2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

ミュージカル『薄桜鬼』黎明録

[キャスト]
出演:井吹龍之介役:白又敦、土方歳三役:佐々木喜英、沖田総司役:荒牧慶彦
斎藤一役:橋本祥平、藤堂平助役:小澤廉、原田左之助役:東啓介
永倉新八役:猪野広樹、山南敬助役:輝馬、山崎烝役:高崎翔太
近藤勇役:井俣太良/芹沢鴨役:窪寺昭、雪村綱道役:江戸川萬時
新見錦役:篠﨑功希

[スタッフ]
原作:オトメイト(アイディアファクトリー・デザインファクトリー)
脚本・演出・作詞:毛利亘宏/音楽:佐橋俊彦/振付:本山新之助

そういえば黎明録も舞台化してたんでしたね。アニメは見てたんだけど、キャラ以外
だいぶ話忘れてました…。芹沢さん病気かなんかでした?錯乱するって一体どんな
病気…?って思いながら観てました。
千鶴ちゃんが新選組と出逢う前の、まだ彼らが壬生浪士組と呼ばれていた時代なの
で、当たり前だけど山南さんは羅刹になってないし、沖田は労咳になる前で元気だし、
平助たちもいるしで凄く平和だよね。まぁ代わりに芹沢がいるんだけどさ。
ヒロイン不在なので恋愛要素はなく、龍之介が後に新選組となる土方たち浪士組と
出会い、彼らと共に過ごしてその生きざまに触れるなかで、自らの生き方を見つめ
直すお話。
原作ゲームも、あくまで描かれるのは龍之介から見た新選組であって、龍之介は
結局傍観者みたいな立ち位置らしいんだけど、舞台もそんな感じかな。龍之介が
芹沢を庇おうとする心情が、時間が足りなくてちょっとわかりにくい気はしたけど。

龍之介は山崎と友情を育んでいくんですが、2人とも根が真面目なのでなんだかんだで
性格合いそう。
舞台版ではそこまで描かれてないけど、アニメでは龍之介は山崎の最期に立ち
会ったりするし、新選組を抜けた後に絵師として江戸で小鈴(舞台版には出てこない
龍之介の恋人)と暮らしてるところに千鶴達が行く話もあって、本当にわりと新選組を
見届けたところあるよなぁ。 

そしてキャストはまた随分変わってた!初演から出演が続いてるのって山崎と局長くらい
かな。だけど私、沖田は荒牧くんの方が好みです。黎明録の時期ってのもあるけど、
近藤が大好きで土方に素直になれない子どもっぽさがあって可愛かった!
あと斎藤との双璧っぷり!
芹沢に抑えつけられて思うように動けなかったり、弟のように思う沖田が人を斬ることを
よく思えなかったりする近藤や土方や、怜悧な中で揺れる山南とか全体的に若いよね。
芹沢という強烈な存在に突き動かされて彼らが覚悟を決めて行くお話でもあるのかな。

そしてキャストがだいぶ変更したからか、楽曲の雰囲気も変わったかな?OPのメイン
テーマも変わったと思ったら、浪士組が新撰組の名前を賜ったところであのイントロが
流れてヤイサ歌うの凄くいい演出だね。続きの2幕からは耳馴染みのあるBGMも使われ
て、シリーズのファンもこれは嬉しいと思う!テンション上がった!
新選組を守るための戦いである土方VS芹沢戦のクライマックスでも流れたね。まさに
「新選組」のテーマなんだな。

黎明録といえばアニメ円盤の特典映像で、土方が風邪をひいたときの話が好きです。
みんなが色々持ち寄って集まるやつ。三木さんの土方の「(薬は)斎藤が買ってきて
くれた」「(お粥は)総司が作ってくれた」「(書簡整理は)平助がやってくれてる」って、
いつもより少し弱い声で淡々とでも優しく答えるシーンが好き。あれもこの黎明録の
時期の話なんだなあ。

ラウンドワ×「アイ☆チュウ」コラボルーム

池袋のラウンドワンで開催中の「アイ☆チュウ」とコラボしたカラオケルームに行って
きました!
「アイ☆チュウ」とは、最近はやりのスマホアプリゲーム。
プロデューサーであるプレイヤーがアイドルの途中、卵であるキャラクター達を育成
していくというストーリーです。
私はもともとアプリゲームは全くやらないのですが、「アイ☆チュウ」は舞台化が決まって
いて、テニミュで新渡米先輩を演じていた登野城くんがキャスティングされたのでチケットを
取っていたところ、「アイ☆チュウ」好きの先輩が舞台観劇に備えたレクチャーをしてくれた
のです。CDや本を借りたりとか!そしてこのコラボルームへのお誘いもその一環でした。

というわけで、コラボルームはこんな感じ。

Dsc_0419

Dsc_0420

Dsc_0422_3

Dsc_0424_3

壁面にはキャラクターのイラスト。テレビ画面はなくて、プロジェクターで壁に映像を
投影する仕掛けになっています。これ、テレビより大きいし見やすいし、写真のように
②方向に展開するように投影されてて臨場感ありますねー!
ライブ映像とかこれで見たら楽しいんじゃないかな~!

コラボルームでは「アイ☆チュウ」ゲーム中の楽曲紹介などの4種類の特別映像が
見られます。コラボドリンクや必ずもらえる缶バッヂやくりあファイルもありました…が、
それは全て先輩にお譲りしました(笑)。
いくつか曲覚えたし、これ舞台のカーテンコールで歌いそう!って曲も把握したので、
9月に舞台を見るのも楽しみになりました。先輩からCDもまた頂いちゃったしね!
予習しよ!

 

夏旅行を検討中

毎年の夏旅行、今年は関西方面になりそうです。大阪・神戸あたり。
大阪はなんやかんやでよく行くのですが(遠征とかね・笑)、神戸って
ずっと候補地に上がりながらもなかなか実現しなかった地なので、
わりと「遂に!」って感じですね。洋館見たりとか、神戸牛や美味しい
パンとかを食べたいなと思ってます。
大阪は大阪城関係・真田丸を復習したいところ。

それとは別に秋に京都行く計画も立てていて。あ、こちらも関西ですね。
京都旅行も何度も行ってるんだけど、意外と幕末関係の場所見てない
なって。せっかくだからその辺りを見てきたいですね。新選組とか。

どっちも歴女っぽいですね

「男水!」

[スタッフ]
原作:男水!(木内たつや/白泉社『花とゆめ』)/脚本演出:吉谷光太郎
[出演]
松田凌、宮崎秋人、安西慎太郎 / 赤澤燈、佐藤永典、小澤廉、黒羽麻璃央
池岡亮介 / 神永圭佑、齊藤教兵、奈須田雄大、津嘉山寿穂、櫻井圭佑
上村海成 / 河野洋一郎 / 廣瀬智紀

知ってる若手俳優がたくさん出演しててずっと観てたドラマ版「男水!」、てっきり
舞台版はドラマの先の展開を描くのかと思ってたら、基本的には同じ流れでしたね。
川崎が東ケ丘のコーチになってから都大会決勝まで。
ドラマ版を見てると、ドラマで数時間かけての物語がダイジェストになってる感じは
してしまったけど、まぁ仕方ないよね。決勝戦に時間を割かれてて、秀平VS平と
大樹VS礼央は迫力あったしね。あとドラマ版だと秀平VS平の決着は不明のまま
だった気がするんだけど(秀平が泳ぎながらてっぺんの天井を見つめて終わる)
今回はちゃんと勝敗がついてましたね。気になってたんだぁ。

水泳シーンをどう演出するのかなって思ってたんだけど、プロジェクションマッピングや
フラッグ、弱ペダのように姿勢を屈めて泳ぐ形を表現してました。プールサイドの
台の下が空洞でLEDみたいな蛍光っぽく青く光ってて、プールサイド際に人が来た
ときに体にそのライトが映るの、水面の揺れが映るみたいで綺麗だったな。

演出が「金色のコルダ」などを手掛けていた吉谷さんで、今の会話と過去の回想の
言葉が交差するの、コルダで見たやつ!ってなりました。
川崎さん当たり前だけど舞台版らしくドラマ版より動きが大きくて、叫びにも
ドスが効いてたな。
そして麻璃央くんの部長さん、実力あって気さくで余裕があってかっこよかった!

「薄桜鬼」

ミュージカル版を見たらゲームどんなんだろってちょっとやりたくなって
敢えてVitaで出てるリメイクじゃなくて、PS2からの移植版であるPSP版
をやってみました。
まぁまず、カズキヨネ先生のイラストがめっさ綺麗なのな!キャラも美麗!
音楽はなんかいつも不穏な音楽がどんどこしてた気がする。話自体が
暗い(早々に新撰組における絶頂期である池田屋事件があって、その
後はジリ貧で情勢悪化)し、周囲のキャラも死ぬしで仕方ないんだけど。
ヒロインの千鶴ちゃん、完全に守られヒロインで相手の為を想ってした
行動が裏目に出て助けに来た男キャラが危険に晒されるパターンが
多いので、わりと叩かれがちなのは知ってたんですが、まぁ年若い
女子なんてこんなもんじゃないのって気もします。
ただ鬼の娘で護身術も習ってたっていう設定があまり活かされてない
(羅刹に血を与えるくらい)し、傷の治りが異様に早いって自覚してて
今までどう思ってたのかとはつっこみどころはありますけどね。
このゲーム版だと桑島さんのボイスはつかないのが残念。

土方歳三
ザ・メインルート!本作の縦軸である新撰組の生き様と横軸である鬼と
人との関係が絶妙に絡まり、タイトルでもある「薄桜鬼」が出てくる(風間が
土方に鬼の名前を与える)エピソードでもある。そしてミキシンのべらんめえ
美声が聞き放題でもある。そして単純に顔がかっこいいからSUKIになって
しまう。
新撰組は武士の紛い物、羅刹は鬼の紛い物だけど、貫けば真になるって
いうのが本作の主題だと思うんだけど、やっぱり新撰組をモチーフにしてる
からには函館戦争まで描いた土方を追うルートだよな!って思います。
ボリュームもあるし設定も生きてるし、話として一番綺麗にまとまってる。
あと他のキャラについてもそうなんだけど、千鶴が羅刹に血を吸わせる
シーン、うなじなのえろくない?えろくない?

沖田総司
一番好きなキャラでした沖田。よくある子どものように無邪気かつ残酷な
キャラ設定じゃないところが良かったというか、年若いのに意外と周りを
見てるし察しのいい人だよね。近藤(と土方)が絡むときだけ生来の幼さ、
弟分としての甘えが出てたけど。
土方編が常に前線で、新撰組の表舞台に立ち続ける話だったから、屯所で
お留守番の多い沖田編はその裏側の物語になってて面白かった。
森久保さんの声も最近よろしくマッチョッチョ!みたいな陽気なお兄さん
ばっかり聞いてたきがするから、こういう抑えた若いキャラの声いいなぁ、
上手いなあと思ってしまった。舞台で見た時より優しい印象でもあった。
どのキャラもラストまでには羅刹になって、空気と水の綺麗な北の地で
延命しながら千鶴と2人で残された日々を過ごすってパターンなんだけど、
沖田の労咳は治ってません設定、結構辛くない?羅刹化でどれだけ寿命を
前倒ししてるのかわからないけど、労咳って普通発症から数年ってとこ
でしょ。だから沖田編だけ千鶴も羅刹化したのかな?まぁ、モノホンの、
しかも純血の鬼である千鶴に下位互換の羅刹化って意味分からないんだ
けど、これで仮に千鶴の寿命も短くなってるなら、沖田の死後そう間を
置かず後を追えるよねみたいな…気遣い…?
ただ、羅刹化して労咳の咳も止まってたのも事実みたいだし、本当のとこ
どうなんだろうね?
あと個人的に南雲薫の、双子の妹なのに自分だけ安穏とした生活を送って
たの許せないから色々酷いことするけど、妹に自分と同じだけの絶望を
味あわせたあと「やっと対等になれたね」って自分の計画に乗るよう手を
差しのべる発想、嫌いじゃない…。

斎藤一
低音でぼそぼそ喋るタイプだから、時々イヤホン外してプレイしてると
声が聞き取りにくかった…鳥さんごめん。
斎藤が会津に残ると決めた時の刀なき武士を選ぶっていう選択の例え
ちょっとわかりにくかった。刀は新撰組の仲間で、武士は脱藩して行き場を
なくした自分に新撰組という場所をくれた存在?
千鶴が羅刹に血を吸わせるシーン、斎藤は耳たぶなのちょっとマニアック
で良いと思いました!
最後に平助と新八と左之介が助けに来てくれて、4人がかりで風間を倒すの
NICE!。4人がかり(内2名は羅刹)なら風間も倒せるんだな。いやもっと
実力差あるのかと思ってた。
エンディングで名前で呼ばないと返事してくれない一くん可愛いかよ。
それと山南さんってルートによって裏切りを装っていたり、本当に裏切って
たりしてるね?

藤堂平助
というわけでよっちん君の声も若々しく聞こえる平助くんです。平助が刀を
振るう理由って土方のように新撰組のためでも沖田のように近藤のためで
でも斎藤のように武士としてあるためでもなく、佐幕派の新撰組と尊王攘夷
派の御陵衛士の間を行ったり来たりして迷って、それで辿りついた答えが
千鶴を守るためってのが、いいよね。
それと、千鶴の血を吸うシーンの平助の顔が舞台版の池田純矢くんに似て
た!薄桜鬼のイラストって口角上がってるデザイン多いから、キャストも
廣瀬くんとか池田くんとか口角上がり役者がそろってる気がする、矢崎くん
の土方はそうでもない…。
しかし藤堂って山南の後に羅刹になってるから、体がもたなくなるのも他の
攻略キャラより早い気がするんだけど。でも逆に鬼とはマジバトルしてない
(風間とはは共闘)ので、鬼化はしてない分、寿命は削られてないのかもしれ
ない。これでトントン…?
山南さん羅刹になってから3年経つけどまだ生きてるって設定だったし、
千鶴と攻略キャラの残りの日々を考えてしまうわ

原田左之助
メインキャラで唯一人間のままエンディングを迎える左之さん。ラストも千鶴と
2人異国へ移住して(いまいちどこかわからんけど)、子どもも出来て、勿論
羅刹じゃないから人生を全うできるだろうし、何の憂いもないハッピーな
エンディングです!こういうの1こくらいあってもいいよね!
ラスボスは新八かと思ったけどちがった。よかったよかった。
遊佐さんってインテリ鬼畜系のキャラで聞くことが多かったから、こういう
ノリのいい明るい、でも人の機微を察することのできる年上キャラって初めて
聞いたけど、さすがですな。平助・新八と三馬鹿トリオ扱いされてるけど、
新八の脱退について土方と2人で話してるあたり大人な人だよね実際。
千鶴が「自分がいると迷惑がかかる」って屯所を抜けだそうとするエピ、二次
なら死ぬほどありそうだと思ってたけど意外と原田編しか出てこなかったね。
でも定番だからこそいいネタと思います。

というわけで随想録にいきます!ごめんな風間!

Uchi cafe SWEETS×GODIVA

LAWSON

久しぶりにロールケーキのカテゴリー使った(笑)!
しかもコンビニスイーツで…といいたいところだけど、これ400円弱する
ので下手なケーキよりよっぽどお高い。さしGODIVAといったところかな。
クリームは甘すぎず、底にはジャンドゥーヤの層や砕いたクレープ生地
があって、ザクザクした食感もいい。

ミュージカル「薄桜鬼」藤堂平助編

【原作】:オトメイト(アイディアファクトリー・デザインファクトリー)
【脚本・演出・作詞】毛利亘宏
【出演】藤堂平助:池田純矢 雪村千鶴:田上真里奈  土方歳三:井澤勇貴 
沖田総司:廣瀬大介 斎藤一:橋本祥平 原田左之助:五十嵐麻朝
永倉新八:宮﨑秋人 近藤勇:井俣太良(少年社中) 山南敬助:味方良介
山崎烝:高崎翔太  天霧九寿:郷本直也 不知火匡:柏木佑介 
雪村綱道:江戸川萬時 千姫:柳田衣里佳  風間千景:鈴木勝吾

今回結構主要キャスト変わりましたね。
井澤くんの土方は眼力が濃い。顔が力強い。矢崎くんのわりと平たい顔を
見続けたのでなんか不思議…。橋本くんはお目目ぱっちりで可愛かった…。
しかし藤堂平助編は、等身大の少年少女の恋愛で可愛いですね。
千鶴も唯一タメ口だし君呼びだし。平助の戦う理由がシンプルに千鶴を
守るためっていうのもボーイミーツガールな感じだし。御陵衛士関係の
シーンがあるのは藤堂編ならではでした。
あとこれはもう初演からだけど、池田くん声すっごくよっちん君に寄せて
るよね。他のお芝居見たことないから、地声との違いはわからないけど。
あと千姫が謎だよね…?千鶴の代わりに風間の子を産む発言とか。なんか
裏あるのかと思ったけど普通にいい人だった。なんか女装の南雲薫と
混ざってたわ。そして嫁を子を産むだけの存在と思ってない答える風間、
現代の時流わかってるなと思いました!っていうか最後の方、いい感じ
だったので2人、くっつけば誰も傷つけないハピエンでは?
そしてついに山南さんがちゃんとラスボスになったんだね。毎回敵方に
廻ったと思わせといて実は味方ってパターンだったのに。

これで一通り薄桜鬼シリーズで配信されてるやつは観たかな。ライブは
観てないけど。いまのところ、やっぱり土方編と藤堂編が面白かったな。

6/3S「ハイスクール!奇面組」

【原作・監修】新沢基栄 【脚本】田中大祐 【構成・演出】なるせゆうせい
【出演】
一堂零:平野良 冷越豪:寺山武志 出瀬潔:もう中学生
大間仁:高木晋哉 物星大:鳥越裕貴

河川唯:松田彩希 宇留千絵:東理紗
事代作吾:なだぎ武 若人蘭:花原あんり 伊狩増代:奈良岡にこ
雲童塊:才川コージ 似蛭田妖:葉山昴 切出翔:佐藤友咲
天野邪子:柴小聖 御曹司:鈴木勤 太鼓持大:森本亮治
うしろゆびさされ組:上田芽依、小林都
よろづ組:佐藤輝、鈴木そぼく、中村翼、川畑亮人

「ハイスクール奇面組」の舞台を見てきました。「パタリロ!」に続き、最近
昭和のギャグ漫画の舞台化がブームなのかな?舞台化、キャラクター
ビジュアルの発表からずっと楽しみにしてました!ソルシエで気になって
た平野くん主演になるとはー!ってものあったしね。
奇面組はアニメはちょこちょこ見てて、原作の漫画は中学生か高校生くら
いの頃に読んだきりだったんだけど、観てるうちに色々思いだしてきて
懐かしかったな。奇面組と女子2人以外記憶が曖昧だったんだけど、
雲童塊とか似蛭田妖とか、ああいたわいたわー!ってなりました。
アニメではうしろ指さされ組が歌うOPが凄く好きで、映像も本編がギャグ
なのにOPはほんのり恋愛風味なんだよね。個人的に「あなたを知りたい」
のOPが唯ちゃんとお面を被った零さんらしき男性の手が触れそうで触れ
られないやつでいっそ少女漫画だった…。
今回もOPで「うしろ指さされ組」歌うんだけど、アニメのサビでもあった
唯ちゃんと千絵ちゃん+ギャグサイズの奇面組が腕を後ろに回して踊る
振付のダンスあって、これ聞きたかったやつ!めっちゃ嬉しかった!
「趣味が悪いねと周りの友達は言うわ」「あいつは駄目なやつとレッテル
貼られたって世界で私だけはあの人を好きでいたい」って凄く唯→零な
歌詞だよね!?

キャラクター達のビジュアルもさることながらセリフの掛け合いがほんと
原作のテンポの良さを再現してて楽しかった。あと昭和ギャグね!
ずっこけ方とかネタにネタを重ねる天丼とか圧倒的に80年代です。
平野くんの零くん前に見たフィンセントと違いすぎて役者としての振り幅に
驚いたし(とは言え彼は一氏ユウジ…)、テラの豪くんの決めポーズの姿勢
完璧だったし、鳥越くんの大くんなんかお尻半分くらい見えてる衣装だし
あざとい動きと相手の股間を掴みに行くオカマネタに迷いが無くて凄かった!
潔と仁役のお二人はお笑い芸人さんみたいで、アドリブとかも声だして笑っ
ちゃったし、でもまあ中の人ネタはあまりいらなかったけどね(笑)。
なだぎさんの経験値の高さはさすがさすがで、各方面へのフォローが冴え
渡ってました…。
そして唯ちゃんと千絵ちゃんと蘭先生可愛かったな。あと、豪千絵でした!
零唯より全然多かったのでびっくり!次回公演があったらぜひ零唯もお願い
したい…こっちも公式だから…。

原作グッズも豊富な物販とても賑わっていて、そうだよね奇面組のグッズは
アニメイトとかにないし、原作ファンの人なら今ここで金落としたいよね!って
話をしたんですけど、それは俳優やアイドルオタの発想だと言われました…
え、ファンはみんなそうかと思ってたー!

ミュージカル「薄桜鬼」風間千景編

【原作】:オトメイト(アイディアファクトリー・デザインファクトリー)
【脚本・演出・作詞】毛利亘宏
【出演】風間千景:鈴木勝吾 雪村千鶴:富田麻帆  沖田総司:廣瀬大介
斎藤一:松田凌 藤堂平助:池田純矢 原田左之助:五十嵐麻朝
永倉新八:宮﨑秋人 近藤勇:井俣太良(少年社中) 山南敬助:味方良介
山崎烝:高崎翔太 / 天霧九寿:郷本直也 不知火匡:柏木佑介
雪村綱道:江戸川萬時 / 土方歳三:矢崎広 他

配信映像で見る2.5舞台シリーズ。薄桜鬼において主人公サイドである新撰組の
敵役であった鬼の風間千景編です。
いや、なんかみんな安定してるね?そもそも主役の鈴木くん自体が本シリーズ
最初の公演から歌も芝居も安定してるし、最初の頃特に歌が…って思ってた
キャストも、公演シリーズ重ねてるうちに上手くなってたんだな…!前公演で
歌った曲をまた歌う場面があるからかもしれないけど。
だから全体的に凄く見やすかったというか話に集中できました。

今回から?なのかローアングルでの映像がいい感じでカットインして、殺陣に
迫力がありますね!今回のメインじゃない役にも見せ場がちゃんとあるのも
良い!
ちなみに私はゲームをプレイしていないので、風間サイドの事情とかよくわか
らないでいたので観ていたのですが、人間に一族を滅ぼされたことを知る千鶴
が鬼と人の狭間で惑うっていうね。薄桜鬼ってやっぱり幕末を生きる新撰組が
縦軸、鬼と人の関係が横軸のお話だから、今回は後者にスポットが当てられて
たなと。
風間と千鶴は他の攻略キャラみたいに恋愛関係になるわけじゃないんだね。
決別というか、風間は千鶴のことを想ってたし千鶴も確かに心動かされた瞬間は
あったけど、鬼の誇りを胸にしたまま人の中で生きるという。まあ風間に新撰組
メンツ殺されてるからね。ここでホイホイと風間とくっついたら感じ悪いのもある
かもしれないけど。でもこれゲームの風間ルートとは違うっぽい。

いつも実力あるキャストが来る千鶴ちゃんは役は富田さんなんですね、コゼット
やってた子だ!歌の上手さと演技と若さのバランスが取れてて良かったな。
矢崎くんは三木さんの声色や言い回し、芝居についても毎回うまいと思います。
土方VS風間は今回も良かったなあ。やっぱあそこは縦軸と横軸が交差するこの
ゲームのメインストーリーだもんな。近藤さんと土方さんのデュエットのサビはなぜ
英語なんでしょうかね文明開化だからかな…?
歌関係で言えば羅刹になった平助と千鶴の切ないデュエットなんであんなにラテン
のダンサブルナンバーなの…?文明開化…(二度目)?
山崎も出番というか見せ場多くていいね。高崎翔太くんはこういう静かで冷静な
役も似合うから不思議。そして羅刹ウィッグへの早替えすごい!
それにさりげなく不知火と高杉晋作はお友達だと初めて知った!不知火と原田が
友情育んでいるし…これは最近上演してた東くん主演の原田編では不知火関係
もフューチャーされてるのかな?

懐かしい~!

懐かしい~!
ハイスクール奇面組、観てきたよ

鉱石ラジオスケジューラー6月

・ハイスクール!奇面組

今月の観劇予定は1本のみ!

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

最近のトラックバック