2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 大阪有栖川有栖作品聖地巡り | トップページ | 「WILD HALF〜奇跡の確率〜」 »

6/25・26「DGS EXPO 2016」

ずっと聞き続けているラジオ番組「神谷浩史・小野大輔のDear Girl Stories」
の10年目突入記念イベント「DGS EXPO」inさいたまスーパーアリーナに
行ってきました!

うわ~遂に10周年か!開始が2007年かな?私は30話前後くらいから聞き
始めたから、開始から半年ちょっと後からかな。それから、途中少し聞けな
かった時期もあるけど、こうして2人の軽妙なトークや体を張ったネタ、信頼
関係を築いていく様子を毎週聞くのが本当に楽しくてね。
こうしてイベントで10周年をお祝いできるの嬉しいです。パーソナリティの
お2人もスタッフも会場も、みんなDGSを愛してるのが目に見える形で確認
できたて、ほんと愛しかない世界だった…!

さて内容はEXPOらしく過去10年間を振り返る展示ブースや番組にちなんだ
フードコート。そしてライブステージでは番組から生まれた様々な歌、キャラ
クター、ボイスなどについて事前にアンケートを取り、ランキング形式で
発表したり、上位に入った曲を実際に歌ってくれたりと、長くラジオを聞いて
いた人も、ここ最近聞き始めた人も楽しめる内容でした。
事実、ご一緒したのは神谷さんと小野くんのことは知ってるけどラジオは普段
聞いていないって子だったんだけど、彼女も超笑って楽しんでくれたの。
1日目は代永くんの生電話、2日目は神内マネージャーの登場がそれぞれ
その日しかなかったネタかな。私「もう男しか愛せない学園2」のネタすごい
好きで、神谷さん演じる神内マネージャーが神谷浩史がキャスティングされた
セナル・アックスを「えっと、アナ、アナ…?」ってわざと読み間違えよう
とするたび小野くんが「セナルです!セナル・アックスです!」って軌道修正
するのずっと笑ってた!そしてついに「もう男しか愛せない学園」のパッケージ
画像も見せてくれたし、セリフも一部読んで聞かせてくれたんだけど亀饅頭
シコ次郎とっても爽やかイケメンだしセナル・アックスは鉄仮面でほぼセリフ
ふしゅーだし、とてもわけがわからなかったね?

DGSソングランキングは1位が「軌跡」だってことしか伝えられなかったけど、
自分の好きな曲が概ね歌われてたのでラッキーでした。
「Monsters Show」「熱愛SOS」「SmilyTime」「Dangerous Groove Six」「TRIBE
DRIVE」「僕達だけの物語」「Prologue」「Dear Girlは眠らない」「Ace of Asia」
などなど。
あとダンスがどれもかわいくて。みんなで踊る「SmileyTime」も良かったけど、
「熱愛SOS」の「おっと危ない」のところで2人とも前のめりに転ぶみたいな振付に
なるのと、「僕達だけの物語」で「兎がアリスを」でうさ耳になるの超可愛い。

パンフの内容に触れちゃうからあれなんだけど、内田社長から見た初期の
二人は、冠番組を持った意気込みでラジオの理想形を追う神谷さんと、その
イメージがわからない小野くんっていう構図らしい。確かに初期の頃は聞い
ててきつい回もあるんだよなあ。神谷さんが時々攻撃的に聞こえてしまうこ
ともあって。きっとイライラしてた部分も実際あったんだと思う。
小野くんがその頃のことを「こんなラジオのこともわからない進歩もしない
僕で申し訳なかった」「神谷さんの方から歩み寄ってくれたんです」って言って
たけど、神谷さんが歩み寄ってくれたんだとしても、二人が近づけたのは
小野くんがその場所から逃げなかったからだよね。
その神谷さんは小野くんについて、自分の中にはラジオとはこういうもの
だっていう公式みたいなものがあったけど、小野くんはボタン押しても全然
違う答えが返ってくるから、公式が使えないとわかるまで時間かかったけど、
彼は天才なんですと言っていた。「天才」又は「凡打製造機」「空振りばっか」
とも(笑)。
でも、空振りばっかりで打席に立ち続けるのがどれだけ大変か。きっとその
強さを小野くんが持っていることを理解して、その上でのホームランバッター
としての天才だと言ってるんだと思うな。
一方の小野くんは本当にまっすぐに気持ち伝えるから、こっちもあったかい
気持ちになるよ。「神谷さんがいなかったら、ラジオパーソナリティとしての
今の自分はいない」と神谷さんに深々と頭を下げてお礼を言っていて、神谷
さんは神谷さんでお互い様だよ、と。
小野くんも「みんなの笑顔が好きだからみんなを笑わせたい。でも僕はとり
あえず目の前にいるおじさんの笑顔が好きで笑わせたいんです」って言ったの
最高だったし、アンコールの最後の最後で神谷さんの方から「小野くん、これ
からもよろしく!」って握手の手を指さしのべたの泣けた。
そんな2人が10年かけて築いていったものを一緒に楽しませてもらってるなって。
私はやっぱり、どんなネタより2人がげらげら楽しそうに笑ってるのを聞くのが一
番楽しい。いくらでもガソリンにはなるんで、まだまだ走り続けて欲しいな。

« 大阪有栖川有栖作品聖地巡り | トップページ | 「WILD HALF〜奇跡の確率〜」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/63830316

この記事へのトラックバック一覧です: 6/25・26「DGS EXPO 2016」:

« 大阪有栖川有栖作品聖地巡り | トップページ | 「WILD HALF〜奇跡の確率〜」 »

最近のトラックバック