2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

鉱石ラジオスケジューラー8月

・NARUTO
・キャプテン翼
・旅人のコンサート

ブックカバー

ブックカバー
先日、土方歳三資料館に行った時に記念に買ったブックカバー。早速使ってます!
これ、豊玉発句集からの俳句の抜粋が書かれてるんです。豊玉、というのは土方歳三の俳号。つまり彼の俳句が達筆な書で書かれてるブックカバー!
白地に青のだんだら模様が薄く見えるのも良いですね。

貴志祐介「クリムゾンの迷宮」

所謂デスゲーム物が読みたくなって、ネットで「デスゲーム 小説」で検索して
探したら紹介されていたこの一冊。
言っちゃ悪いんだけど昨今のデスゲーム物の小説って設定の奇抜さありきで
文章イマイチな新人作家作品が多いなか、貴志さんはミステリーやホラーで
ヒット作多いし著作を読んだこともあるので安心してチョイスしました。
そしたらさすがだったー。先が気になって1日で読んでしまったよ。

自然と人間を相手にしたサバイバルホラーという感じかな。
デスゲーム設定としては必須な主催者側のチープなお遊び感と知識に基づく
サバイバル、後半のグロさ怖さ!食糧ルートを選んだ人達への罠がじわじわ
お腹が冷えてくるような主催者の底意地の悪さを感じさせて醜悪でしたわ。
主人公は頭もいいし観察力もあるし冷静さもあるけど運にも恵まれたね。
個人的には昔大好きだったゲームブックというモチーフが使われていたのも
良かった。このゲームブックに似せて行われるゲームと、アイテムやルートを
選択しつつ進めるのがいかにもなゲームっぽいんだけど、後半のグール関連
はホラーを書かれてきた貴志さんの得意分野らしさが活かされて緊張感あった
ぜ…。
藍が女流エロ漫画作家ってのも斬新で、まあ普通ヒロインに持ってこない職業
だねって感じ。読み手としてはまあなんかあるんだろうなとはわかりつつも、そこ
まで露骨な「やたら主人公に懐く守ってあげたい系女性」感が出てこなくて、
不思議な存在感を醸し出していました。
正直設定とオチはよくある感じというか、まあいま読んだからそう思うだけで
これ奥付見たら1999年だよ初版。バトロワとかもこの年じゃなかったっけ?
だからむしろこれはさきがけでむしろ後発のデスゲーム物の方がこの作品や
バトロワに影響受けてるんだと思うけど、まあ後発物と比べても力のある作家
が書くと似たような設定でも面白さが段違いだなって思いましたわ。

コメダ珈琲

コメダ珈琲
コメダ珈琲

近所、というほどではないのですが駅前にコメダ珈琲ができたので、
最近お勉強などを渋々嫌々せざるを得ないときにここを利用してます。
お気に入りはたっぷりアイスコーヒー520円。数時間滞在してもお代わり
を買わなくていい量が入ってます。あと名物のお豆さんもセット。これが
適度にしょっぱくて上手いんだな!
そしてランチで食べたポテサラトースト!サンドイッチをホントサンドに
したやつですが、これがでっかいのな!下に比較用にペン置いたけど、
これ薄切りとはいえ食パン何枚使ってんのって感じよ…。コメダの
フードはわりとシンプルなテイストで食べやすいです。
ここの1人用の席が本当にお勉強しやすいんで、また今後も渋々嫌々
勉強しなくちゃいけないときには利用したいなと思ってます!

超歌劇「幕末Rock」

[キャスト]
出演:坂本龍馬役:良知真次 高杉晋作役:太田基裕 桂小五郎役:矢田悠祐
土方歳三役:輝馬 沖田総司役:佐々木喜英 / 井伊直弼役:小谷嘉一
お登勢役:山岸拓生 近藤勇役:友常勇気 / 徳川慶喜:Kimeru /
アンサンブル:斎藤准一郎・山沖勇輝・阿部直生・風太・福野麗生馬・仲田祥司
池田謙信・新開理雄 / 吉田松陰(声の出演):中尾隆聖
[スタッフ]
原作:『幕末Rock』(マーベラス)/脚本・演出:吉谷光太郎

太田もっくんさんと矢田ちゃん、さすが歌上手いっすね!歌の上手さは初演メンバー
が断然上だなあ。声の相性もいいのか聞いててきもちいい、これがパッション…?
というわけで、良知さんが出ていた幕末ROCKの初演バージョンの配信が始まった
ので、見てみました!先にこの続編にあたる公演の黒船来航編は見たのですが、
それはもうメインの5人が集まった後の話なので彼らの出逢いからウルトラソウルズ
結成の話です。
実はいまいちこの作品における土方と沖田の関係性がわからないんだけど、それは
他作品で2人とも近藤のことは大好きだけどお互いに喧嘩仲間ぽいっていうのを
見過ぎたせいなのかな?この作品だと普通に仲いい感じなのかな?
10代ショタを演じるキメ様のメイクがすっごい…塗りが厚い…。終盤のド迫力のドス
効いた歌はさすがでございました上様キメ様。
近藤勇の友常くんは「この顔見たことある」って思いながらみつつもクレジット見る
まで彼だと気づきませんでした!

ミュージカル「黒執事」-The Most Beautiful DEATH in The World- 千の魂と堕ちた死神

[キャスト]
出演:松下優也 田中偉登 / 良知真次 中河内雅貴 植原卓也
井出卓也 輝馬 / 鷲尾 昇 河原田巧也 松田沙紀 高木 俊
寺山武志 / 和泉宗兵 / 佐々木喜英 ほか

[スタッフ]
原作:枢やな (掲載 月刊「Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊)
脚本・構成・作詞:岡田麿里/演出・構成:福山桜子/音楽:岩崎 琢
作詞・作詞監修:森 雪之丞/振付:MIKIKO

これ劇場で見たんですが、良知さん出演してたんですよね。このときは
オリジナルだという物語の展開の方が衝撃的で…あの…ホモ的な意味で
あまり良知さん自身を記憶が(笑)。
いま改めてみても、エリックと二人きりになった時のアランの甘えっぷりと
「死んだお前の頬にキスを」みたいなこと歌ってるエリックさんほんと…
ですよね。最後に坊ちゃんも「とんだ事件に巻き込まれた…」って言ってた
もんね。
でも良知エリックのラストバトル周辺の絶望フェイスとても良かったのでOK
です!
それとこの時ってまだ音楽を岩崎さんがやってらしたんですよね。あの
伝説のJOJO2部やグレンラガンの音楽を担当されていた方で、今回も
とても美しい楽曲でしたね。
セバスはこの間初めて古川セバスのサーカス編を見たのでこれまで見た
回数は松下セバスの方が全然多いんですが、こうして見ると懐かしい気が
しますね。松下さんって素の要望は全然セバスっぽくないというかむしろ
野性的にすら見えるんだけど、こうして観ると「そういうセバス」に見えるから
凄いですよね。
偉登シエルはだいぶ身長手足伸びて、大人っぽいシエルですよね。でも
冒頭のミサシーンの顔のアップと剥き出しの肩美しかった…。

実写版「銀魂」

「銀魂」はアニメをちょくちょく見てたのと、劇場版は2作とも観に行ってるので、
ファンを名乗れるほどではないですが好きな方です。今回も我慢できずに
公開から3日目で映画館に足を運んでしまいましたよ。

今回の実写版のお話はTVアニメ、劇場版でもやった「紅桜編」です。最初に
新八との出逢い、カブト狩りを経ての紅桜なんですが、さらにそこに真選組を
絡めていく感じで、原作ではほぼ出番のない真選組の出し方上手かったなと
思います。
レディースデーでも映画デーでもない普通の日に一般1800円払って観に行き
ましたけど、その価値はあったと思います。
特にギャグパートのレベルが高くて、OPとか結野アナのとことかカウントダウン
TVのパクリとか1000年に1人の美少女神楽ちゃんとか声だして笑いそうになり
ました。後半のシリアスな戦闘シーンも良かったけどね。
あ、終盤の展開がちょっと変わってて、銀時と高杉が一騎打ちします。まあ
原作通りだと高杉は攘夷浪士と天人の戦いの最中に姿を消しちゃうんだけど、
それだとせっかく高杉を持ってきた話なのにもったいないしね。高杉ってギャグ
できないし、おそらくラスボスだから下手に強さも弱さも見せられない難しさが
あると思うんだけど、銀時が押し勝ったけどとどめをさすのに迷いが生じた隙に
舟が爆発してその隙に乗じて高杉が逃げるっていうところに落ち着いてました。
アニメで見た銀時と桂の無双がカットされちゃったのは残念だったな。あそこ
実写で見てみたかったよ~。
あと新八もっと活躍させてほしかった感はある。

個人的に再現度たけーなオイ!ってなったのは菜々緒さんのまた子。スタイルの
良さもそうだし声のちょっとハスキーっぽさも武市先輩にぎゃんぎゃん噛みつく
感じも凄く良かったな。
私の場合、銀時×お妙のカップリングが好きなのでこの「紅桜編」も元々大好き
なんだけど、実写であの「かわいくねー女」「馬鹿な人」が見られたし、銀さんが
行っちゃった後にしんみり銀さんが寝てた枕を見つめるの切ないしラストの
お妙さんと定治が待っているところに3人が帰ってきて、銀さんがお妙さんに
笑顔で手を上げて見せるのとか見られて嬉しい。

7/14MS ミュージカル「テニスの王子様」青学VS立海

【青学】
越前リョーマ:阿久津仁愛 手塚国光:宇野結也 大石秀一郎:松村 優
不二周助:定本楓馬 菊丸英二:永田聖一朗 乾 貞治:加藤 将
河村 隆 :鈴木雅也 桃城 武:吉村駿作 海堂 薫 :牧島 輝
堀尾聡史:相馬眞太 加藤勝郎 :奥井那我人 水野カツオ:畠山紫音

【立海】
幸村精市 :立石俊樹 真田弦一郎 :田鶴翔吾 柳 蓮二 :井澤巧麻
仁王雅治 :後藤 大 柳生比呂士 :大隅勇太 丸井ブン太 :大薮 丘
ジャッカル桑原 :川﨑優作 切原赤也 :前田隆太朗

【六角】
葵 剣太郎 :矢代卓也 佐伯虎次郎 :二葉 要 黒羽春風 :陽向謙斗
天根ヒカル :坂垣怜次 樹 希彦 :高木眞之介 木更津 亮 :佐藤祐吾
首藤 聡 :千葉冴太

前アナ 首藤 菊丸
後アナ 不二 仁王

青学キャスト成長してた!良かった…。正直六角公演からのドリライで
あまり成長らしきものが見られなかったので心配してたけど。特に仁愛
ちゃんがそろそろ仁愛さんと呼ばなきゃいけないかもしれないですね…
S1の終盤、神々しかったもん…SAMURAIでリョーマと真田がラケットじゃ
なくて肩で相手ぐいぐい押し合ってぐるぐる回るところ好きです。
そして海堂歌上手いっすね。手塚も更に上手くなった気がする!そして
何と言っても黄金ペアね!菊丸の笑顔が自然になったかな。大石の
テリトリー~復活!黄金ペアはやっぱり何度観てもいいねえ。

立海キャストも良かったよ~。まず歌のレベルが高くてちゃんと強そうに
見えるのがいいよね。公演重ねた青学キャストと初登場の強豪校設定
のキャストだとどうしても青学が強く見えて、強豪校に苦戦してる様子が
伝わりにくいからね。
あと、個人的に真田が良かった…身長体格顔声…全部真田だった…。
テニミュはどんなに真面目だったりクールな役柄の子でもカテコのアホ
可愛い振付を真剣に踊ってくれるから嬉しいです。真田くんの「アゲアゲ気分、
ハッピー笑顔♪」のダンスをガン見してました!
幸村は1幕最後のベッド張り付けがキリストに見えて、余計に立海に宗教色
増したわ…!
あとこれまで仁王柳生ペア全く興味なかったですが、今回2人の声の相性が
いいのもあって、サティスファクションの曲良かったな~。

六角はまた相変わらずレベル高くて、ダビバネ入れ代わりの前の「ダビデ
気をつけて」連呼に笑ってしまった。六角チムライ…じゃなくてパーティだっけ?
行きたいと思います。

今回パンフにキャストの素の写真載ってないんだね。生写真もキャラショット
だけになっちゃったし。まあ他の2.5舞台もこのタイプが多いからそっちに
寄せたのかもしれないけど、テニミュは特に役者本人の成長とキャラクターの
成長をリンクさせるでしょ、あえて。だから役者本人の情報もちゃんと載せて
くれるといいんだけどな。

新選組!

なぜ今さら!それは私が最近新選組ブームだからです。

最近改めて2004年の大河ドラマの「新選組!」を見始めました。まだ初めの方で
京にも辿りついてない辺りですけど、やっぱり面白いですね。
リアルタイムだった当時も三谷幸喜だしちょくちょく見てたんですが、なんかいま
前よりもちょっと知識がある状態で見てるので余計にまじまじ細かいところも
見ちゃいます。先日日野巡りもしたしね。
いま大河ドラマ見てる勢ってツイッターで実況してる人多いですけど、そうやって
みんなで一緒に突っ込みながらみたら絶対面白いだろうなぁ。あれ龍馬伝の辺り
では自分もやってた気がするんだけど、この頃はツイッターやってなかったし、この
ブログも始めたばかりの時ですね。

当たり前だけど役者みんなわっかい!藤原竜也なんて最近ドラマ(リバース)で
ずっと見てたせいもあって、たぶんいま30代半ばくらいだけど、沖田総司やってた
頃は21とかだし、まだ前髪下ろして幼名の惣次郎を名乗ってた頃も演じてるので
余計にその若々しさが際立ちますね!
近藤勇の宗家襲名の時の紅白戦で途中参戦で一人勝ちしちゃったり、伊藤道場
で試合で平助の移籍を勝ち取ったり、沖田の若くて元気な天才剣士っぷりが
見られていい…と思いました…この後を知ってるからね…。
そして沖田が京都上洛前に前髪を落としてしまうのを、当時も今もとても惜しいと
思って見ていました(笑)。

あ、「だんだらごはん」という新選組×美味しいご飯の漫画があるのですが、それに
出てきた「卵ふわふわ」という料理がこのドラマの中でも出てきて(いや順番的には
逆なんですが)、実写で見られるか?と思いきや作る途中までしか出てこなかった
ので残念でした…でも美味しいんだろうな。

池袋「リトルシェフ」のフルーツサンド

池袋「リトルシェフ」のフルーツサンド
フルーツのサンドイッチが食べたくて池袋西武の地下にあるリトルシェフにて。生クリームは思ってたより美味しかったんだけど、ストレートにイチゴが入ったやつにすればよかったかなあ。フルーツにもっと期待したい。
でもここデザート系じゃないサンドイッチはだいたい好みです。

「薄桜鬼随想録」

先日クリアした薄桜鬼の続編ファンディスクです。
本編の共通ルートと個別ルートの合間にあった小さなエピソードを事件想起
(選択肢で各キャラとのイベント発生)と恋愛想起(各キャラ個別のイベント)で
綴っていく。
本編については「甘さ控え目、随想録と併せてちょうどいいくらい」と聞いてた
んだけど、随想録も序盤は本当にこれ甘いの…?って思いながらプレイして
ました。
時系列が本編通りなので、とりあえず屯所時代はどのキャラともあまり恋愛
っぽくならないんだよね。特に序盤は相変わらずみんな手厳しい。それに
あくまで本編から話が違えることはないので、平助は羅刹になっちゃうし沖田は
労咳になっちゃうし。まあ個別ルートに入ってからの恋愛想起は、移動中や
待機中にあった些細なやりとりとか、絆を深めあっていく様子が見られるので
甘いっちゃ甘いかな。
ただ3回くらい千鶴が女装してて、ああこれ本編でやりたかった乙女ゲーらしい
イベントなんだろうなって思った(笑)。普段男っぽい格好してるヒロインが女性
らしい格好して周囲の男がびっくりするってやつね。島原潜入のために花魁の
姿になるのはともかく、気晴らしに浴衣着せて夏祭りに行かせるのと、平助に
会えなくて落ち込んでる千鶴を外で新選組関係者と見られずに逢瀬させるために
町娘の格好させるのとかもう完全に、女装の為の女装!乙女ゲーのための
恋愛イベントやん!ってね。

エピソードで良かったのは。
土方編はやっぱり土方が圧倒的に美だからカズキヨネ先生の絵も冴えまく
って、最後の桜の花びらの中での2人のスチルがめっちゃ綺麗で印象的。
沖田編は大根おろしいりのお粥食べさせるやつ。弱々しいボイスで、沖田は
森久保さんがその時の沖田の体調に合わせてだいぶ声の調子を変えてきて
るからわかりやすいね。
あと本編の後の時系列に当たる最後の恋愛想起。本編最後が穏やかな陽だまり
の中で眠りについたのか息を引き取ったのかわからないように描いたってカズ
キヨネ先生がコメントしてたから、あ、とりあえず生きてたって。あと羅刹になっても
労咳は治らないってことだったけど、咳はずっと止まってるって明言されてたし
意地悪モードも復活してたしだいぶ声も元気なのでそれも良かった…。
斎藤編は風邪ひいた千鶴のところに、御陵衛士として離れていた斎藤が来て一晩
看病で付き添うやつ。千鶴は熱と斎藤に会いたいという想いが見せた夢だと思って
幻を見てる気持ちで斎藤と言葉をかわすのちょっと切ないね。ラストの名前で呼んで
ほしい斎藤さんは可愛かった。
平助編は私割と単純にEDの短髪和装可愛いなと思ってまして、土方編のラストだ
と若奥様みたいな格好なのに平助編だと年相応の町娘らしい赤いおべべでほんと
少年少女カップルで初々しいわ…この2人だけまだ結婚はしてないのかな?
原田編は千鶴を羅刹隊に引きずり込もうとする山南に抗議するやつ。平助もいって
たけど「左之さんいつもいいとこと持ってく…」。あと永倉が飲みに行って2人きりに
なった後のエロモードね(笑)。
あと永倉の日常想起で土方と永倉が門限のことで険悪になったとき、他の隊士や
千鶴がいる前では腹を割った話ができないだろうと土方と永倉二人きりにさせるの
と、出て行く直前に土方に目線を送るのとかまじ気遣いの達人。
風間編は本編でクリアしてないんだけどこの随想録で何となく、こんな感じなのか
ってなりました。平助編で千鶴と平助と風間の3人で笑いあってる(風間は笑って
ないけど)スチルあって、情勢が情勢じゃなければ以外と馬が合う幹部もいるの
かもね。

キャラ単体としては沖田が好きだけど、CPとしては斎千か原千かなーと思ってたら、
今回の随想録のEDで、平助以外には常に敬語使う千鶴が思わず「総司さん、大好き」
って言っちゃう瞬間めっちゃ可愛かったわ…!

あとクリアしても画像欄埋まらなくて不思議に思ってたら永倉とか山南とかの本編
での非攻略キャラも日常想起ってのがあるんすね。知らんかった…。

皆川博子「花闇」

移ろう退廃的な美しさを描かせたら右に出る者のいない皆川先生の時代小説。
本作のテーマは絶世の美貌と才気、そして妖艶極まる廃美で絶大な人気を
博しながら、病で四肢を切断しても舞台に立ち続けた、三代目澤村田之助。
彼の壮絶な人生を、弟子の役者であり付き人として彼に従い続けた市川三すじの
視点で描く。

江戸から明治へ時代が動く中で、死と性、濡れ場と責め場と殺し場といった過激な
一面を持つ歌舞伎が、田之助の死とともに、市川團十郎らが明治政府と共に進め
行く高尚で上品な演劇に塗り替えられていく。
まさしく、幕末の腐爛極まる江戸歌舞伎の最期に咲き、明治には生きられなかった
花であろう田之助の、芸にかける執念が凄まじい。
両足を失った田之助が更に手の指の痛みを感じたその瞬間の、信じられない
幽鬼でも見たような表情を見て、唐突に「ざまあみろ」という言葉が浮かんで
しまう三すじ。熱の薄い三すじが+の感情にしろ-の感情にしろ、突き動かされる
のは、いつだって田之助なんだな。

三すじもそうだけど、田之助もまたそして人々の憧憬を集め華やぐ芝居の絢爛
豪華な世界に魅せられ、芝居の世界でしか生きられない人間。その田之助が
周りの助けを得て四肢を失ってでも舞台立ち続ける姿は、前半の高慢でだから
こそ清々しく輝く田之助を知っているからこそ読んでて痛々しい。体が不自由で
あっても気だけは張って卑屈ではなかった彼が、遂に心折れてしまう瞬間が
辛い。
ただ、終章で現在の三すじが出会う田之助を騙る偽物の芸の先に、田之助が
執念をかけた残したものが受け継がれていくという希望が最後に残るのが救いかな。

日野巡り~新選組のふるさと聖地巡礼

ここ最近私の中で新選組ブームです。
個別の隊士が特に好きとかどの作品のキャラがどうということはなく、昔から
小説でも大河ドラマでもゲームでも漫画でも、いろんなメディアでたくさん取り
上げられてきた新選組全般がみんな好きで、ちょっとずつコップに水を溜め
続けていたんだけど、最近一気に薄桜鬼を見たりクリアしたりしたのでその
水が遂にコップから溢れてきたって感じかな(花粉症的な例え)。

秋の京都旅行も幕末を巡る旅の予定なんだけど、元来鉄は熱いうちに打つ
タイプなので、せっかくなら都内日帰りで行ける新選組のふるさと日野に
行ってみようと思い立ったのでした。

しかし1日で行けるとは言え、ほぼ歩きで各ポイントを回ったのでかなり疲れた
よ~。でも甲州街道を歩きながら、石田村から日野宿本陣まで土方歳三も
こうやって歩いたのかなとか、この景色を彼らも見たのかなとか色々想像を
膨らませながら歩くのも楽しかったです。井上源三郎資料館だけ体力尽きて
行けなかった!次回ぜひ…。

・高幡不動尊
関東三大不動尊の一つ高幡不動尊は土方歳三の菩提寺。新選組関係では
殉節両雄之碑・土方歳三の像が境内にあり、奥殿では土方の書簡や榎本
武明の書軸などが数多く展示されていた。この時期、紫陽花も綺麗でしたよ!

Dsc_0426_2
Dsc_0432_2

・土方歳三資料館
土方家の子孫(お兄さんの子孫)の方が住居の一角を資料館として解放
し、池田屋事件で土方が身に着けていた鎖帷子などの武具や豊玉発句集
など土方歳三の遺品などを展示している。
Dsc_0439

Dsc_0438_2

玄関を出たところに木刀が2本飾ってあり、太い方が土方の使っていた
重量と同じもの、細い方が近藤勇の養父が使っていた重量と同じものの
レプリカらしい。
眺めていたら、現館長の息子さんと思われる男の子が上記の説明をし
ながら、実際に振ってみていいと私に手渡してくれました。ひょええ~
ご子孫の方手ずから、恐縮です!
ちなみにお隣さんの家は当時の名主家。門は当時の長屋門をそのまま
使っており、近藤勇の使いで土方歳三が名主の家の息子を道場に勧誘
する手紙を持っていったりしたのだそうだけど、まさにこの長屋門の下を
潜ったのだそうです。
いろいろ立て替えなどもされているなかで、当時のままの貴重な現物が
残っているものの一つです。つい触りたくなっちゃうね(笑)

・日野宿本陣
都内で唯一現存する本陣建築。土方歳三の義兄にあたる佐藤彦五郎の
屋敷。入口前には天然理心流佐藤道場があったため江戸の試衛館から
近藤勇、沖田総司、井上源三郎らが出稽古に訪れ、彦五郎の義弟である
土方と出逢った場所でもある。
Dsc_0447

玄関の間。土方がよく昼寝をしていたらしい。
Dsc_0444_2
その他、、市村鉄之助がかくまわれていた控えの間なども見ることが
できました。(一番奥)
Dsc_0445_2

この駐車場になっている部分(入口右手)に道場があったんだそうです。
土方や沖田が木剣を鳴らしていたんですね。
Dsc_0448_3

その他、佐藤彦五郎新選組資料館と新選組のふるさと歴史館も見て
きました。佐藤彦五郎新選組資料館では、たまたま最初私しか客が
いなかったので、
歳三からの京土産の景徳鎮の茶器はこういうのを選ぶセンスをしみじみ
感じたし、近藤勇が彦五郎に宛てた書簡は文字間隔が一定で紙の繋ぎ
目には決して文字を書かない几帳面な彼の一面が見えたし、沖田が悲悼の
思いで山南の死を報告した沖田総司書簡は、あえて「ちょっと書くけど」くらい
の付け足しのようにそのことについて触れていることに、逆に彼の悲しみを
感じた…。やはりこうやって説明をしてもらえると凄くわかりやすいし、彼らが
確かにここに生きていた証というか、息吹のようなものを改めて感じますね。

代々木「馬太郎」で馬肉食べ放題

馬太郎

秋旅行の作戦会議の際、代々木にある「馬太郎」でわんこ焼肉を
食べてきました。120分1799円で、ハツ、ハツモト、キャベツ、ご飯、
スープそして馬すじカレーが食べ放題です。
我々は馬刺しのセットとポテトサラダも注文しました。馬刺し大好き!
初めにお肉のセットが来て、バラ肉をおかわり。カレーご飯もスープも
頼んで、キャベツは焼いて塩ダレで食べるのが好みでした。
もっとお肉をおかわりしたかったのですが、1人前で300g~400gも
あるので、お腹いっぱいになっちゃうんですよね。

美味しかったけど、煙で目がやられてしまったな~。

紫陽花咲く高幡不動尊

紫陽花咲く高幡不動尊

鉱石ラジオスケジューラー7月

7月になりました。1年も半分が終わっちゃったねえ。
今月の観劇予定は、

・ミュージカル「テニスの王子様」青学VS立海

1本です。いやマチソワだけど。
本当は「進撃の巨人」の舞台のチケットをとってたんだけど、
残念なことに公演中止になっちゃったからね…。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

最近のトラックバック