2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 8/26Mゲーム音楽オーケストラ公演 『旅人達の追想組曲』 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー9月 »

一色さゆり「神の値段」

またまた父親チョイスシリーズ。
人前に姿を見せない現代美術家と彼の作品の価値、ビジネス。
画廊のアシスタントである主人公が雇い主の死の謎を追う
アート・サスペンス。この第14回ミス大賞を受賞作。

トリックが、ミステリがというより現代美術の世界についてあまりに
私が知らなすぎて、ほーと唸ることしばしば。なぜ一枚の絵に対して
数十億の値がつくのか、そもそも価格と値段の違いとは何なのか。
チーム・バチスタが医療ミステリとしてシリーズしたように、学芸員
で画廊での勤務経験もあると言う作者はこういったアートサスペンスを
描いていくのかな。

« 8/26Mゲーム音楽オーケストラ公演 『旅人達の追想組曲』 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー9月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一色さゆり「神の値段」:

« 8/26Mゲーム音楽オーケストラ公演 『旅人達の追想組曲』 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー9月 »