« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

三部けい「僕だけがいない街」

30分アニメをながら見する、というのは私の娯楽の一つなんだけども、
この冬アニメの中では「鉄血のオルフェンズ」と「僕だけがいない街」が
面白かったなあ。正確にはオルフェンズは秋からの連続クールだし、
他にも「おそ松さん」とか「ハイキューー2ndシーズン」も素晴らしかった
けど、たぶん前にも記事を書いた気がするので。

「僕だけがいない街」は三部けいによる漫画が原作。今回のアニメ化
とは別に、藤原竜也主演で実写映画も公開中。
漫画家志望の青年・悟が持つ特殊能力「リバイバル」は、事件や事故が
起こると原因が瀞覗かれるまでタイムスリップを繰り返すもの。
母が殺された現在と悟の身近で児童殺害事件の起こった1988年を
行き来し、二つの事件の真の犯人に挑む。

原作未読でアニメのみ追っていたのですが、青年の記憶を持って小学生
として事件の被害者たちを救おうとする悟の一生懸命さ、何もできなかった
当時とは異なる強さに心打たれつつ、何度も失敗した雛月加代の救出に
成功したシーンは感動でした。てっきり加代と悟がくっつくのかと思いきや、
真犯人によりこん睡状態にさせられた悟は14年間植物人間状態に。
その間に加代は結婚しちゃうんだもんなあ。このこん睡がなければ、絶対
悟と雛月はくっついてたと思うよ…。
そして真犯人との屋上での対話、もう悟って心理戦のエキスパートかって
想ったよね。そうだよね。悟により過去の記憶に会った全ての児童殺害を
未然に防がれた真犯人にとって、発散出来なかった心の闇を知っている
のは、のはや悟だけで、14年間ただ悟の目覚めを待ち続けた真犯人に
彼を殺すことなんてできないんだよな。そこまで真犯人の心理をなぞる
ことのできる悟、すっごいわ。

そしてタイトルの意味「僕だけがいない街」とは、悟が眠りつづけた14年間
のこと。それは悟の友人たちが目覚めない悟のために行動し、費やした
悟の時間であり、悟にとっては宝物なのだという言葉も素晴らしかった。
愛梨との再会も。
原作で緩んだ部分を潔くカットした演出が良かったとの声もあり、原作とは
別にアニメ作品としても高い評価を得ているようで、前々から原作漫画が
気になっていた自分としては1話から見続けて良かったと思える話だった。

ミステリー・アンソロジー「不条理な殺人」

読書習慣を思い出すと、手元に本が無いのに違和感がある…。
昔はほんとそうだったなあ。大学時代は特に通学に1時間半あったから
いつも分厚い新本格ミステリを鞄に入れて、手をプルプル震わせながら
読んでたもんだわ。

法月綸太郎/山口雅也/有栖川有栖/加納朋子/西澤保彦/恩田陸
倉知淳/若竹七海/近藤史恵/柴田よしき

柴田よしき以外は既知の作家さん。恩田陸の「給水塔」は既読。確か
「六番目の小夜子」に出てくる関根くんのお祖父さんなんだよね。
いまマイブームの有栖川有栖の「暗号を撒く男」は、アリスと火村が
アリスの同業者でありきっぷのいい姉さん肌の小夜子に、とある暗号
にまつわる事件について聞かせる話。ついこの間のドラマの中で
一部このネタが使われてましたね。
法月綸太郎は作者と同名の名探偵法月綸太郎が登場するシリーズ。
新本格の中でクイーン愛好家と言えば有栖川有栖と法月綸太郎なん
だけど、どっちも作者と同名のキャラが出てくるけど、有栖川有栖は
助手で語り手、綸太郎は名探偵で主人公(語り手ではない)、
江神さんも火村も初期クイーンの天才型探偵だけど、綸太郎は
失敗を繰り返す後期クイーンの苦悩型探偵。綸太郎にはクイーン
警視にちなんだ父・法月警視がいるけど、有栖川にはいない。
大人になるとわかるクイーン警視と法月警視の魅力よ…(笑)。

最近、普段自分では手に取らない作家さんの作品も読めてアンソロって
いいなって思い始めてます。昔は好きな作家野だけ読んでたかったんだ
けど、色んなものをちょっとずつ食べたい、みたいな女子的発想になって
きたんだろうか(昔は男子的に好きなものだけガッツリいきたかった笑)

3/21M「學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-」

【原作】古屋兎丸 【脚本】喜安浩平【演出】小林顕作
【出演】木村 了<赤場帝一> 入江甚儀<大鷹 弾>
三津谷 亮<榊原光明> 吉川純広<東郷菊馬>
谷戸亮太<根津二四三> 細貝 圭<成田瑠流可>
冨森ジャスティン<光家吾朗> 市川知宏<野々宮裕次郎>
佐藤永典<夢島 玲> 佐藤流司<久我信士>
原嶋元久<羽入慎之助> 瀬戸祐介<高天原蒜山>
大河元気<森園億人>※映像出演
 ・
井上小百合(乃木坂46)<白鳥美美子> ※Wキャスト
今奈良孝行/竹内 寿/中谷 竜/ぎたろー/平沼紀久
<オールラウンダーズ>

大堀こういち<赤場譲介>

ご縁あって第一章から見てきた帝一の國。原作の連載終了より先に
舞台でその結末を見せてしまうと言う判断に、原作者さんのこの舞台
への信頼が伺えます。

とはいえ、なかなかエピソードを詰め込みの力技ではあったと思う。
文化祭、美美子と裕次郎、高天原達の策略、光明の洗脳などなど。
でも第二章以降、すっかり謀略策略はなりを潜め友人達の助力を
得た帝一たちを演じるキャスト陣のパワーもあって、最後の選挙当日
までよくまとめてくれたなって感じ。
選挙の行く末はほのかに予感しつつ最後まで手に汗握り、直接的に
は関わらない3年生の役員たちの助力もまた、これまでの舞台の歴史
を感じさせて良かったです。
何よりオープニングの、学ラン男子達が揃って歌い踊る姿がもう、
何とも言えずテンション上がるよね毎度!

木村くんはほんと間が上手い役者だから、喜劇が映えますね。
今日はちょっとダンスの時等お疲れ気味かなという表情も見えたんですが
この舞台は木村くんあってこそなので、最後までぜひ帝一らしく乗り
きってほしいです。
あと今回映像出演だった森園会長、実は私のこの作品の一押しなので、
今度ちゃんと御出演の上で再演してくれないかなあと思ってます。
今回原作終了のタイミングと合わせる為に色々時間なかっただろうから、
もっとブラッシュアップできそうなところもあったので、その辺踏まえてぜひ。
美美子ちゃんはいつも可愛らしい…。男ばっかの舞台で恋の鞘当ての
対象なのに、全然嫌味がない。もう可愛いから仕方ないってなっちゃう。

3/19S「さよならソルシエ

【原作】穂積「さよならソルシエ」(小学館)
【脚本・演出】西田大輔 【音楽】かみむら周平 【振付】エムジェイ
【出演】
テオドルス・ファン・ゴッホ役:良知真次 
フィンセント・ファン・ゴッホ 役:平野良(W主演)
アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレック役:土屋シオン
エミール・ベルナール役:小野健斗 ポール・ゴーギャン役:Kimeru
ムッシュ・ボドリアール役:窪寺昭 ジャン・ジェローム役:泉見洋平


原作は数年前に「この漫画がすごい!」女性編で1位を取った漫画。
19世紀末のパリを舞台に、画商テオとその兄で無名の画家であった
ゴッホとの確執と絆、当時の権威と保守に満ちた画壇を打ち壊さんと
する若者たちの姿を描く。

原作が漫画なんで、所謂2.5次元物に該当すると思うんだけど、なんか
それだけで表現するの勿体ない作品だった。
原作の持つ重さ、19世紀末の華やかなパリの芸術界隈の底に沈殿する
労働階級の画家たちの持つ熱意、何よりゴッホ兄弟の確執と互いへの
執着、想いが、静かに、確かな実力のキャストたちで描かれていたなあ。
原作単行本2冊分の話を丁寧に拾いつつ、終盤のテオの感情面を更に
掘り下げて、兄弟の情念をじっくり表現した作り。
ピアノ生演奏一本だけで歌うキャスト、特に主演二人の歌唱力も素晴
らしかったし、敵役となる泉見さんのジェロームの狂気じみた歌もさすが
だった。泉見さんがいてくれて、やっぱりこの舞台に重厚感が加わったと
思う。帝劇キャストの重みよ…。

歌は正直、平野くんも良知くんも舐めてたすみません、って感じ。
良知くんの低いでも意志の強い歌声、平野くんの透明感のある優しい伸び
やかな声、どちらもキャラクターにぴったりあってた。「モンマルトルの丘」
で、画家たちが「キャンバスに描く夢」と歌った後に、テオとゴッホが「幼き
2人の夢」って互いを見合って歌うのとかも可愛すぎたかな。
「ギフト」と「手を」は泣けた。テオが兄は自分の人生そのものだったと語る
一方で、最後の手紙で明かされる兄の気持ち「君こそが神様の与えて
くれた、自分へのギフト」を知って、兄を死に追いやってしまったのでは
ないかという後悔から、また再び2人の夢に向かっていこうとするシーン、
良知くんほんと熱演だった。
良知くんのテオは、原作で読んだ時よりも感情的なテオで、兄が才能の
無駄遣いをしていることに憤るシーンや教会での兄との和解シーンは、
普段の辛辣で冷やかにも見えるテオとの対比が鮮やかで、その分
兄への想いが浮き彫りになってよく見えた。

ゴッホの死後、兄の虚構の人生を作ると決めた後のテオはそれはそれは
強かったけど、いざ戯曲家から語られたゴッホの偽物の凄惨な人生を
聞くと、衝撃でよろめいてしまって、でも最後には立ち直って更に過激な
スパイスを付け加えようとする芝居良かった。

とにかく、もう一度観たかったというのが感想。BD買う!

作曲家:林ゆうきさん

最近お気に入り、というかおすすめの作曲家・林ゆうきさん。
主にドラマや映画、アニメの劇伴を作っておられる方です。
最近では「あさがきた」「フラジャイル」「リーガル・ハイ」劇場版の
「僕だけがいない街」「ハイキュー」等の数々の話題作・人気作に
楽曲を提供されています。
一番最初にお名前を知った(作中で流れた曲に惹かれて思わず
スタッフロールを確認した)のは、「ガンダムビルドファイターズ」で、
その後で、やはり演出と音楽が良くて気になっていた「ハイキュー」も
担当されていたと知り、すっかり私にとって要チェック人物になりました!

今期放送されていた「フラジャイル」も、もともと好きな長瀬くんの主演
ドラマということもあり、変人だけどめちゃくちゃ優秀な病理医という
キャラクターも良くて面白く見てまして。その長瀬くん演じる病理医・
岸先生が颯爽と、己のプライドの固執したり患者の命を最優先にしない
医師を切って捨てる時のテーマ曲、かっこよくてなあ!

それにもともと見ていた「ハイキュー」の曲も良かった~!
「ガンダムビルドファイターズ」のユウキ先輩の曲も好きだったけども!

最近は林さんの音楽を聞くとだいたい「そうかな?」って思えるようになって
きたけど、たぶんすごく主旋律がメロディアスなんだなあ。それが感動の
シーンやかっこいいシーンの感情の動くに凄くマッチして。ヴァイオリンや
ピアノの使い方が効果的なのも、私好み。

とりあえず「ハイキュー」はファーストシーズンの分も含めてサントラを
買っちゃいました!
日常とか穏やかで静かなシーンは橘さん、試合や烏野のチームの
強い気持ちが現れるシーンの曲は林さんが担当されてたんですね。
「月の出」とか「幻覚ヒーロー」とか「理由」とか、月島山口関連のエピは
橘さん曲だし、「上」「王者との対峙」「欲」「再起動」みたいな高みを
目指す曲は林さん担当でした。
そう言うのもわかって面白い!

有栖川有栖「長い廊下がある家」

有栖川有栖をまた読もうシリーズ。

「長い廊下がある家」は、火村の教え子の一人である男子学生が山中で迷いこんだ
長い廊下がある家で、殺人事件に巻き込まれるもの。時間的アリバイと密室トリック
双方を一度に解決するために、マジックではなくイリュージョンが見たいと火村が
アリスを焚きつけている。思考の行き止まりを教えるのが自分の役目、と自認して
いるアリスの推理小説家らしい発想と、それを聞いてからかう火村の様式美が
堪能できる。

「雪と金婚式」は、フーダニットではなく、なぜ証人たる夫は犯人が誰なのか気づく
ことができたのか、という点に主眼が置かれているのが面白い。
関係ないけど、国語教師だった夫が「雪がふる」と「雪はふる」の違いを妻に語る
シーンがあるんだけど、このへんのニュアンスというか使い分け、もはや日本人に
とっても感覚に近いものあるよなと思った。

「天空の眼」は、隣人のカナリアの君からの依頼で、アリスが1人で心霊写真と
それに関わる殺人事件の謎に挑む。火村の助けを借りず、アリスが1人で真相に
辿りつくので、アリスやればできる子だ!長編最新作「鍵の掛かった男」に繋がる
ものもあるのかな。
やっぱりアリスに恋人ができるとしたら、カナリアの君だなー。なかなかいい関係
みたいだし。

「ロジカル・デスゲーム」は火村が事件とは関係なく、ある変質者に命がけの知恵
比べを挑まれる一風変わった作品。3つのグラスのうち1つに致死量の毒が入って
いて、それを選んで飲めと銃で脅されるのだ。自分が助かる方法を考えるだけでも
大変なのに、咄嗟に自分も相手も助かる方法を見つけ出すなんてすげえな…。
火村はヒーロー型の探偵だよなあ、ほんと。

3/5S「残響のテロル」

【演出】奥 秀太郎 【脚本】熊谷 純
【出演】ナイン:松村龍之介 ツエルブ:石渡真修
柴崎:滝川英治  ハイヴ:潘めぐみ 三島リサ:桃瀬美咲
羽村:井深克彦 倉橋:郷本直也 六笠:かぬか光明
クラレンス:チャド・マレーン 大沢:吉川麻美

スピンクスを名乗る2人組の爆弾テロリスト、ナインとツエルブ。
そこへ同級生の三島リサが加わり、対抗する警察側の柴崎も絡んで
対決が深まる中、かつてナインとツエルブと同じ施設で育った少女
ハイヴがFBI捜査官として2人の前に立ちはだかる。

原作はノイタミナのオリジナルアニメ、になるのかな?
エピソードを取捨選択して、一部結合させたりしてカットしたりしつつ
アニメのラストシーンの結末まで持っていった。
1幕がハイヴの本格登場までだったので、これ本当に終わるのかと
思ったんだけど、列車爆破阻止イベントはほぼ割愛されて、空港での
ハイヴVSナインのチェス対決は通常のネットチェス対決に変更されてた。
あれ好きだったので少し寂しい。
あ、ラスト3人で学校で戯れるシーンもなかったかな。

アニメ版ではいまいち何が真の目的かわからなかったハイヴの行動
原理が舞台だとシンプルになっててわかりやすかった。ハイヴはただ
ナインの背中を追いかけたくて、火事の脱走の時の置いて行かれたの
が辛かったんだなってのが伝わってきたから、ナインを庇って死ぬ
シーンはうるっとしたよ。
それとナインVSハイヴの頭脳戦が結構カットされてるから(空港で施設の
図面をすぐチェス盤に置き換えて記憶できるのとか)、ナインの頭脳明晰さと、
ナインに代わって動き回るツエルブとの関係性の積み重ねが少し物足りなく
て、その分ツエルブがリサ寄りに見えたわ。
だから余計に3人での和解シーンなくて大丈夫?って思ったけど、まあナイン
死ぬ直前ツエルブ生きろって言ってたし、死後のシーンで2人で話したから
そこで補足なんかな。
そういやツエルブがヘリで米軍に撃たれたのはアニメで見てて記憶ある
んだけど、ナインは症状の悪化で死んだっていうのがちょっと舞台版は
わかりにくかったかも。

初めて3D眼鏡使った舞台見ました。この舞台、背景が全て映像なんだよね。
今までファンタジックな異能バトルなんかで映像を多用していた舞台はよく
見てきたけど、これは潔く背景=映像。そこが薄っぺらくならないように3Dで
奥行きを持たせたんだと思う。
映像が鮮明すぎないせいか、目も思ったほど疲れなかった。こういうのもあり
じゃないかな。

結構空席多くて、土曜日だっていうのにハイタッチ会があったのもそういうせい
かな。結構面白かったのに。
ハイタッチ会参加は松村くん、真修くん、潘さん、井深さん、チャドさん、郷本さん。
両手ハイタッチだったし、結構話せたな。
潘さんに「最期のとこ泣きました~!」って伝えたら「ありがとおおお~!」って
ニコニコしてくれたから可愛かったー!そして役としては一番ナインが好きだった
ので松村君の顔はガン見しました、ええ。ただ彼についてはほとんど知識がない
もので、何コメントしたらいいかわからず思わず「お疲れ様です」って話しかけた
ら向こうも「お疲れ様です」って返ってきて、お互い謎の社会人感あった…しかし
イケメンだった。

3/5M「パラノイアサーカス」

[劇作・脚本・演出]毛利亘宏
[出演]井俣太良 / 岩田有民 / 堀池直毅 / 廿浦裕介 / 加藤良子
長谷川太郎 / 杉山未央 / 山川ありそ / 内山智絵 / 竹内尚文
川本裕之 / 小澤亮太 / 松田凌 / 松田岳 / 白又敦 / 松本寛也
唐橋充 / 吉井怜 / 鈴木勝吾

久々のマチソワ観劇。
乱歩×舞台、推理×冒険ファンタジーと聞いて、無理矢理ねじ込みました。
まあ、池袋サンシャイン劇場と六本木ブルーシアターという、駅から歩く劇場の
コンボはちょっと失敗だったかなあ(笑)。
休憩なしの2時間上演で、よくまとまってたから助かった。

屋根裏の散歩者、押絵と旅する男、地獄の傀儡師など、江戸川乱歩作品の
登場人物たちが繰り広げるパラノイア・サーカスに殴りこんできたのは、作者の
江戸川乱歩とその編集者。誰の許しを得て上演しているのだと憤る彼の前に
怪人二十面相が現れ、この世界の「謎」そのものを奪ってしまう。
この世界の謎とは…。

先に見に行ってた先輩から、乱歩というより虚無への供物とドグラマグラと
聞いてたんですが、確かに前半の頭おかしいキャラクター達が場を混乱させ、
圧倒的な世界観で魅せる。故に騒々しくてちょっと疲れる(笑)。後半はこの
世界そのものの謎が解き明かされ、この世界が再構築されるまで。
笑いあり涙ありで濃厚なお話だったな。冒頭とラストが繋がる演出、ある意味
王道パターンだけど、やっぱりぐっとくる。
乱歩らしい昭和初期の和装とサーカスの奇抜さが合わさって、衣装も素敵
だった。
まっすぐな乱歩とコバヤシ少年がよかったな。
鈴木くんの正体がびっくり。ファンサービス?ってそういうことか(笑)。

鉱石ラジオスケジューラー3月

・残響のテロル
・パラノイアサーカス
・さよならソルシエ
・帝一の国

忙しいのに、それなりに入れたね?
テロルはアニメ、ソルシエは原作漫画を読んでます。帝一はついに最終章
ですね。ちゃんと原作最終話掲載とタイミング合わせて終わらせられる
なんて、いいなあ。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

最近のトラックバック