2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 4/7S「Team Party 立海」 | トップページ | ばらかもんのブルーレイ »

米澤穂信「真実の10メートル手前」

フリーのジャーナリスト太刀洗万智が取材した6つの事件を描いた短編集。
一人称で描かれた表題作を除いては、クールで感情の読みにくい主人公が
事件によって受けた爪痕の深さはわかりにくい。
人の命に係わる事件を取り扱うためそもそもハッピーエンドになりにくい
ものの、単に犯人がわかった、犯人の心境が推測できたというだけでなく、
どこか突き放したような残酷さがあったな。なんというか、ほうらちょっと凝った
予想外のエンドだよってあざとく提示される結末じゃあないんだよね。もっと
救いがない。万智も事件の謎を解きながらそれを淡々と記事にするだけで。
印象に残ったのは、「名を刻む死」のラスト。事件に囚われた聡明な少年の心を
解放するために自ら良しとしないであろう「結論」による断罪。
「ナイフを失われた思い出の中に」でも、同じように一見クールに見えた彼女の
優しが垣間見られるのだけど、これは過去作の後日談になってるみたいなので
そちらを読んでいるとまた感慨深いのかもしれないですね。

« 4/7S「Team Party 立海」 | トップページ | ばらかもんのブルーレイ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米澤穂信「真実の10メートル手前」:

« 4/7S「Team Party 立海」 | トップページ | ばらかもんのブルーレイ »