2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

6/30M「アニドルカラーズ! キュアステージ~シリウス学園編~」

【脚本・演出】ほさかよう
【キャスト】辻諒(朝日悠希)、阿部快征(夏月斗羽役)、岸本勇太(不知火颯役)、
樋口裕太(蓮水巴瑠役)、登野城佑真(土岐結人役)、小林涼(柚木真哉役)、
植田慎一郎(金森碧叶役)石渡真修(春宮亜蘭役)、田村心(夏月雫役)、
田中晃平(寿秋誉役)、白石康介(冬弥要役)ほか
登野城くんが出てるとはいえ、観劇するか迷っていたこの舞台ですが、キャラ
ビジュが思ったより良かったので思い切ってチケットを取ってみたものの、ほぼ
予備知識なしで見にいったんだけど、アニマル化の設定とか随所で説明してくれるし、
歌とライブ中心というよりはキャラ同士の関係性や抱えた問題を中心にしたストーリー
重視の舞台で、各キャラの見せ場もちゃんとあって良作!って感じでした。
辻くん演じる悠希の明るくて元気でまっすぐな性格、嫌みがなくて好感持てるし、
登野城くん演じる結人は頼れる兄貴肌の先輩で悠希たちにも優しいけどガチの
先輩厨だから先輩傷つけた亜蘭絶許だし、先輩たちのこと馬鹿にされたら斗羽にも
キレるし、亜蘭は亜蘭で罪悪感で押しつぶされそうになってるしで、怒ったり悲しんだ
り傷ついたり、お芝居の見どころ多くて良かったな。
真哉演じる小林諒くん別の舞台でジェットコースター体形って言われるくらい頭小さく
て等身も高いんだけど、真哉が結人を抱きしめるとき身長差が凄くてカ、カップル…!
ってなってしまいました。いや、結人さんの髪が頬にかかるシャギーなの登野城くんに
似合ってて素敵だった、うん。
アイステのリュカの田中くん、前回のストイックな役と違ってちょっとエロでボディタッチ
多い(男しかいない舞台だけど)チャラ男だけど、言われなきゃ全然気づかなかったわ。
そして私、ほさかようさんの演出舞台観るの初めてかもしれない。結構よかったな。

「東京魔人學園剣風帖」発売20周年

Twitterでタグを見つけて知りました。
私の中で3大はまりゲームの1つとも言える東京魔人學園剣風帖が発売から
20周年なんだそうです。

ひぇ~もうそんなに!!
でもずっと大好きな作品です。このゲーム以降学園ジュヴナイルみたいな
作品続いたけど、やっぱり主人公=プレイヤーで、しかもこんなに周りの仲間
との関係が心に刺さった作品って他にないです。
京一は、転校初日に不良に呼び出されて校舎裏で因縁つけられてた時に
木の上から木刀持って助太刀に来てくれた時からずっと、他のゲームの追随を
許さない「わたしの、最高の相棒(まどマギ風)」だよ!

「キャプテン翼の世界展」

池袋西武で開催中の「キャプテン翼の世界展」を見にいってきました。

「キャプテン翼」ヒストリーや第1話の原画丸々公開、最近始まった
新アニメの設定資料やグッズなどもあって、私セゾンカード割引の
おかげで300円で入場できてしまって安すぎないか!って思うくらい
内容充実してましたね。

「キャプテン翼」は高校時代にめっちゃクラスの女子で回し読みする
機会があって、当時から岬くんが好きでした。なので、黄金コンビ関連の
ことは結構今でも覚えてて、先日の舞台や少年ジャンプ展、今回のイベント
でふと「そういえばさ~」って友人に質問されたことも、わりと答えられた
気がします…忘れないもんですねえ。

「ばらかもんカフェ」に行ってきた~②料理編

写真撮り忘れたのもあるんだけど、料理いろいろ。
あの味おためしセット
Dsc_0661
かんころ餅は五島市にふるさと納税したときに返礼品でもらったし、
なんなら長崎のアンテナショップでも買えるんだけど、このもんは
食べたことなくて。酸味と辛みが絶妙で、これは後を引く美味しさだわ。
このもん中毒になる先生の気持ちもわかる!

HANDAコーンスペシャル-バター味
Dsc_0653
簡単(笑)。でもコースター目当てのコラボカフェだと金銭的な
事情より何よりフードファイトに負けてしまうことも多いので、
この量はありがたい。というか全体的に女性向けで適量で、
これなら残さず頼める!ってものが多くていいですね。
でもコーンだけじゃなくバターが入ってるから木戸家または
ヒロシの手が入ってるかもしれない。
de\a
タコのかるぱちょ~半田先生の夜磯デビュー
Dsc_0664
さっぱりして野菜も取れて美味しい。ピンクペッパーみたいの
歯ごたえがあって、タコと相性いいのね。
野菜もて
ああ
あっきーの電話番茶~お茶菓子付き~
Dsc_0658
甘いドリンクが多いから、さっぱりした番茶が染みる~。
さすがはあっきーの落ち着きを感じさせる。お菓子は
写真見間違えてて、実際はこの倍来ると思ってた(笑)。
半田ラテ
Dsc_0654
かっわいい!ラテってミルク入れるものなん?

タマの欲望ドリンク
Dsc_0663_2
欲望と妄想がダダ漏れすぎているけど、味は美味しいベリー味。
料理も美味しかった「ばらかもんカフェ」。後期も行くぞー!

「ばらかもんカフェ」行ってきた~①店内編

先生とヒロ
Dsc_0650_4
美和、タマ、アッキー
Dsc_0657_5
Dsc_0660_4
aaa
池袋で開催中の「ばらかもんカフェ」に行ってきました。ビルの7階の
アニメやゲームの関連コラボカフェ専門のスペースだったようなんで
すが、やっぱり公式の、しかも原作者さんが書下ろしやカフェでの
サイン会まで開いてくれるようなしっかりとした関与が入ってるだけ
あって、めっちゃクオリティ高いわ~!今までいったコラボカフェ系の
お店の中で一番しっかりしている…。
子どもたちからは、お祝いのお花も!黄色がなるっぽいなー。
Dsc_0659_4
お店の中は先生のカラーイラストの展示、漫画のページの動画映像、
店員さんがスタッフTシャツ+赤のバンダナと上の写真のキャラクター
たちと同じ格好をしてたりとかなり拘って作られてて、さらにはサイン会
で原作者のヨシノ先生が来店された時にまたいろいろイラストを描いて
いってくださったようで…見ているだけでも楽しかったです。
特に笑ったのがトイレ。これ、16巻最後のヒロシの旅立ちのシーンからの
コマなんだけど、ヒロシが持っている見送り用のテープが本物なのも凄い
し、鏡に描かれた先生の絵と鏡に映った背後の壁のヒロシの絵が一枚絵
みたいになるのも面白いなって。
もう一つの方のトイレは、タマの妄想まみれです(笑)。
ああ
Cdsc_0666_4
a
Dsc_0671_4
Dsc_0668_4

スタバの加賀棒ほうじ茶フラペチーノ

スタバの加賀棒ほうじ茶フラペチーノ

あんまり冷たくて甘いの得意じゃないから(アイスも実はそんなには
食べない・笑)、スタバの新作フラぺも普段挑戦しないんだけど、
ほうじ茶はここ1,2年ずっと好きなんだよね。2年前に金沢旅行に
行った時も自分用&お土産に加賀棒茶買って来たら、とても好評
でした!
このフラぺチーノは下の方にほうじ茶ゼリーがゴロゴロ入ってて、
ほうじ茶の苦みがクリームの甘みを程よく抑えてて美味しかった!

 

舞台「パタリロ!」★スターダスト計画

[スタッフ]
原作:「パタリロ!」魔夜峰央/脚本:池田テツヒロ/演出:小林顕作
[キャスト]
<パタリロ>加藤 諒 <マライヒ>佐奈宏紀 <ビョルン&アンドレセン>小林亮太 
<タマネギ部隊>細貝 圭 金井成大 石田 隼 吉本恒生 蒼木 陣
<魔夜メンズ>佐藤銀平 吉川純広 富岡晃一郎 三上陽永 柴 一平 香取直登
掛川僚太 大澤信児 
<ロビー少尉>三津谷 亮 <バンコラン>青木玄徳 
<声の出演>大塚明夫 三田村賢二 大堀こういち 池田鉄洋
 
 
初演は見ていたもののこの続編は見るタイミングがなかったので、配信してくれて
ありがたかったです。相変わらず加藤くんも青木くんもハマり役で、賑やかで絢爛!
三津谷くんのロビーもすらっとした体形がパタリロキャラに合っててよかったし、
ロビーの儚さにもぴったりだったけど、ただ歌もうちょっと上手かったような気がした
んだけどなあ。作品全体を象徴する静かなバラードだったんで、もったいなかったな。
青木くんはセリフはすごくアニメを意識した声色だったんだけど歌うと彼らしい少し
高いイケボになったので、それはそれで素敵でした。
自分は「パタリロ!」の中で「Fly me to the moon」が3本の指に入るくらい好きな
エピソードなのでとても楽しみにしてましたが、クライマックスのロビーとアンドレセンが
宇宙から降り注ぐダイヤモンドのスターダストの下で歌うシーンは、純粋すぎる少年たち
の叶わぬ想いが悲しくて、「スターダスト計画」とこう合わせてきたか!と。
他にも原作と舞台の違いとしては、確か原作ではロビー少尉は自分が死ぬことを知らない
まま最後の治療をしていたと思います。パタリロも全てを自分の中に飲み込んで「これが
終わったら必ず月に連れていく」と最後の嘘をつくんですよね。だから、ラストシーンで
あのバンコランすら慰めの言葉をかけようとした際に、パタリロはそれを珍しく静かに
退けて「生れてはじめて声をあげて泣いた」のだと思います。パタリロの決断は王と
して正しくてやっぱりパタリロは王者なんだけど、一方で捨てきれない情もあって、そこ
のバランスとロビー少年の優しさ、月にはせる思いの美しさが印象的だったんです。
つまり原作ではパタリロの覚悟と哀しみの物語なんだけど、舞台ではロビー少尉自身が
治療したら自分が死ぬことを知っていてその上で世界の多くの人を救うために自分が
犠牲になることを受け入れるので、ロビーの心の清らかさがクローズアップされた構成
といえるのかもしれないですね。
とは言え、今回は「スターダスト計画」と一緒なので、ロビーの最後の治療の後にすぐ
パタリロたちが決戦に出向いたので、お祭り騒ぎで終わってしまって、もうちょっと
悲しむパタリロたちが見たかったような気もします。
 
しかし、これ配信できてよかったなぁ。ご存知のように青木くんは逮捕されてしまいました
からね…。この作品の円盤化も危ぶまれてますが…。
私にとって青木くんはテニミュ2ndの跡部役。その彼が事件を起こして逮捕されたっていう
のは結構衝撃で、「だって跡部役者だよ!?」って思わず言っちゃいました。他のキャラの
役者だったらいいのかっていうわけじゃないけど、跡部って「テニスの王子様」の作品を
超えて知られているキャラクターだし、テニミュにおいても関東氷帝、六角、全国氷帝、
四天、全国立海と5公演+それぞれの間に開催されたドリライや運動会と、とにかく出演
公演が多いんですよ。以前1stで起訴された役者のせいで円盤回収が行われたように、今回も
円盤が回収されたら、2nd通して頑張ってくれた主役のリョーマ役の小越くん達の頑張りは
どうなっちゃうんだろうって。それに、事件起こしたのが2nd氷帝メンバーで集まった夜って
ことで、楽しそうなツイートと写真を見ていたので、その直後に…しかもわいせつ事件って
いうのが心に来るよね。

映画「ピーターラビット」

ウサギと人間の「ホームアローン」って感じかな(笑)。トムとジェリー感もある。
とりあえず、あのピーター・ラビットの絵本の優しい世界観とはほど遠いお話
でしたけど、やっぱりウサギは可愛いし、トーマスの潔癖症で不器用なキャラは
とても良かったな。
ところどころミュージカル仕立てみたいな歌やダンスもあったしね。
あと湖水地方の美しい風景、ロンドン・ハロッズの店内とかも見どころあった!
そして千葉繁さんが声当ててるハイテンション鶏も!

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »