2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃- | トップページ | 米澤穂信「真実の10メートル手前」 »

4/7M「初等教育ロイヤル」

脚本・演出: 加藤光大
佐川大樹/ 会沢紗弥/ 佐藤日向 / 西本りみ / 前田佳織里 / 室龍規
登野城佑真 / 釣本南(Candy Boy) / 足立英昭 / 野口真緒 / 丸山正吾
遊佐航 / 花塚廉太郎 / 横田陽介 / 須永風汰 / 岡延明 / 柳原聖
山本真夢 /市川咲 / 夏野香波 / 三和万亜子 / 須田邦仁 / 石原美沙紀
林千浪/ 相澤香純 / 山田裕太/ 加藤光大 / 伊藤節生
 
小学校の学年別対抗バトルロワイヤル。アクションファンタジー。
オープニングで各学年ごとにポーズ決めて出てくるのとか、アニメや特撮のOPみたいで
かっこよかったな。物語の伏線とかも全部詰まってて、オタクが好きな感じ。
井上くんが差し出す指切りの手を林くんが無視するのとかね…。
全学年が出てきてステージで踊るからめっちゃ人多い!狭!ってなるけ終わるころに
はこれだけ人数いても大体キャラ覚えてくるから不思議。
 
登野城くんは3年生チームのリーダーでIQ200の天才。クラスメートを見下してて、それ
を隠そうともせず傲慢な発言の連発。他者を犠牲にすることも厭わないという…
やったー!HIDEYOSHIぶりに見た悪い顔!歪んだ笑顔!すき!登野城くん演じる
佐々木くんをリーダーとした4年生チームは偽りの団結だったけど、山口くんに看取られ
て死んでいくときの登野城くんの表情は、友情と憧れと悔恨の想いが感じられたよ…。
2年生チームのリーダーの中村さん、長・早セリフが聞き取りやす!って思ったら、
アミューズの声優さんでもあったんですね、納得です。
好きな学年は中村さんを中心とした信頼の2年生チームと貧しいながら絆を築いていた
6年生チーム。井上くんと林くんの関係も切ないね。
ヒロインである佐藤さんの曇った眼鏡は、かければ見たくない世界の現実も曇らせ、
外せば生々しい現実を彼女に見せる。彼女が現実を見る決断をした結果、自身も
守ろうとしてくれたアキヨシも死んでしまう。でも現実を見るってことは虚構の幸せじゃ
なくつらい現実を受け入れるってことだから、それを知るのもまた初等教育なのかも
しれないね…過酷だけど。
ちょっとわからなからなかったのが、OPのラストで校長室に入るのは山田さんなのに
実際のラストでは松本くんなんだよね。なんで違うんだろ?
 
カテコでは各学年ごとに出てきて、4年生チームに行ってたスパイの子たちがそれを
少し離れてみてるんだけど最後には一緒に混ざってわちゃわちゃしてるの(3年生
だと佐々木くんと山口くんが腕組んでたり)いいな。

« 創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃- | トップページ | 米澤穂信「真実の10メートル手前」 »

その他観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/66586590

この記事へのトラックバック一覧です: 4/7M「初等教育ロイヤル」:

« 創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃- | トップページ | 米澤穂信「真実の10メートル手前」 »