2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« ラウンドワ×「アイ☆チュウ」コラボルーム | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー7月 »

ミュージカル『薄桜鬼』黎明録

[キャスト]
出演:井吹龍之介役:白又敦、土方歳三役:佐々木喜英、沖田総司役:荒牧慶彦
斎藤一役:橋本祥平、藤堂平助役:小澤廉、原田左之助役:東啓介
永倉新八役:猪野広樹、山南敬助役:輝馬、山崎烝役:高崎翔太
近藤勇役:井俣太良/芹沢鴨役:窪寺昭、雪村綱道役:江戸川萬時
新見錦役:篠﨑功希

[スタッフ]
原作:オトメイト(アイディアファクトリー・デザインファクトリー)
脚本・演出・作詞:毛利亘宏/音楽:佐橋俊彦/振付:本山新之助

そういえば黎明録も舞台化してたんでしたね。アニメは見てたんだけど、キャラ以外
だいぶ話忘れてました…。芹沢さん病気かなんかでした?錯乱するって一体どんな
病気…?って思いながら観てました。
千鶴ちゃんが新選組と出逢う前の、まだ彼らが壬生浪士組と呼ばれていた時代なの
で、当たり前だけど山南さんは羅刹になってないし、沖田は労咳になる前で元気だし、
平助たちもいるしで凄く平和だよね。まぁ代わりに芹沢がいるんだけどさ。
ヒロイン不在なので恋愛要素はなく、龍之介が後に新選組となる土方たち浪士組と
出会い、彼らと共に過ごしてその生きざまに触れるなかで、自らの生き方を見つめ
直すお話。
原作ゲームも、あくまで描かれるのは龍之介から見た新選組であって、龍之介は
結局傍観者みたいな立ち位置らしいんだけど、舞台もそんな感じかな。龍之介が
芹沢を庇おうとする心情が、時間が足りなくてちょっとわかりにくい気はしたけど。

龍之介は山崎と友情を育んでいくんですが、2人とも根が真面目なのでなんだかんだで
性格合いそう。
舞台版ではそこまで描かれてないけど、アニメでは龍之介は山崎の最期に立ち
会ったりするし、新選組を抜けた後に絵師として江戸で小鈴(舞台版には出てこない
龍之介の恋人)と暮らしてるところに千鶴達が行く話もあって、本当にわりと新選組を
見届けたところあるよなぁ。 

そしてキャストはまた随分変わってた!初演から出演が続いてるのって山崎と局長くらい
かな。だけど私、沖田は荒牧くんの方が好みです。黎明録の時期ってのもあるけど、
近藤が大好きで土方に素直になれない子どもっぽさがあって可愛かった!
あと斎藤との双璧っぷり!
芹沢に抑えつけられて思うように動けなかったり、弟のように思う沖田が人を斬ることを
よく思えなかったりする近藤や土方や、怜悧な中で揺れる山南とか全体的に若いよね。
芹沢という強烈な存在に突き動かされて彼らが覚悟を決めて行くお話でもあるのかな。

そしてキャストがだいぶ変更したからか、楽曲の雰囲気も変わったかな?OPのメイン
テーマも変わったと思ったら、浪士組が新撰組の名前を賜ったところであのイントロが
流れてヤイサ歌うの凄くいい演出だね。続きの2幕からは耳馴染みのあるBGMも使われ
て、シリーズのファンもこれは嬉しいと思う!テンション上がった!
新選組を守るための戦いである土方VS芹沢戦のクライマックスでも流れたね。まさに
「新選組」のテーマなんだな。

黎明録といえばアニメ円盤の特典映像で、土方が風邪をひいたときの話が好きです。
みんなが色々持ち寄って集まるやつ。三木さんの土方の「(薬は)斎藤が買ってきて
くれた」「(お粥は)総司が作ってくれた」「(書簡整理は)平助がやってくれてる」って、
いつもより少し弱い声で淡々とでも優しく答えるシーンが好き。あれもこの黎明録の
時期の話なんだなあ。

« ラウンドワ×「アイ☆チュウ」コラボルーム | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー7月 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/65477053

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル『薄桜鬼』黎明録:

« ラウンドワ×「アイ☆チュウ」コラボルーム | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー7月 »

最近のトラックバック