2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« さよならソルシエ | トップページ | マクロスΔ/ダンガンロンパ/91デイズ/Days »

8/6S「王家の紋章」

原作:細川智栄子あんど芙~みん 脚本・作詞・演出:荻田浩一
作曲・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
出演:浦井健治/新妻聖子/宮野真守/伊礼彼方/愛加あゆ
出雲綾/矢田悠祐/木暮真一郎 濱田めぐみ/山口祐一郎

原作はコミックスが61巻まで出ている少女漫画。未読ですが。
お目当ての新妻キャロルとマモイズミルが観られて良かったです!
その他にもテニミュ青学7代目不二の矢田くんや、劇団四季時代から
大好きな濱田めぐみさんの歌もたっぷり聞けた~!曲数多くて耳が幸せ。
3時間越えの公演だけど、面白いから全然飽きなかったなあ。昔からの
少女漫画らしい展開の早さが1幕のテンポの良さに繋がってるのかも
しれないですね。2幕はむしろ感情面の揺れ動きを歌で重ね重ね訴え
かけられている感じ。とにかくキャロルがヒッタイトに攫われた後の
メンフィス、キャロル、イズミル、アイシスの想いが切々と歌われる…。
みんな歌が上手いから、同じようなキャロルへの愛を延々歌われても
歌…うま…って陶然と聞いていられるね。
そして伊礼くん演じるライアンはただの現代のお兄ちゃんなのか、この
後深く絡んでるのか最後まで読めなかったなあ。

カテコで浦井くんとマモ、ハグしてた!カテコ終わりで捌ける時に、
浦井メンフィスと新妻キャロルが手を繋いでるのを見たマモイズミル
が一回目はくそー!って悔しがって、二回目は濱田アイシス捕まえて
手を繋いで、負けじと見せつけるように濱田さんの腰抱きながら捌けて
行ったの笑ったわ。
あと原作未読だから不確かだけど、よく少女漫画とかでヒロインが
強引な俺様男に細腕を掴まれて後で「悪い…痕になっちまったな」
「平気よ」とかって見るけど、今日の舞台「腕が…折れたわ…!!」
ってキャロル言ってたきがするけど、まじかよ?と思ったら原作通りらしい。
メンフィス落ちつけよって思うし原作ぶっとんでるわ…読むしかねえ。

浦井くんは最近TVドラマの「ニーチェ先生」でコミカルな役で出演して
いるの見たけど、やっぱり彼はミュージカル俳優さんだよう。キャロル
への愛を歌うシーンとか甘い声で素敵でした。
そして帝劇初の宮野マモめっちゃミュージカル俳優してて声量素晴らし
かった!やっぱり個人のライブでいくつも大きい会場埋めてるような人は
違うなあ。
矢田ちゃんは間違いなく今後東宝舞台のお仕事たくさん来るで…。
いい意味で、初々しさみたいの無くて凄く堂々としてて安心感ありました。
濱田さんはアイーダ味もあればエルファバ味もあり、女の情念を演じ
歌わせたらさすがっす!って感じ。

最後が二人の結婚式で終わったんで、普通だったらここで大団円で
終わるんだろうけど、原作ではまだまだこの後続くんですよね。
衣装も長衣が長身キャストに映えて素敵だったし、続編あったらまた
見たいな。

« さよならソルシエ | トップページ | マクロスΔ/ダンガンロンパ/91デイズ/Days »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/64021982

この記事へのトラックバック一覧です: 8/6S「王家の紋章」:

« さよならソルシエ | トップページ | マクロスΔ/ダンガンロンパ/91デイズ/Days »

最近のトラックバック