« 「QUARTET NIGHT LIVEエボリューション 2017」 | トップページ | 3/18MS「さよならソルシエ」 »

知念実希人「時限病棟」

父親が「お前が好きそうな本だぞ!」ってくれた本なんですが、読んで
みると閉鎖空間に監禁されて命がけのリアル脱出ゲームをやるという、
いかにも私が好きそうな設定でした(笑)。

監禁された5人の男女に共通するある医師の自殺。ゲームの謎ときと
共に医師の自殺についての真相も次第に明らかになり、5人を集めた
真犯人の目的も明かされていく。
事件を外部から追う刑事たちが説明要因としているので、真犯人の正体は
察することができるんだけど、患者の正体とかはびっくりしましたね。

個人的にはせっかくリアル脱出ゲームなら読者にももっと推理、という
よりはパズルに近いですが、謎ときをさせて欲しかったです。あともっと
ぐいぐい面白い謎を出してきて欲しかった~!あとリアル脱出ゲームが
大好きだと言うヒロインが「リアル脱出ゲームではこういう場合~」とか
戦闘に立って謎ときを進めているのがちょっと面白かった…!

でも読みやすかったので、エンタメ本としては楽しめました。

« 「QUARTET NIGHT LIVEエボリューション 2017」 | トップページ | 3/18MS「さよならソルシエ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/65015770

この記事へのトラックバック一覧です: 知念実希人「時限病棟」:

« 「QUARTET NIGHT LIVEエボリューション 2017」 | トップページ | 3/18MS「さよならソルシエ」 »

最近のトラックバック