« 3/19S「さよならソルシエ | トップページ | ミステリー・アンソロジー「不条理な殺人」 »

3/21M「學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-」

【原作】古屋兎丸 【脚本】喜安浩平【演出】小林顕作
【出演】木村 了<赤場帝一> 入江甚儀<大鷹 弾>
三津谷 亮<榊原光明> 吉川純広<東郷菊馬>
谷戸亮太<根津二四三> 細貝 圭<成田瑠流可>
冨森ジャスティン<光家吾朗> 市川知宏<野々宮裕次郎>
佐藤永典<夢島 玲> 佐藤流司<久我信士>
原嶋元久<羽入慎之助> 瀬戸祐介<高天原蒜山>
大河元気<森園億人>※映像出演
 ・
井上小百合(乃木坂46)<白鳥美美子> ※Wキャスト
今奈良孝行/竹内 寿/中谷 竜/ぎたろー/平沼紀久
<オールラウンダーズ>

大堀こういち<赤場譲介>

ご縁あって第一章から見てきた帝一の國。原作の連載終了より先に
舞台でその結末を見せてしまうと言う判断に、原作者さんのこの舞台
への信頼が伺えます。

とはいえ、なかなかエピソードを詰め込みの力技ではあったと思う。
文化祭、美美子と裕次郎、高天原達の策略、光明の洗脳などなど。
でも第二章以降、すっかり謀略策略はなりを潜め友人達の助力を
得た帝一たちを演じるキャスト陣のパワーもあって、最後の選挙当日
までよくまとめてくれたなって感じ。
選挙の行く末はほのかに予感しつつ最後まで手に汗握り、直接的に
は関わらない3年生の役員たちの助力もまた、これまでの舞台の歴史
を感じさせて良かったです。
何よりオープニングの、学ラン男子達が揃って歌い踊る姿がもう、
何とも言えずテンション上がるよね毎度!

木村くんはほんと間が上手い役者だから、喜劇が映えますね。
今日はちょっとダンスの時等お疲れ気味かなという表情も見えたんですが
この舞台は木村くんあってこそなので、最後までぜひ帝一らしく乗り
きってほしいです。
あと今回映像出演だった森園会長、実は私のこの作品の一押しなので、
今度ちゃんと御出演の上で再演してくれないかなあと思ってます。
今回原作終了のタイミングと合わせる為に色々時間なかっただろうから、
もっとブラッシュアップできそうなところもあったので、その辺踏まえてぜひ。
美美子ちゃんはいつも可愛らしい…。男ばっかの舞台で恋の鞘当ての
対象なのに、全然嫌味がない。もう可愛いから仕方ないってなっちゃう。

« 3/19S「さよならソルシエ | トップページ | ミステリー・アンソロジー「不条理な殺人」 »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/63377276

この記事へのトラックバック一覧です: 3/21M「學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-」:

« 3/19S「さよならソルシエ | トップページ | ミステリー・アンソロジー「不条理な殺人」 »

最近のトラックバック