかなー見てみたい。

東銀座「パリのワイン食堂」でランチ

銀座で東京喰種のBDイベントに行った帰り、銀座方面に歩きながら
ふらっと見つけたお店です。赤いチェックのテーブルクロスや可愛らしい
内装がパリの下町の食堂(レストランと言うより)って感じ。

キッシュのサラダ
Dsc_0131
キッシュの中身は卵とベーコン。柔らかくて濃厚でサラダとの相性も
良い!ドレッシングも美味しかったな。

・牛肉のストロガノフ
Dsc_0132
とろとろ柔らかくてコクのある牛肉です。ご飯と一緒でも美味しいけど、
パンにつけても美味しかった!

・バナナの焼き菓子
Dsc_0133


これにパンとコーヒーがつきます。
1500円でコースしっかり食べられるのいいですね。

12/24Sミュージカル「テニスの王子様」青学VS山吹

越前リョーマ/古田一紀  手塚国光役/財木琢磨
大石秀一郎役/石田 隼 不二周助役/神里優希
菊丸英二役/本田礼生 乾 貞治役/田中涼星
河村 隆役/滝川広大 桃城 武役/眞嶋秀斗
海堂 薫役/佐奈宏紀  堀尾聡史役/志茂星哉                     
加藤勝郎役/篠原 立   水野カツオ役/晒科 新

<山吹>
南 健太郎/北川尚弥 千石清純/森田桐矢
亜久津 仁/川上将大 東方雅美/辻 凌志朗
新渡米稲吉/登野城佑真 室町十次/仁科祐二
喜多一馬/蒼木 陣 壇 太一/佐野真白

<聖ルドルフ学院>
赤澤吉朗役/中尾拳也 観月はじめ役/宮城紘大
柳沢慎也 役/尾関 陸 木更津 淳 役/佐藤祐吾
野村拓也 役/佐川大樹 不二裕太 役/大原海輝
金田一郎 役/上村海成

テニミュ山吹戦初日にしてクリスマスにして、越前リョーマの誕生日ー!
前アナは御当人リョーマで、最後に青学メンバーと一緒にハッピーバース
デーを歌いました。その後でリョーマが淡々と「祝ってもらっちゃった…
やった」っていうの可愛すぎて客席爆死してたわ。古リョ、やりおるのう。
クリスマスネタで言えば、2幕冒頭にルドルフメンバーがサンタコスして
客席にプレゼントを配ってくれてました。今回の公演、バレンタインとか
そういうイベント多くて、ルドルフ隊はそういうネタで出番多いのかも。
作中でもリョーマの回想、黄金コンビの回想でルドルフ戦を思い出す時に
バッと出てきて裕太戦、D1戦を再現してくれてました。こういうのできる
から、前回対戦学校が出てきてくれるのっていいねえ。

今回新曲多し!そして「勇気VS意地」とか残してほしい曲は残ってた!
1幕は校内戦、山吹との試合は2幕からという構成です。
前回はルドルフ戦と合わせての1公演だった都合、色々カットされた部分が
復活してて良かったなー。特にタカさんと亜久津の関係。前はその辺りの
説明とか描写を描く時間が無かったから「妙にタカさん亜久津のこと気に
かけて切なげに見つめてますけど、どういった御関係で…?」って感じ
だったんだよねえ。
喫茶店でタカさんが本物の水をかけられてるのには「あー!」ってなった
けども、テーブルの上にモンブラン(亜久津の好物)のってて、可愛い
なと思ってしまった…。
亜久津くん役の子は伸び代ある子だなって感じ(優しい表現)!ヤンキー
歩きが苦手なのか妙に前かがみの力入った歩き方になっちゃってたし、
歌もあまり得意じゃなさそうだけど、顔つきとか声とかはとてもいいんで
凱旋で成長した彼を見るのが楽しみです。そして何故か山吹で唯一
長袖ジャージ着てたんだけど、それが強烈にださくて衝撃でした。
山吹のジャージって緑味部分が多くて、学校の学年ジャージみたいなん
ですよね…だからダサく見えるのかも。
最後のカテコで、ちょっと離れて立ってる亜久津を、壇くんがガッと手を
掴んで前に飛び出していくのが亜久津のハイライトですね、はい。

テニミュの神に愛された黄金は今回も新曲有!黄金ダンスはユニゾンが
多いからめっちゃ可愛いよね。2人の世界とか誰も入り込めないみたいな
ラブラブな歌で、可愛すぎて血吐きそう。私が。ドリライはよ…。
ルドルフの赤澤と金田もグッコン歌ったりしていちゃつきを見せつけられました。

古田リョーマはかなり安定してきてて、もうすっかり頼れる座長でした。最後の
挨拶とかも危なげないし。そしてこの日は乾役の田中くんの誕生日でもあった
ので、みんなで「田中、誕生日おめでとう!」と言ったのですが、田中って(笑)。
友達かよ(笑)。
お見送りではリョーマに「お誕生日おめでとー!」って言ったら「ありがと」って
返してくれたし、英二にはブイブイしたらブイブイ返してくれたし、楽しい聖夜
でしたー!

「STEINS; GATE0」

シュタインズゲートの正統続編。通称、執念オカリンこと、シュタゲ
本編でクリスを救うことを諦めてしまった岡部倫太郎の物語。
当然シュタゲについては思い切りネタバレ前回なので、前作をクリア
してることが必須条件というか、してないと全然意味分からんと思う。
してるとトゥルーエンドであるシュタインズゲートに到達するための
道のりがわかって非常に楽しい!

クリスを犠牲にまゆりの生きるβ世界線で生きて行くことを決めた
岡部は鳳凰院凶真も封印し、失意の中で生きる。そこにクリスの
記憶データを基にした人工知能アマデウスが現れる。
岡部視点だけでなく、真帆や鈴羽やかがり視点で物語が多角的に
語られ、クリスの残したタイムマシンに関する記憶やデータを巡り
多くの陰謀と思惑の中に岡部は再び巻き込まれていく。


全体的にはダル、まゆり、フェイリスの株が上昇!オカリンが普通の
人になっちゃってるのでこれまた普通にイケ様なんですが、メンタル
クリニック通ったり精神安定剤飲んでたり、めっちゃ豆腐。

・私秘鏡裏のスティグマ
攻略サイト等を一切見ず、一番最初に辿りついたのがこのバッドエンド。
アマデウスクリスと連絡を取り続けてるとここに行っちゃうみたい。
まぁ終わってから思えばクリスとのやりとりは教授に筒抜けなんだから
そうだよなって感じなんですが、初回プレイってなるべく他キャラとの
交流や接触を拒否しないようにするよねえ?そうするとここに来ちゃう
わけです。

無限遠点のアルタイル
まゆりエンド。同じタイトルで以前CDドラマが出ていて、主要な展開は
それをなぞってるかなという感じ。
これやってて思ったのは、シュタゲ本編ゲームって書くヒロインの個別
ルート以外では岡部に特別な感情を持ってないんじゃないかと思って
たんだけど(クリスとルカ子を覗く)、まゆりってやっぱり恋愛対象として
岡部のこと好きだったんだなー。
でも岡部はほんとクリスのことが好きで、アマデウスクリスにも「そんな
ところが好きだ」って言っちゃいそうになるし、α世界線でクリスと再会
した時も「愛おしい愛おしいクリスの全てが愛おしい」ってクリスしか
見てない(恋愛的には)から、最後にまゆりと鈴羽がタイムマシンで
過去に飛ぶ時の告白にも頷くことしかできなかったんだろうな。
そこ思うと、片思いを自覚しながら好きな人の為に動くまゆり悲しくて
可哀想だったよー!鈴羽に「岡部倫太郎も好きだけど鳳凰院凶真が
もっと好き」と言いつつ、岡部本人には逆のことを伝えるの、切ない!
鳳凰院凶真がちょっとだけ聞けて良かった。

・相互再帰のマザーグース
かがりエンド。でも岡部とかがりがくっつく話ではなく、むしろまゆりと
かがりの母娘の話しって感じかな。ところで成長したかがりがクリス
そっくりなのって何か意味があるのかな?かがりにクリスの記憶が
移植されてるから、外見も声優さんの声も似てるから、オカリンに
とっては色々たまらんかったろう。それから一時的にα世界線に
戻ってクリスに再会したの、オカリンもう愛がダダ漏れでしたね…!

・存在証明のオートマトン
真帆エンド。そして綯様!はい!綯様!からの、ねえ、今どんな気持ち?
ねえ、どんな気持ち?(笑)
ここではアマデウスとサリエリを比喩にした真帆とクリスの関係の掘り下げ、
それに萌郁が真帆に心を開いていく話かな?
それに、ラストのクリスの言葉と真帆の推測からすると、AIという記憶データ
にも、別の世界線の記憶が現れる可能性があるとな?
この世界線でクリスのPCパスワードが解明されて、ダルや岡部のタイムマシン
開発にもつながって行くのかも。

・盟誓のリナシメント
クリスエンド。と言っても、クリスの出番自体は他ルートとそんなに変わらない。
クリスを救うためにラボメン達が、復活した鳳凰院凶真が誓いあう。
絶望的な未来でも絆で結ばれてるダル達ラボメン尊いよ~。とにかく熱い!
でも3000回のタイムリープもっと見たかった気もする。

・交差座標のスターダスト
凶真エンド。ルートというほどのものではいんですが、2010年8月21日の
岡部に送るムービーを撮るオカリン達。そして、同じく2010年8月21日の
まゆりにオカリンを奮い立たせるよう指示する為にタイムマシンで過去に
戻ったまゆりと鈴羽を追って、再びオカリンはタイムトラベルへ。

本編のシュタインズゲート編やった時に、未来の執念オカリンはシュタインズ
ゲートに辿りつきクリスの生きる世界線が存在することを励みに生きて行く
んだろうなって思ってたんだけど、仲間たちに囲まれて、思ったより生き生きと
生きててくれてよかったなあ。

そして疑問なのですが!
最後にダルというか鈴羽宛てにムービーメール撮ってたの、あれ何だっけ・・・?

鉱石ラジオスケジューラー12月

もう今月も半分くらい過ぎちゃいましたけど。

ハイキュー(仙台)
ミュージカル「テニスの王子様」青学VS山吹
リインカーネーション
東京喰種イベント

ハイキューは原作聖地・仙台に行ってきました。結局その後の東京凱旋
公演は行けなかったので、私のハイステは仙台で最後だったのですが、
最後はスタオベでしたし、凄く楽しめました。
そういえば、春に再演が決まったそうですね!
それにテニミュ!今回は初日、越前リョーマの誕生日に行ってきます!
何としても職場を速攻で抜けなければ!
それに以前観たリンカネシリーズの続編!脚本の西田大輔さんファンの
お友達がまた誘ってくれて、三国志大好きなのでこちらも楽しみです。
それから、小越くん主演の東京喰種のDVDを公演会場で予約した人
全部を招待するイベントがあるのです。無料イベントですが、グール以来
の小越くんだ!偶然友人と一緒の回に当たったので、2人でうはうは
しながら観てきます!

茅田 砂胡 「レディ・ガンナーの冒険」

仙台への観劇遠征が往路は1人新幹線だったもので、気楽に読めそうな本を
一冊チョイスしました、それがこの本。
昨今のラノベというよりは、私が中高生の頃に読んでいた「ロードス島戦記」や
「銀河英雄伝説」などのヤングアダルトと呼ばれていた系譜に近いかな?
架空大陸のファンタジー小説で、破天荒だけど聡明なお嬢様キャサリンと、
その護衛で雇われた4人のアナザーレイスたちがキャサリンの幼なじみを
救うために危険を乗り越えながら冒険を繰り広げるといったもの。

14歳で器の大きさを感じさせるキャサリンや個性豊かなケイティ達護衛などの
キャラクターや異種人類(アナザーレイス)を中心とした物語の中の社会が
しっかり作りこまれていて、面白いし、とても良質だと感じました。人気作
らしくシリーズ物でこの後も続いてるんですね。

キャサリンはダムーとくっつかないのかな(笑)。獣化したダムーは相当
美しいようなので気になる!

仙台グルメ

ハイキュー舞台でせっかく聖地仙台まで遠征したので、仙台グルメも
楽しんできました!

味太助さんの牛タン定食
Dsc_0111
Dsc_0112_3
歯ごたえあってうんまー!とろけるようなテールスープの旨味も堪能!

村上屋餅店さんのずんだ餅!
買ったのはずんだ餅、下のパックは左からすあま、大福、いちごミルク大福!
Dsc_0114
Dsc_0115

ずんだ餅は昼に買って夜食べたんだけど、時間食べてもふわふわとろとろ
なの!柔らかくてびっくり~!これはまた次回機会があったらぜひ食べたい!
いいお店教えてもらったな~。

しみてん木乃幡のしみてん
Dsc_0129_3
Dsc_0130

仙台行くたびに「しみてん食べなきゃー」って頭にありつつも、何だかんだで
食べそびれていたしみてん!表面サクサクで美味しかった~!

写真撮ってないですが牡蠣雑炊も食べました!2泊3日したので、それなり
に食べれたかな?海鮮系もお造りを食べられたし!まあ2日目の昼は
周囲に何もお店の無い多賀城市民会館で舞台のマチソワ間に食べたので
お惣菜のおにぎりとフライドチキンだったけど(笑)。

12/5S,6MS ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」

原作:古舘春一
演出:ウォーリー木下 脚本:中屋敷法仁

日向翔陽:須賀健太 影山飛雄:木村達成 月島蛍:小坂涼太郎
山口忠:三浦海里 田中龍之介:塩田康平 西谷夕:橋本祥平
縁下力:川原一馬 澤村大地:田中啓太 菅原孝支:猪野広樹
東峰旭:冨森ジャスティン

及川徹:遊馬晃祐 岩泉一:平田雄也 金田一勇太郎:坂本康太
国見英:有澤樟太郎 矢巾秀:和田雅成 渡親治:齋藤健心
花巻貴大:金井成大 松川一静:畠山遼

嶋田誠:山口賢人 滝ノ上祐輔:坂口慎之介

武田一鉄:内田滋 烏養繋心:林剛史

ハイキュー原作の地、宮城仙台でハイステ公演見てきました~!
東京ぶり以来!
まあ私キャラクターでは一番スガさんが好きなんですが、舞台だと
木村くんの影山が本物かつスタイルが美しすぎて、なんかめっちゃ
見ちゃうから、結果影山好きになってしまいましたよ。
いやほらだって、映像化されてバストアップばっかりだったらあの
スタイル全身で楽しめないかもしれないじゃないですか(力説)!
あの身体を反らし気味にジャンプしてトスあげるのとか、ほんと
まんま影山なんですよね。すっごいわ。
それに影山って基本体育会系脳筋だから、日向が出された肉まんを
真っ先に食べようとすると「まず先輩からだろ!」って怒るし、青葉城西
と戦う前にスガさんに「やりにくくないか?」って聞かれて答える時の声も
高めで可愛らしい後輩モードだよね。
あと、青葉城西戦前にスガさんに詰め寄って「次は実力でレギュラー取る」
って宣言した後にスガさんに「俺も負けない」って答えてもらって口元を
綻ばせるのとかも、とても微笑ましい。
そして町内会チーム戦の「菅原さん!もう一回!決まるまで!」って励ますの。
影山が日向以外で、完全に他人の為に言葉かけるの珍しいんだよなー。尊い。
かと思えば、烏野ジャージ配られて着るとこ、腕をポケットに突っ込んで
絡まっちゃって着れなくなってたし、田中先輩に着せてもらった挙げ句それを
暴露されてたし、日向に「月島みたいにデカイ奴がお前の囮にひっかかったら、
面白くないか?」って励ますところの私怨混じりの凶悪な笑顔100点満点!


オープニングのキャラクター紹介の演出好きなんだけど、月島のパートが一番
好きだな。あのヘッドフォンで音楽聞きながら歩くやつ。曲もテンション上がる!
それに舞台版の縁下先輩が存在感あり過ぎて最早縁の下にいない!我々の
間では縁上先輩と呼ばれている!
あと舞台だとスガさんと田中先輩仲いいんだよなー。「烏野の正セッター、スガ
さんじゃないですか!」ってセリフは原作にもあった気がするけど、青葉城西
戦後に田中が「次はスガさんとやりたいです」みたいに言ってたのはアドリブ
だよね?田中~!ってなったよ。
あと日向を小学生扱いしてる矢巾の矢巾「後で一緒にお母さん探そうな?」
日向「お母さん家にいるわ!!」ってやり取り地味に思い出して笑っちゃう!

仙台楽の及川さんお迎え役は岩ちゃんでした。
「及川、さっさと足冷やせ!」
「岩ちゃんは俺のお母さんですかー?」
岩ちゃん無言で去る。
「待ってよ~岩ちゃん!」
阿吽コンビと言えばレポで見た、青葉城西戦後の及川さん確認できました!
金田一に次も「俺達」が勝つ、って影山が言った瞬間、脇でやりとり聞いてた
及川さんがすっと真顔になって影山のとこに行こうとするの。まあ岩ちゃんに
止められるんだけど。影山の変化に、及川も何か感じたんだろうなー。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

最近のトラックバック