2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

「Dear Girl~Stories~THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI~6人の龍馬編」

ラジオなのに映画化しちゃうDGSの劇場版第3弾、しかも今回は前後篇での上映!
公開翌日の今日、早速観に行きましたよ。ちなみに公開2日目だというのに
ランダムブロマイドは完売でしたうっそまじか…。でもパンフとサントラCDが買えた
ので満足です!もし2回目観に行く機会があったらランブロ買おっと。

今回は小野大輔聖誕祭でDGS御一行が高知に行った際の映像です。ラジオで
ネタバレは知ってるとは言えやはり入国審査とZEYO通貨の辺りは仕込みが凄くて
笑っちゃいました!土佐犬のところはラジオではカットされてたから初出しだよね?
あとはやはり、小野家。おの家具店思ったより大きくて立派だったし、小野さんの
御実家も内装と小野さんの部屋しか出てこなかったけど立派な作りだったし、プレイ
ボーイはデスノート方式で収納法されてたし、何より振舞われたハツヨママの手作り
料理と、わりと寡黙そうなのに新高梨送りマシーン2号の仮面を被ってでてくれた
お父さんの姿に、小野家の温かさを感じました…つくづく。
お母さんも料理を男性6人分も用意するの大変だったろうにね。
映像では出てこなかったけどラジオでは神谷さんも「今日何回かカツオの叩きを
食べたけど、小野くん家で食べたのが一番美味しい。やっぱりご飯は誰と食べるか
だね」みたいなことを言ってたんだよね…。神谷さん昼食の時はそうでもなかったけど、
やっぱり小野家で食べる時は口に入れてすぐ「うまい!」って反応をしてたし、そういう
のもろもろね…。
甘めの玉子焼きとか、混ぜ寿司とか、神谷さんのためだけのハンバーグとか全部
美味しそうで、上映終わった後に周囲の観客みんな「お腹すいた…飯テロ映画か」って
言っててほんとその通り(笑)。

後篇も楽しみ~!二日目の様子はラジオではほとんど出てこなかったからね。

11/26S「LIVE!! アイ★チュウ The Stage ~étincelle~」

原作:恋愛リズムアドベンチャーゲーム「アイ★チュウ」(リベル・エンタテインメント) 
【出演】
飯山裕太、丸目聖人、小波津亜廉、石渡真修、小塚亮輔、佐川大樹、結城伽寿也
登野城佑真、辻凌志朗、田中晃平、綾切拓也、古畑恵介、八島諒、山内圭輔、
荒一陽、中島拓斗ほか

9月に見たアイ★チュウ舞台のライブです。わりとシンプルにひたすら曲を聞かせて
くれる構成で、舞台で歌った曲各ユニット2曲ずつ、「We are I☆CHU」「Brand new days」
と、新規で各ユニット1曲ずつ新曲披露がありました。
新曲はこれ。
「深海マーメイド」
「オレンジピールと恋の味」
「ちょっとまってよGive me a break!」
「イっちゃいそうだよ」
「ちゃちゃめっちゃI love you」

2列目という良席で代わる代わる目の前に来てくれるキャストを観てましたが、特に虎ちゃん
は目線の高さがちょうどおへそ辺りにあったので、来るとつい彼のおへそ見つめあってし
まいましました…。
「深海マーメイド」聞きたかったんで嬉しいな。ノアも言ってたけど楽器無しだったけど、その
分、ダンスが見られたしね。基本IBの振付可愛くて好きです。
Twingle Bellは今回睦月不在ということだったんだけど、ユニット曲を歌う時は皐月の心の
中の睦月という設定で今回だけ小塚くん演じる睦月が睦月を演じてくれましたヨ!
そして今日もリュカとレオンがとてもコンビ営業してまして、その時上がった歓声がもう
「きゃ~」じゃなくて「ひゅ~♪」だったので、このコンビ末期だと思いました!
そう言えば登野城くんは控え目で大人しい朝陽を演じてると彼の中で何かが溜まるのか、
トークではとても弾けてるな!今日も最後の挨拶で「これから2時間ほど喋りますので皆さん
座って頂いて…」みたいなうちの上司が宴会の乾杯前挨拶で言うようなネタ言ってて、との
おじさん…って思ってしまいました。

それでこれは最後に発表されたんですが、今回で星夜、ラビ、恭介、アキヲ、楽が、来月
のイベントで睦月のキャストが卒業し、2月の舞台では新キャストで上演されるそうです。
睦月…小塚くんじゃないんだってのもあるんですが、各ユニットから最低一人はキャスト
卒業があり、しかも座長の飯山くんが卒業してしまうのが意外でした。やっぱり「We are
I☆CHU」は飯山くんからの歌い出しで聞きたい気がしてしまう。
まあでもこうして卒業挨拶させてもらえるのは良かったなあ。しれっとキャス変もあり得たし。
あと強いて言えば最後に、今日いなかった大海くんの睦月がもう一度見たかったな。
来月のイベントは平日で絶対無理だし。

2月の舞台は内容的には再演だけどシャッフルユニットが登場するみたい。♡が可愛い子
揃い出来になるなあ!

京都旅行~幕末維新150周年記念旅③

京都と言ったらグルメも満喫したい!
1日目の昼食は食べそびれてしまったのですが、2日目以降は色々食べましたよ。

・イノダコーヒーの京の朝ごはん

Dsc_0586

Dsc_0587
いつぶりだろ、京都駅地下のイノダコーヒーでの朝ご飯です。バターがじゅわっと
広がるクロワッサンが美味しかった!アラビアの真珠も甘くて朝から元気出るね。
カップのロゴもかっこいい!またあのビーフカツサンドも食べたいな。

・IEMONサロンで秋の朝ご飯

Dsc_0603

こちらは二日目の朝ご飯。お茶で有名な伊右衛門のカフェです。おばんざいも
食べられてほっこり!

・池田屋「はなの舞」

Dsc_0601_3

Dsc_0600_2

池田屋事件の跡地はいま、居酒屋「はなの舞」になっています。新選組と
コラボした内装で店員さんもだんだらの羽織を着ています。しかし2階に
上がろうとすると階上から隊士に斬られた人が落ちてくるアングルになるの
面白すぎる…!
はなの舞自体はチェーン店ですが、ここはやはり観光客も意識してるようで
京野菜や京名物を使ったメニューも多く、生麩の炙り焼きや万願寺ししとうの
ベーコン巻きなど、高額の懐石に臨むかおばんざいの店を巡るかでしか会え
ないと思っていた食べたかったものがいくつもここで食べられたの、お得感
ありました。

Dsc_0602

ちなみにこのお店、新選組のうち4割くらいは薄桜鬼の方とコラボしてんじゃ
ないかってくらいでした(笑)。こちらは「総司の意地悪」です。友人は
山南さんの落ち水を注文してました…薄桜鬼プレイしてないのに(笑)。

Dsc_0611

最終日は京都駅構内でお茶。外がむちゃくちゃ寒かったので、体も温まりました。
生菓子は「いちょう」という、ういろうベースのもの。ういろう独特の食感と甘すぎ
ない小豆が優しい。そして何より色合いの微妙なグラデーションの美しさね。

京都旅行~幕末維新150周年記念旅②

・二条城

Dsc_0576

徳川家康が建て、家光が創らせた絵画や彫刻などが統合された美しいお城。
お城というと大阪城や姫路城のような高さのあるものをイメージしてしまいます
が、御殿ですね。写真はアクアナイトリウムのために訪れた時の夜の唐門です。
大広間は徳川慶喜による大政奉還の発表という歴史的な場です。

・西本願寺

Dsc_0552_4

手狭になったため移転した新選組の屯所にもなった広大なお寺。僧侶たち
は随分迷惑していたそうですが。

・蛤御門
Dsc_0589_2

禁門の変の激戦の地となった京都御苑の蛤御門。現存する梁は当時の
弾痕が残っています。

・油小路

Dsc_0549

今こうして見ると何て事の無いただの住宅街ですが、御陵衛士が
襲われた油小路の変の現場です。京都駅からすぐそば。

Dsc_0550

現在事件を記録する碑などは残って無いのですが、傷を負った伊東
甲子太郎が辿りついた本光寺にはこのような立て札がありました。

・近江屋跡

Dsc_0599

四条河原町のかっぱ寿司の敷地の一角に、坂本龍馬と中岡慎太郎が
襲われた近江屋の跡地の碑があります。繁華街で人通りも多いのですが、
立ち止まって事件の概要の書かれた立て札に目を止める人も。
池田屋事件のあった池田屋も歩いてすぐの場所なんですよね。

史跡だけでなく幕末維新ミュージアム霊山歴史館にも行ったんですが、
ここ最近行った博物館の中では一番楽しめました。幕府側・倒幕側双方の
資料が充実していて、龍馬を斬ったとされる京都見廻組の桂早之助の刀や
島田魁の書いた新選組隊士名簿、近藤勇の鎖帷子、池田屋や近江屋の
模型なども見ごたえがありました。

幕末の頃の京都ってほんと、人の死が身近にあった時代というか、何かの
ために命を懸けることが決して稀ではなかった時代なんですね。
今の感覚でっ生きる私たちからしたら、その覚悟に圧倒されてしまいます。
時代的にギリギリ写真や遺品の現物が残ってるか否かくらいの境目だから、
事実と後世の人々が馳せる想いが入り混じっているのかもしれないですね。

京都旅行~幕末維新150周年記念旅①

京都に行ってきました。京都自体は今まで何度も行ったことあるし、何なら直近で
2年前にも行ってるんですが、幕末の史跡などをちゃんと腰据えて見たことが
なかったので、春以来の新選組myブームの波に乗って、思い切って休みを
取っちゃいましたよ。
図らずも今年は大政奉還から150周年!ちょうどいい機会だったかな。

・八木邸

Dsc_0568

新選組が最初に屯所を置いたのは、壬生村の八木邸。その八木家まだ
残っていて、中を見学することができます。芹沢鴨が暗殺された部屋に
残された刀傷が生々しいです。八木家のお子さんが使っていて、襲い
かかる隊士から逃げる芹沢が躓いて転んだと言う文机も残っています。

Dsc_0570

いま八木家は和菓子屋さんになっていて、八木邸への見学とセットで
御抹茶と屯所餅という京都の名物の壬生菜を織り込んだお餅を頂く
ことができます。これ、京都駅でも売っててまた買っちゃった!

・壬生寺

Dsc_0567

八木邸のすぐ近所のお寺です。ここで新選組が訓練をしたり、沖田総司が
八木家のお子さんと遊んだりしてたみたいです。広々としてていいですね。
境内には芹沢鴨や平山五郎の墓などもありました。

・角屋もてなしの文化美術館

Dsc_0563

外観を撮るの忘れました…。角屋は現在残る揚屋建築の唯一の建物です。
揚屋っていうのは太夫らを自分の所に置かない高級料亭で、ここは新選組も
よく使っていたそうです。当時は掛け売り(ツケ)が主流だったそうですが、
新選組は払いが悪いから賭け売り禁止になったいう記録が残っているそうで…。
写真の部屋は一番広い松の間(庭の松がよく見える)で40畳ほど。土方らが
芹沢鴨を暗殺する際に酒で酔わせたそうですが、その酒宴がこの部屋で
行われました。そこから屯所のある八木邸に帰ったのですが、ちょうど私たち
の角屋⇒八木邸という見学コースと重なったので、芹沢たちの最期の夜の
帰り道をなぞったということになるのかなあ。不思議な感じ。

・不動堂尊村屯所跡

Dsc_0547

後のリーガロイヤルホテルである…。
西本願寺から新選組が移転した京都最後の屯所後です。とはいえ正確な
場所は特定されておらず、複数の説が存在するらしい…。

上野蓮根専門店「れんこん」で蓮根三昧

結構前からお店のHPをブックマークして、チェックしてたのですがなかなか
上野に行く用事がなくて。でも、行く用事が出来るのを待ってたら駄目ですね。
ついでじゃなく、そこに行こう!と思っていかなくては。

そんなわけで上野のアメ横通りのそばにある蓮根専門店「れんこん」に
行ってきました。私たちは本店の2件隣りの地下にある離れの方に案内され
ました。
メニューは蓮根料理は勿論、焼き鳥や蟹味噌グラタンなどそれ以外の料理も
充実。どれも美味しかったです。お酒は日本酒が結構種類ありましたよ。

・れんこんと海老のはさみ揚げ
Dsc_0542

これ一番のオススメ。蓮根のシャクシャクした食感とエビのぷりっぷりの
旨味。この厚さからもわかるようにボリュームも満点です。

れんこんと帆立の蒸し真丈
Dsc_0543
柔らかくてホクホクした真丈。身もたっぷり。

・フライドレンコン(磯辺風)
Dsc_0544
フライドポテトのように、でも蓮根って繊維があるから食べると糸のように
繊維が伸びてくるのが美味しかったです。蓮根がさっぱりした味だから
あまり油っぽくならなくて食べやすかったな。

・ふろふき蓮根
Dsc_0545
口の中でほろっと崩れる柔らかさと、そぼろ餡が沁みる~

蓮根餅の冷やしぜんざい
Dsc_0546
蓮根でお餅もできるんですね!蓮根のいい意味での少し土っぽい風味が
感じられました。

また行きたいな~ここ!蓮根コロッケとか他にも食べたいのあったので!

「IT~それが見えたら終わり」

怖いかと言われれば、そんなに怖くなかったと思う。というか、やっぱり和製ホラーの
方が怖いと感じる。だってピエロ動きといいなんか面白く見えちゃうんだもんよ~。
子どもたちの前にペニーワイズが化けてると思われる「IT」、一番恐怖を感じる対象が
次々に現れては消えて行くシーンが続いたってこともあるかも。上映時間は2時間程度
だったと思うけど、少し冗長に感じた。
それに外国のホラーにありがちな理不尽な死ってあまり好きじゃなくてね。ホラー映画に
出てくるモンスターにもそれなりの背景があって欲しいし、人間を襲う事にも何かしらの
理由があってのことであって欲しい。人間サイドがモンスターを倒す方法というのもその
モンスターに合ったものであって欲しかったんだけどね。今回の場合単に物理攻撃で
フルボッコだったからなあ。
謎のまま粉砕され消えて行ったペニーワイズの正体について、第二章で語られたりする
のかな。

というわけで感想としては、ホラーというよりダークファンタジー、青春小説の匂いが濃い
作品でした。彼らが最後にペニーワイズという恐怖に立ち向かえたのは、親からの抑圧や
弟の死を受け入れて前に進むことができた勇気があったからだもん。
あとベバリーは結局ビルなの?キスで目を覚まさせてくれた運命のポエマー・ベンじゃ
ないの?ベンは誰よりも早く今回のペニーワイズによる子どもたちの失踪事件と過去に
この町で起きた事件の繋がりに気づくし、詩を嗜むロマンチストだし、わりと勇気あるしで
優良物件ですよ…まあビル美少年だから仕方ないけど。弟のジョージもめっちゃ可愛いし、
おしゃべり下ネタ野郎リッチー好きな人の気持ちもわかる。ビルがベバリーが攫われた時に
殴り合いの喧嘩までしたリッチーの所に真っ先に協力を頼みにいくの、ビルとリッチーって
親友ってことなのかな

池袋「エルトリート」でメキシコ料理

池袋西口のビル3階にあるメキシコ料理店「エルトリート」でランチを
頂いてきました。初めて来たお店ですが、メキシコ料理のチェーン店
なんだそうです。

・トスターダ


揚げたトルティーヤの上にチーズ、蒸したチキン、トマトがたっぷりで、
マヨネーズベースのドレッシングをかけて食べます。トルティーヤを
ガシガシ崩しながら食べると食感が◎!

・マッチョコンボ


ワンプレートのセットです。タコス、ブリトー、エンチェラーダ、ピクルス、
メキシカンライス、チリビーンズまで。これに上記のサラダも併せて
食べると本当にお腹いっぱいになります。

ファヒータっていう焼きたてのトルティーヤに肉やシュリンプを挟んで
豪快に食べるのも美味しそうで食べてみたかったです。なかなか
ランチで食べるにはお値段が高かったので、行くなら夜かなあ。

それにしても写真凄く色鮮やかじゃない?メキシコ料理って眼にも綺麗だな。

青学9代目卒業

まじかー。今までの代よりあっという間だったなーという感想。
六角、立海、比嘉の3公演で卒業か。8代目は不動峰、ルド、山吹、氷帝の
4公演だったから、まあ1公演しか違わないんだけど、六角と比嘉って試合数
少ない(3戦先取でわりと余裕)から、立海くらいしかチーム総力戦って感じし
ないんだよなあ。手塚なんか比嘉しか試合しないじゃんね。
リョーマ役の仁愛くんだけは残留みたいだけどね。

お昼は外で

お昼は外で
短い昼休憩ですが、レジャーシートを敷いて外でランチ!少しだけど紅葉も楽しめました。お菓子も食べた(笑)。陽が雲に隠れると少し寒かったから、毛布があるとちょうどいい感じでした。

畠中恵「ぬしさまへ」

9月にミュージカル舞台で見た「しゃばけ」シリーズの1冊。松之助が主人公の
「空のビードロ」他、5品収録。
そう言えば、舞台版ではほぼ主人公の一太郎の出番が無かったからこうして
まともに動いて喋ってる様子を知ったのはこの原作でやっとかも。まあ、大抵
寝込んでたけど(笑)。あと仁吉も今回の舞台版には出てなかったから。
でも「虹を見し事」で、舞台でも見た「空のビードロ」の最後で長崎屋の奉公人に
なった松之助のその後の様子がちょっと見られて良かった。一太郎の方はそん
な風に思ってなさそうだけど、松之助はまだまだ遠慮がある感じだよね。続編
見るともっと兄弟っぽくなってるのかなあ。舞台でも植田くんの一太郎と平野くんの
松之助を見たいです。
お話としては綺麗にオチのついた「仁吉の思い人」が良かったな。

思った以上に若旦那体弱いのな!そして若かった17歳。とは言え当時の感覚なら
17歳ってもう成人だろうしね。頭も良いし気もいいし、体が弱いところ以外は将来性も
ありそうな一太郎だけど、「虹を見し事」の最後、甘やかされている自覚のある自分
とは言え、いつか店や奉公人達を背負えるようにできることをしたいという若々しい
悩みを持って、今後どう成長していくのかも気になるよね。

11/3S舞台「逆転検事 ~逆転のテレポーテーション~」

演出: キムラ真 / 原作・監修: カプコン
御剣怜侍: 和田琢磨 / 一条美雲: 荒井レイラ / 糸鋸圭介: 磯貝龍虎
矢張政志: 林明寛 / 地上弥一郎: 宮下雄也 / 大場カオル: 久下恵美
小鳥遊マモル: 品川翔 / 仲酉モツ夫: 登野城佑真 / 宝月茜: 野口真緒
黒乃小雪: かなで / 右近佳恵: 下村彩 / 左寛治: 池田謙信
庄司正悟: 米丸日向 / 馬場伴: 小山峻 / 天間椿: 杉原勇武
飛鳥井友郎: 富田翔 /

矢張がADを務める番組の収録見学へ龍神村へやってきた御剣たちは、撮影
スタッフの殺人事件とダム建設に反対する村長一行の騒動に巻き込まれる。
土砂崩れで分断された祠と撮影所を繋ぐのは、テレポーテーションなのか?

逆転裁判シリーズのスピンオフゲーム、逆転検事。ゲーム自体は私は逆裁4
までしかやっていないのですが、これは舞台オリジナルの話なのかなあ?
御剣検事を主人公とした探偵物語といった感じで、法廷シーンは出てきません。
まあ法廷シーンがあると弁護士も必要になってくるしね。
しょっぱなから友郎が犯人臭ぷんぷん出してくるし、キャストは以前逆裁舞台で
犯人役をやった富田さんだしで、「これは逆裁2の最終話みたいに犯人はわか
ってるけどトリックを暴く系の話か?」って思ったら、裏がありましたね。まあ、
最初の方で伏線張ってたもんね。

和田さんの御剣、長いだけあってみったんの動き、声も素晴らしいな。一緒に
見たのが逆裁好きの友達だったんだけど、彼女も「和田さん御剣そのもの
だった!」と褒めてくれたので良かったです。私も原作ゲーム好きだけど、
やっぱりファンの人が喜べる部隊になるのが一番だよね。
相変わらずオバチャンはめっちゃ元気に客弄りしてたし、矢張の林くんとの
コンビネーションにもますます磨きがかかってました!オバチャン役の女優さん、
ダンスが得意らしいと知って、あの身体能力の高さ納得です。
イトノコ刑事の磯貝くんももう他の舞台でいてもイトノコさんかな?ってくらい
カーキのコート姿がすっかり馴染んでますね。ここも見てて安心!
登野城くんは村の青年団の団長さんの役なんだけど、割と常識人な感じで
もっと逆裁ならではのトリッキーなキャラかと思ってました(笑)。彼の犯人役
見てみたいんだよなあ。悪役というか。「HIDEYOSHI」の明の影のある表情が
凄くよかったから。でも周りに振り回されてキャラキャラ動いてるの可愛かった
です。

11/3M「TeamParty SEIGAKU」

【青学】
越前リョーマ:阿久津仁愛 手塚国光:宇野結也 大石秀一郎:松村 優
不二周助:定本楓馬 菊丸英二:永田聖一朗 乾  貞治:加藤 将
河村 隆 :鈴木雅也 桃城 武:吉村駿作 海堂 薫 :牧島 輝
堀尾聡史:相馬眞太 加藤勝郎 :奥井那我人  水野カツオ:畠山紫音

【六角】
葵 剣太郎 :矢代卓也 佐伯虎次郎 :二葉 要 黒羽春風 :陽向謙斗
木更津 亮 :佐藤祐吾

てっきり出演は青学だけかと思いきや、六角メンバーも半分くらいは出てくれるん
ですね!しかもトークショーのMCは六角!六角チムパが見られない私には嬉しい
サプライズでした。
さて、内容は千葉の海辺でオープンした「六角の家」という海の家に青学のキャスト
達がきて、そこの店員である佐藤くんと二葉くんの2人が出す質問に順に答えて
いくというもの。青学9代目はまだ全然役者さん個人の性格とか知らないから、とても
興味深かったです。それに何より、木更津役の佐藤くんも佐伯役の二葉くんもトーク
回しも仕切りも上手いし安心して観てられたし笑いました!
乾役の加藤将くんが「いつ息吸ってるのw」って言われるくらい延々喋りつづける子
なんですけどそれに「喋りながら吸ってる」って答えたのに対して、佐藤くんがぼそっと
「エラ呼吸かな」って呟いたのとか。
リョーマ役の仁愛くんが「かき氷!」とオーダーしたら「はい、氷のみのオーダー入ります」
って返したりとか。上手いよねえ!
それに二葉くんのキャッチフレーズ付き自己紹介を皆で考えるお題については、仁愛くん
の「二葉キューン!みんな俺の物になりな」や那我人くんの「二葉要ですッ☆」(キラッ)も
良かったけど、紫音くんの「ツッコミならワイにまかせときー(棒読み)」がツボでしたし、
全部やらされている二葉くんの大やけどっぷりが爆笑でした。
あとバネさんのDJもまた見たかった~!

最後のハイタッチでは、那我人くんに件のキラッポーズしたら返してくれて嬉しい~と
思いつつ、他のキャストには大人しく「ありがとうございました~」って挨拶してたら、最後の
仁愛リョーマが帽子のつばをクイッとしながら「またね」って言ってくれたので、動転して
「はい!」と答えてしまいました…しゃーない。しゃーないでこれは…。

鉱石ラジオスケジューラー11月

・TeamParty SEIGAKU
・逆転検事~逆転のテレポーテーション
・Live!!アイ★チュウthe Stage

まずは青学チムパ!チムライじゃなくてチムパになったんだね。トークショー+
ライブで、キャラクターとそれを演じる役者さん個人の素が楽しめるミニイベント。
本当は六角のチムパも行きたかったんだけど、チケット取れなかった+仕事で
無理になっちゃって、残念…。
逆転検事は、登野城くんの出演が決まったので!「逆転裁判~さらば逆転」振りに
和田くんの御剣検事にも合ってきます。逆転裁判シリーズのファンである友人と
行ってくるよ。
アイチュウは9月に見た舞台のライブイベント!早いね…。2月にまた再演OR新公演
やるらしいし。これにも登野城くん出るので、彼の仕事がちゃんと継続的にあるのは
嬉しいことです。あと、今度はリュカにも注目するよ~

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »