2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 「三国恋戦記~オトメの兵法!」① | トップページ | 「三国恋戦記~オトメの兵法!」③ »

「三国恋戦記~オトメの兵法!」②

早安(隠れきれてない隠しキャラ)
心を閉ざした暗殺者。と思ったけど、年若いだけあってそこまで頑なではなかった。
一番最初が玄徳ルートだったから、尚香の偽物なんか尚香本人が暗殺者なのかよく理解
できてなかった(笑)。でも呉いったら武術は下手だけどお兄さん想いのいい子で普通に
芙蓉姫と仲良くなれそうな子だったよね。
早安自身も誰も待っている人はいないみたいな天涯孤独を装っていたけど、食堂の
おばちゃんと仲良さそうだったり母親からは愛されてたりしてたしね。いま居場所がないだけ
で、愛情を知ってる子だから更生も早かった(笑)
EDの薬師みたいな仕事で生計立てて花と2人で暮らしてるの、途中で花に気つけの薬草くれた
あたりが伏線になっててまあ本当は毒殺の知識とかが元になってるんじゃないかとは思うけど
安定した職があっていいよね。他ルートが一国の王だったりその幹部ばっかりだからまあ
それらの豪華な生活に比べれば質素な、地に足付いた生活に落ち着いたよね。
でもこれだけ仲謀・尚香兄妹とそっくりでよく平然と軍に出入りできたなとは思う!
しっかし呉ルートは公謹ルート以外公謹はほんとラスボスだな!

ノーマルルート
誰かとくっつくわけじゃないノーマルルートにこそ、世界観や物語で描きたかったことが
表現される気がします。
モブを超えたモブの安而さん良かった。最後に宮殿から逃がしてくれた文若、文若ルート
やってるとあの苦み走った表情もわかるというもの
最後は漢王朝の献帝のもと天下を3人で支えるっていう誰も死なない(公謹と文若は
死んじゃったけど。っていうかこのルートだと孟徳は皇帝にならないし文若は死ぬ必要
ないんじゃあないの…!?)し、平和エンドだよね。最後の安而家族のやりとりが民衆が
太平の世を享受したっていう象徴みたいでいいね。

雲長
花と同じく現代日本から本の力で三国世界に導かれた青年。全てのネタバレを司る男。
冒頭の図書館でのシーンに追加があって、「お?」となりました。
なんかこのルート、2人の恋愛より本を無くすとその世界で最初に出会った相手の存在
が消えて自分がその存在になり変わってしまうという仕組みと、雲長の4巡目の関羽長
としての人生が気になってしまったよ!だって重いし怖くない…?
あと凄いどうでもいいんだけど、芙蓉姫から翼徳の仕事の遅さを何とかしろという文句が
出て「同年同月同日に死ぬなら仕事も同年同月同日に終わらせて下さい」っていうのが
面白かったw
このルートだけは花が現代に帰ってくるから山田家も安心ですね。あとはなぜか孟徳
ルートだけ一瞬現代に帰ってお母さんんに了承を得ていたけども。
でも個人的には三国世界に残って、時々2人で現代話とかしててもいいななんて思ったり。

孔明
過去と現在を繋ぎ、時を超えて巡る運命の星。(大仰)
ラストです。孔明=過去に戻った時に出会う亮くんというのは3周目くらいで気づきました
…遅い(笑)。このゲーム基本字で人を呼ぶから、不意に名が出てくるとぱっと結びつかなくて。
ノーマルルートだけど「僕が君を助けたのは君に助けられたからだよ。君が始まりだよ」って
セリフ、遙か3のリズ先生ルート思いだすな。あ、これも先生だね。晏而達もだけど、過去で
助けた人達が未来の自分を助けてくれるっていうの、やっぱりタイムスリップ物の醍醐味
ですわ。
やっと出会えたと思った彼女はあの時のまま同じ年齢姿なのに、あの時の記憶も何もなくて
彼女が「尊敬して信頼している師匠」と言ってた人になるのが自分なんだってわかったとき、
どんな気持ちだったんだろうね。あの時彼女に教えてもらった言葉の一つ一つを大切に
花に伝えてたよね。
しかし師匠は理性の塊というか、さすが10年近く初恋を拗らせているだけあるね!ホントに
最後の最後まで花に嘘をつき通して遠ざけて、花を幸せに暮らせるであろう元いた世界に
送り返そうとするときの、「幸せになりな」って優しい声と嫌です!って泣いてる花との
やりとりこっちも泣けた~!そして花が残留した時のスチル絵の呆然とした表情がめっちゃ
素の亮くんみたいで良かったです。あの顔な~。花が消える瞬間まではちゃんと自分で
立って薄く笑みまで浮かべて彼女を送ろうとしたのに、彼女が消えちゃった後は腰から
力抜けて座りこんじゃって、めっちゃ心細そうなあんな表情になっちゃっうんだなあ。そこで
消えてない花に気づいて「どうして…」って呆然と。師匠はわりとスチル絵に恵まれてる気がする。

というわけで全キャラ終了!終わってみると、まあ文章の長短からもわかるかもしれないけど
孟徳と孔明、時点で玄徳ルートが好みでした。しかし孟徳と孔明は行動が真逆だね。孟徳は
花に好き好きと言い続けて彼女が帰れないように自分の鳥かごに囲ったし、孔明は彼女の
思いを知りつつ嘘までついて遠ざけて、自分の思いにも蓋をして彼女の幸せを願って現代へ
帰そうとしたんだよね。

思い出かえしというFDもあるみたいなんで、そっちもやろうかな

« 「三国恋戦記~オトメの兵法!」① | トップページ | 「三国恋戦記~オトメの兵法!」③ »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/65895803

この記事へのトラックバック一覧です: 「三国恋戦記~オトメの兵法!」②:

« 「三国恋戦記~オトメの兵法!」① | トップページ | 「三国恋戦記~オトメの兵法!」③ »

最近のトラックバック