« 6/25・26「DGS EXPO 2016」 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー7月 »

「WILD HALF〜奇跡の確率〜」

【原作】浅美裕子 【脚本・演出】 鈴木茉美
【出演】
サルサ - 平田雄也 タケト - 大野瑞生 阿部祥平 - 桝井賢斗
烏丸 - 米山雄太 田中 - 伊藤孝太郎 王牙 - 登野城佑真 
銀星 - 赤城海斗 タカハシ - 高橋佳大 美也 - ほのかりん
ミレイ - 工藤真由 毬愛 - 粕谷奈美 藤枝 - 井越有彩
山中 - 武田るい 寿文 - 野田一馬 三月 - 佐川祐平
佐々木 - 三木秀甫 武田 - 本田昂也 小夜子 - 葉山美侑
和泉秀司 - 谷佳樹 和泉知子 - 石塚かえで
志弩 - 來河侑希 ウルフ - 福山一樹

舞台DVDを観賞した感想ですが。
かつて少年ジャンプで連載していたこの漫画原作の舞台化、
テニミュを卒業した黒羽くんが出ていたので上演していることだけ
は把握していたのですが、あちらは再演で、この初演の存在に
ついては全然知らなかった…。劇団さんについても、お名前を
ネットで見かけたことあるなーくらい。
でもこちらもテニミュで青学6代目の1年生トリオだった大野くんや
枡井くんが出ていたんですね。そして3rdシーズンで山吹中の
新渡米と喜多を演じた登野城くんと蒼木くん、そして青学8代目
菊丸を演じている本田礼生くんのお兄さんの昴也くんまで!
これはこれで3rdテニミュ好き的にも見どころ満載でした。

さて、私は原作はジャンプ連載時に少し読んでいて基本的な
設定を把握している程度。
主人公健人とサルサ達は既に出会っていて周囲の人間との
関係も出来上がった日常から、タカハシという少年を探す
ワイルドハーフのウルフと、健人の学校に転校してきた不遜な
少年を巡る一連の事件についての物語。

こんなにキャラクター必要だっけ?ってちょっと思っちゃいました。
でも原作ファンからしたら、メインの話にはほぼ絡まなくても色々
なキャラクターの姿が見られた方が嬉しいのかな。
レンタルショップの上の階に住んでるご夫婦とか、主人公の
お兄ちゃんの職場の仲間とかあまり存在意義が感じられなか
ったけど、世界観の体現という意味はあったのかもしれない。
健人とサルサを取り囲む守りたい日常の象徴とでもいうのか。
でもまあ、舞台の規模と比較して人多すぎとは感じたけどね(笑)。

大野くんはテニミュのカツオのときからそうだったけど、声に
透明感があって舞台上でよく通って聴きやすかったし、素直で
まっすぐな健人のキャラクターにも合ってたなあ。彼の芝居を
見たのはカツオ以来初めてだけど、上手いんだなー大野くん。
枡井くんも前半と後半でキャラクターの振り幅が見られて、
良かったです。テニミュの堀尾もだけど、ちょっと小生意気な
表情が似合うよね彼は。
サルサの平田くんはこれが初舞台なんですね。ハイキューの
岩泉で見たとき、実は友人が結構演技について物申していた
のですが、岩泉はぶっきらぼうなキャラクターでセリフも少ない
ので、私自身はそんなに感じていなかったのですが…。
サルサは感情豊かな役だしセリフもとても多いので、まあ友人の
言うこともちょっとわかった(笑)。ま、まあこれ初舞台だもんね…。
王牙の登野城くんは飼い主の女の子に絡んだ寂しそうな表情とか
物言いたげで言葉を飲み込む感じとか、凄くいいね…。後半の
戦闘シーンはめっちゃ跳躍してた。さすが豹!
蒼木くんは健人のクラスメートの豊中と阿部を襲うモブの役。
「あんたのじいさんに会社をつぶされたんだよ!」ってセリフが
すごい印象的(笑)。
本田昴也さんも同じく健人のクラスメートなんだけど、途中で
アクションシーンがあって、めっちゃ動いてた!せっかくアクロで
きる人なのに日常シーンの出番しかないのもったいないなと思って
たら、ここできたかという感じ。狭い舞台で激しく動いててかっこ
よかった。

しかし最近はBDに慣れてしまっているので、画像がだいっぶ荒い…。

« 6/25・26「DGS EXPO 2016」 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー7月 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/63846852

この記事へのトラックバック一覧です: 「WILD HALF〜奇跡の確率〜」:

« 6/25・26「DGS EXPO 2016」 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー7月 »

最近のトラックバック