2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« ハイキュー!!コンサート2018 | トップページ | 2/17MSミュージカル「テニスの王子様」青学VS比嘉 »

友理潤「太閤を継ぐ者-逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ」

現代の高校生男子が関ヶ原の戦い直前の豊臣秀頼(7歳)に転生した…
謎の少女の依頼に答え、割とカジュアルに豊臣秀頼への転生をOKした
主人公・太一(主人公一人称の上、周囲からは秀頼様と呼ばれるので
この名前ほとんど出てこない)が、戦国の知識を活かし豊臣家滅亡を
回避するため奮闘する物語。
やっぱり歴史の敗者による一発逆転if物語って面白いよね。日本人、
判官びいきあるから歴史の敗者に肩入れしがち…。
書籍ではざっくりいうと関ヶ原直前から真田幸村の復帰まで。大阪夏
冬の陣はこれからなので「俺たちの戦いはこれからだ!」的終わり方
なんですが、ネット連載では最後まで描かれています。
一度家康と和睦を結んで現代に帰ってから後の彼の所業を教科書で
知って家康を罵っちゃう辺りから大阪の陣の勝利までの流れは、
テンション上がりました。史実の通り死んじゃう人もいるし、石田三成の
ように史実に反して生き残る人もいるし。というかやっぱり豊臣滅亡の
道回避のまず第一報は関ヶ原後の石田三成の生存確保だったんだなあ。
キャラクターとしては真田幸村と千姫が好きです。時々主人公の存在が
忘れられるくらい周辺の武将たちのエピソードも満載で、結城秀康とか
亀姫とか初めてちゃんと知りました。
主人公の太一は、あまりに戦国時代と豊臣秀頼としてのライフに馴染み
すぎてて、未来から来た男子高校生っていうアイデンティティが消滅してた
気がする(笑)。
現代若者が過去の有名な武将と入れ替わって…っていうと最近だと
信長協奏曲を思い出すけど、あっちは歴史は詳しくない男子高校生が
織田信長と入れ替わっちゃう話だけど、現代の柔軟な思考や身分に
とらわれない分け隔てない接し方で周囲の家臣たちの心を掴んでお家も
発展していく話だったんだよね。だから現代の男子高校生である主人公が
タイムスリップする意味もあったんだけど。
本作の場合はかつて一度死んだ秀頼がその記憶を持ったまま人生を
リトライしてますって言われても違和感ない感じでしたね。そこが惜しい
というか作者の方が人気投票で主人公に票が入らないって言ってた
とのこの理由でもあるのかも。
同じく票が入らないと作者に嘆かれていた徳川家康については、私は
人間味ある好々爺と愛を切り捨てる非情の天下人と引くべき時に引けない
老いを拗らせた良い描かれ方をしてたと思います。
 
細かい?もあって、例えば二度目に現代の太一を迎えに来たのはなぜ
甲斐姫だったのかとか、本来の秀頼はどうなってるのかとか、最後に
千姫と一緒にいた秀頼は本来の秀頼なのか、とか。千姫は中身は太一の
秀頼のことが好きっぽかったけど、本来の秀頼にも惹かれていったのかなあ。

« ハイキュー!!コンサート2018 | トップページ | 2/17MSミュージカル「テニスの王子様」青学VS比嘉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/66383787

この記事へのトラックバック一覧です: 友理潤「太閤を継ぐ者-逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ」:

« ハイキュー!!コンサート2018 | トップページ | 2/17MSミュージカル「テニスの王子様」青学VS比嘉 »