2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 4/19S「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」 | トップページ | ミュージカル「Dance with Devils」 »

桜木紫乃「凍原」

父親からのオススメ、桜木紫乃を読むぞのシリーズ。
珍しく副題で「北海道軽釧路方面本部刑事第一課・松崎比呂」と
シリーズ名のようなものがついています。
湿原に落ちたと思われる弟の失踪を受けて後に刑事になった女性が、
ある殺人事件の捜査を進めて行くうちに、被害者が追っていたある
女性の軌跡を追うことになる。

やはりこの作者が描きたいのは女の生き様なんだな。
第二次世界大戦末期に樺太引揚後、逃亡途中に出逢い殺したロシア人
兵士との子を同行者に預け、ホステスを経て魚屋の跡取り息子の妻に
おさまった長谷部キク。
そこで助手をしていた「さっちゃん」が彼女と入れ代わり、やがて染物で
名を馳せていく。
個人的には長谷部キクの人生、想いをもっと知りたかったな。最後に被害者
と主人公たちが辿りついたのは入れ替わった別人で、彼女には彼女の人生
があったとは思うんだけど、一人の男を見殺しに、一人の男をその手で殺し、
実の子を捨てて生きてきたキクの想いをもっと掘り下げてみて欲しかったな。
被害者が追っていたキクの人生が後追いする形で示され、「人間の証明」の
ような面白さがありました。

ただ、他でも言われてるけど真犯人の動機が読みにくい。あと先輩刑事は
結局惚れた女とその子可愛さに主人公のことを裏切っていたのがちょっと。

この人の小説は相変わらず冷たく湿った、決して明るく楽しい話ではない
んだけど、表現とか上手いなって思わされるがあって読み進めてしまうね。

« 4/19S「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」 | トップページ | ミュージカル「Dance with Devils」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/65183155

この記事へのトラックバック一覧です: 桜木紫乃「凍原」:

« 4/19S「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」 | トップページ | ミュージカル「Dance with Devils」 »

最近のトラックバック