« 懐かしい~! | トップページ | ミュージカル「薄桜鬼」藤堂平助編 »

ミュージカル「薄桜鬼」風間千景編

【原作】:オトメイト(アイディアファクトリー・デザインファクトリー)
【脚本・演出・作詞】毛利亘宏
【出演】風間千景:鈴木勝吾 雪村千鶴:富田麻帆  沖田総司:廣瀬大介
斎藤一:松田凌 藤堂平助:池田純矢 原田左之助:五十嵐麻朝
永倉新八:宮﨑秋人 近藤勇:井俣太良(少年社中) 山南敬助:味方良介
山崎烝:高崎翔太 / 天霧九寿:郷本直也 不知火匡:柏木佑介
雪村綱道:江戸川萬時 / 土方歳三:矢崎広 他

配信映像で見る2.5舞台シリーズ。薄桜鬼において主人公サイドである新撰組の
敵役であった鬼の風間千景編です。
いや、なんかみんな安定してるね?そもそも主役の鈴木くん自体が本シリーズ
最初の公演から歌も芝居も安定してるし、最初の頃特に歌が…って思ってた
キャストも、公演シリーズ重ねてるうちに上手くなってたんだな…!前公演で
歌った曲をまた歌う場面があるからかもしれないけど。
だから全体的に凄く見やすかったというか話に集中できました。

今回から?なのかローアングルでの映像がいい感じでカットインして、殺陣に
迫力がありますね!今回のメインじゃない役にも見せ場がちゃんとあるのも
良い!
ちなみに私はゲームをプレイしていないので、風間サイドの事情とかよくわか
らないでいたので観ていたのですが、人間に一族を滅ぼされたことを知る千鶴
が鬼と人の狭間で惑うっていうね。薄桜鬼ってやっぱり幕末を生きる新撰組が
縦軸、鬼と人の関係が横軸のお話だから、今回は後者にスポットが当てられて
たなと。
風間と千鶴は他の攻略キャラみたいに恋愛関係になるわけじゃないんだね。
決別というか、風間は千鶴のことを想ってたし千鶴も確かに心動かされた瞬間は
あったけど、鬼の誇りを胸にしたまま人の中で生きるという。まあ風間に新撰組
メンツ殺されてるからね。ここでホイホイと風間とくっついたら感じ悪いのもある
かもしれないけど。でもこれゲームの風間ルートとは違うっぽい。

いつも実力あるキャストが来る千鶴ちゃんは役は富田さんなんですね、コゼット
やってた子だ!歌の上手さと演技と若さのバランスが取れてて良かったな。
矢崎くんは三木さんの声色や言い回し、芝居についても毎回うまいと思います。
土方VS風間は今回も良かったなあ。やっぱあそこは縦軸と横軸が交差するこの
ゲームのメインストーリーだもんな。近藤さんと土方さんのデュエットのサビはなぜ
英語なんでしょうかね文明開化だからかな…?
歌関係で言えば羅刹になった平助と千鶴の切ないデュエットなんであんなにラテン
のダンサブルナンバーなの…?文明開化…(二度目)?
山崎も出番というか見せ場多くていいね。高崎翔太くんはこういう静かで冷静な
役も似合うから不思議。そして羅刹ウィッグへの早替えすごい!
それにさりげなく不知火と高杉晋作はお友達だと初めて知った!不知火と原田が
友情育んでいるし…これは最近上演してた東くん主演の原田編では不知火関係
もフューチャーされてるのかな?

« 懐かしい~! | トップページ | ミュージカル「薄桜鬼」藤堂平助編 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/65369400

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル「薄桜鬼」風間千景編:

« 懐かしい~! | トップページ | ミュージカル「薄桜鬼」藤堂平助編 »

最近のトラックバック