2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« ミュージカル「テニスの王子様」青学VS山吹 | トップページ | 東京都庭園美術館「ガレの庭」展 »

有栖川有栖「鍵の掛かった男」

火村シリーズ13年ぶりの書き下ろし長編。
高名な女流作家に、ホテルに長住まいして縊死した知人の死の真相を火村と
調べて欲しいと頼まれたアリス。火村が入試期間で身動きが取れないため、
普段は助手を務めるアリスが単身現地に乗り込み、先行して捜査を進めて
いくことに。彼は自殺か他殺なのか―?
密室よりも冷たく固く閉ざされた男の孤独な人生に、2人が迫る。


元々好きではあったものの、最近のドラマブームに乗せられて手にとって
しまいました。私、学生アリスシリーズは長編が好きなんですが作家アリス
シリーズは短編の方が好みの物が多い傾向あったんですけども。
この「鍵の掛かった男」は作家アリスの長編シリーズでは一番好きかも。
火村の出番は少ないですけどね。アリスが凄い頑張ってるよ!
自殺か他殺かという論点はあるものの、推理小説というよりは1人の男の謎に
満ちた人生を追う物語。
アリスの丁寧で地道な捜査で集まった情報を元に、途中から合流した火村が
居合抜きのように犯人を撫でる。
死んだ男について丹念に関係者に話を聞き、一つ一つパズルのピースをはめて
いく作業は、もしかしたら亡き人と会話し、他者の人生を想像することに長けた
小説家のアリスだったからこそ成し遂げられたことなのかもしれないなあ。
しかし影浦先生、アリスと火村を焚きつけるのなかなか上手いよね。
火村には事件の真相を、アリスには彼の人生の謎を解いて欲しいだなんて。
ホテルの住人も魅力的で、鋸奏者の女性のサバサバした感じいいですね。
それに、有栖川作品ならではの上品で情緒ある文章や大阪の街並みの描写、
ユーモアもあって楽しく読めました。お汁粉があんたのハイライトか、みたいな
つっこみとかね!

相棒萌えとしては、火村を誘い出す為の「かーんーぜー」「ちっ」ってやりとりとか、
「お前は螺旋状に上昇してるよ」って力強く言ってくれたりとか。やっと捜査に合流
した時に、ちゃんとアリスに「お前は本当によくがんばったよ」って言ってくれたり
とか素晴らしいので、ドラマ派の人も読んでほしいところ。
火村自身「こんなに死者と向き合ったことはない」って言ってるし、アリスへの賛辞
だよね。

そして火村という鍵の掛かった男については「迂闊に開いたら中の物が壊れて
しまうかもしれない」という認識なんだね、アリスは。
有栖川先生、いつかそのへん書かれるのかなあ。江神さんの謎が家族関係
だったし、「女王国の秘密」で好転してるから、火村の方もヒント欲しいよね。
影浦先生のアリス観も(主に闇)興味深い。

« ミュージカル「テニスの王子様」青学VS山吹 | トップページ | 東京都庭園美術館「ガレの庭」展 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/63243886

この記事へのトラックバック一覧です: 有栖川有栖「鍵の掛かった男」:

« ミュージカル「テニスの王子様」青学VS山吹 | トップページ | 東京都庭園美術館「ガレの庭」展 »

最近のトラックバック