2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 舞台版「ロードス島戦記」 | トップページ | 4/19S「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」 »

ミュージカル『薄桜鬼』土方歳三 篇

[スタッフ]
原作:オトメイト(アイディアファクトリー・デザインファクトリー)
脚本・演出・作詞:毛利亘宏
[キャスト]
出演:土方歳三:矢崎広 雪村千鶴:菊地美香 / 沖田総司:廣瀬大介
斎藤一:松田凌 藤堂平助:池田純矢 原田左之助:小野健斗
永倉新八:宮﨑秋人 近藤勇:井俣太良(少年社中) 山南敬助:味方良介
山崎烝:河原田巧也 大鳥圭介:前内孝文 天霧九寿:小林且弥
不知火匡:柏木佑介 雪村綱道:江戸川卍丸 / 風間千景:鈴木勝吾

前の記事の「ロードス島戦記」もそうなんですが、せっかく登録して配信で
見られるようになったので、色々視聴してみることにしました。「薄桜鬼」の
シリーズは廣瀬くんが主演の沖田総司篇だけ見たのですが、それから
各攻略キャラを主人公に据えたシリーズが続き、またキャスト変更も結構
あったんですよね。いまはテニミュ2ndで千歳役だった東くんが主演の
原田左之助篇が上演中だったかと思います。

本作はゲームのメイン攻略キャラであった土方歳三編として、蝦夷に向かった
土方が新撰組との記憶や千鶴との出会いを振り返って大鳥に語る形で進み
ます。

や、面白かった。やっぱり土方篇ってこのゲームのメイン張るエピソードだけ
ある。というか新撰組を描くなら、誕生からその終末までを見届けた土方歳三
だなってしみじみ思った。戦況が悪化して敗走して次々に隊士が倒れていく
なかで誠の旗を背負って件を振るい続けるっていう。
1幕の最後に羅刹化した土方と風間の戦闘の熱、武士の紛い物と言われた
新撰組と鬼の紛い物と言われた羅刹、どちらも貫けば真になるし、本物をも
上回ることができるっていうことの体現たる戦いを、他の隊士たちがバックで
歌う中で見せてくるの胸熱でした。
しかしこれはメリバなのかな?羅刹になった土方の寿命は長くはないけど、
二人は寄りそって生きて行く…羅刹絡みとは別で、戦況がどうなるのかって
のも描かれてないので史実通り五稜郭で死んじゃう可能性もあるわけだけど。

落ち水を飲んだ前後の山南さんを演じた味方くんの歌の上手さ!テニミュの
頃から歌は上手かったけど!最近味方くんの舞台見られてないけど、ミュで
また見てみたいなと思いました。
他のキャラも声をちゃんとキャラに寄せててさすがだな~。2.5舞台の初期の
頃から上演されててシリーズが続いてるだけある、拘りが感じられました。
千鶴は菊池美香さんなんですね。映像だとアップで映るのでもうちょっと若い
子の方がいいかな~なんて失礼なことも最初思っちゃいましたけど、歌や
お芝居がさすがの上手さで、土方とのしっとり落ち着いた雰囲気もよく出てまし
たね。

« 舞台版「ロードス島戦記」 | トップページ | 4/19S「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/65159562

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル『薄桜鬼』土方歳三 篇:

« 舞台版「ロードス島戦記」 | トップページ | 4/19S「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」 »

最近のトラックバック