2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 有栖川有栖「スイス時計の謎」 | トップページ | 大阪有栖川有栖作品聖地巡り »

湊かなえ「夜行観覧車」

「告白」等でお馴染みの湊かなえ著。ドラマ化もしてたはず。
高級住宅街「ひばりケ丘」で、周囲からも羨望の目で見られていた
とある一家で殺人事件が起こる。被害者は一家の父親。加害者は
母親。残された子どもたち、すぐ近所に住む家族間の関係に問題を
抱えた一家、しきりたがりのおばさんなどの視点から、この事件の
あった一家のことが語られていく。

なんだろう。この作品のポイントはやはり「事件の真相」なのかな。
結論から言うと夫の先妻に対抗意識を燃やした後妻である現妻が
先妻の子と同じかそれ以上に実子である次男に学業や医師になる
ことを強要した結果、次男の心が壊れ始め、それを見かねた夫が
口を出したことがきっかけで妻が暴走した…そういうことなのかな。
そして残された子どもたちは、生きて行くために、加害者である
母を情状酌量の余地のある悲劇の妻にするため、亡き父を悪者
にすることを選んだと言う。

自分がラストで微妙な感じを残したのは、最初から自首していた
妻が何のどんでん返しもなく結局犯人だったってところなのかも
しれない。確かにこの一家には色々外からは窺い知れない部分が
あって、それが後半次男の口から語られていくことで妻の心情も
わかっていくんだけど(妻本人が語るシーンはない)、まあ凄い
トリックとか予想外の犯人!とかそういうのはなかったからな。

それと、遠藤家も小島さんも相当やばいけど、最後なんかいい人
風で「残された高橋家の子どもたちを守って行こう」くらいの感じで
終わってたけど、それまで相当非常識な感じだったから全然イメージ
できないや…。さすがに高橋家の長男は「それを利用していってやる」
って考えてたみたいだけどね。
特に彩花ちゃんとか、母親に口の中に土つっこまれて窒息死しそうに
なってよく同じ日のうちに「家族3人でこのケーキ食べよ」とか言えるね?
トラウマにならないの・・・?

観覧車はどこにも進まないけど一回りすれば見方も変わるというタイトル
とからめたテーマは良かったですね。

« 有栖川有栖「スイス時計の謎」 | トップページ | 大阪有栖川有栖作品聖地巡り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/63801183

この記事へのトラックバック一覧です: 湊かなえ「夜行観覧車」:

« 有栖川有栖「スイス時計の謎」 | トップページ | 大阪有栖川有栖作品聖地巡り »

最近のトラックバック