2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

舞台「ジョーカーゲーム」

 
[スタッフ]
原作:TVアニメ『ジョーカー・ゲーム』/脚本・演出:西田大輔
出演:鈴木勝吾 / 山本一慶、木戸邑弥、奥谷知弘、松本岳、才川コージ
阿部快征、前田剛史、大海将一郎 / 山﨑雅志、光宣、オラキオ / 谷口賢志

配信で見ました。
大元の原作は小説だったはずなんだけど、この舞台はあくまで小説を元にした
アニメが原作になってるんだね。一応アニメは見てたんだけど、舞台版もアニメと同様、
最後までキャラの見分けがつかなったな(笑)。エピソードとしては前半は佐久間の
話、後半は三好のドイツでの死の話。ドイツの話は三好以外のD機関のメンバーの
動きのつながりもよくわかっていません…。
演出脚本は西田さん。佐久間がゴードンの機密の隠し場所に気付いた瞬間、
三好が実は既に結城へ報告済みだったと敵が気づいた瞬間、アニメのテーマ曲が
流れるのはたぶんアニメ見てた人的にはテンション上がると思うな。シュタゲ舞台
でもまゆりが最初の殺された直後タイムリープマシンで岡部が飛ぶ瞬間、主題歌
流れたの胸熱だったもんなぁ。そういう取り入れ方西田さん上手いなって思う。
逆にゴードンのアドリブ的なお笑いシーンは冗長で、そういう身内受け的なのが
多いのも西田さんなんだよなぁ。ソルシエはそういうのほぼ無くて原作の雰囲気を
大事にしてくれて良かったなって思う。
しかし今回の事件すべてどっちにしろ結城への恨みが根底にあるのでは原作…?
顔の見分けがつかない中でわかった数少ない一慶さんかっこよかったな。あと
佐久間が大海くんてのも意外性あった。大海くん未だに素顔がはっきりしないや(笑)。

「いのまたむつみ展」

有楽町マルイで開催中の、イラストレーターのいのまたむつみ先生の
40周年記念展「いのまたむつみ展」に行ってきました。

いのまたむつみさんと言えば、小説「風の大陸」「宇宙皇子」の表紙挿絵、
アニメ「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」、ゲーム「テイルズオブ」シリーズの
キャラデザなどを担当されている方。
私が初めてお名前を知ったのは小説版の「ドラゴンクエスト4」」の表紙挿絵で、
めちゃくちゃ繊細な線で描かれた華奢で可憐な女性キャラや凛々しくて美しい
男性キャラに、鳥山明先生のイラストとはまた異なる魅力があって、小学生
だった当時目を奪われた記憶があります。
今回一番見たかったのは、その後で知った「ドラゴンクエスト1」のCDドラマの
ジャケット絵で、ロトの勇者とローラ姫のキスの絵なんですが、これがもう
碧のロトの鎧に赤いマントをはためかせた勇者と、金髪に真珠色のドレスの
ローラ姫が正統派ロマンって感じで、自分の好みとか抜きにしてただただ
美しくてね。

今回その展示があったもんで思いっきり見てきちゃった。ローラ姫のふわふわ
した金髪にもいくつも真珠の髪飾りが描かれてるし、瞳を閉じる勇者と姫の
表情美しいし、線が修正液で消されてるしで、最高だったな…。

平日だったから結構空いてたし、たっぷり見られて良かったな。
いのまたさんの絵って黒髪の着色が墨みたいな濃淡が特徴的だよね。かすれる
ような筆先や水彩で塗られた水圧まで感じられました!

 

「Persona5」

ペルソナシリーズのナンバリング最新作。
ペルソナは無印の「女神異聞録ペルソナ」と「ペルソナ罪・罰」をクリア後、雰囲気
一転でシャレオツになった3以降からはしばらく距離置いてたんですが、後になって
3はPSPで友人に借りてクリア、4もアニメだけは見てたんで、一応何となくシリーズは
把握してます。
この5も発表後から気になってたんだけど例によってまたPS4対応のみかと思い
こんでまして。実は3でもプレイできたんですね。アニメ化がきっかけでそれを知って
アニメの放送とほぼ同時進行でプレイしてました。
いや~自分据え置き機のRPGまだまだできるもんですね。プレイ時間120時間くらい
いってましたけど。主人公の名前はアニメと同じ雨宮蓮でプレイしてたんですけど、
まー顔いいしCV福山潤なんで数少ない主人公ボイスも聞き逃せないんで飽きなかった
です。
イベント戦闘で死んでもそのバトルからリプレイできたり、だいぶやりやすくもなって
ましたしね。少なくともノーマルモードでプレイしてストレス溜まるほどの苦労はなかった
です。強いて言えば最初は不意打ちが下手でしょっちゅう囲まれてたくらいかな(笑)。
Danger、Danger鳴ってたけど、双葉が認知操作してくれるようになってからは助かりま
した。

戦闘パーティのレギュラーは主人公、竜司(祐介)、モルガナ、真。真は物理攻撃と
核熱攻撃と回復のバランスが良くて使い勝手良かったな。
あと総攻撃フィニッシュ時の「鉄!拳!制!裁!」が好きでした。さすが世紀末覇者先輩、
ちーっす!
お話は前半から中盤までは汚い大人の犠牲になる若者たちが自分の居場所を探すっ
ていうジュブナイルらしい展開だったんだけど、終盤にかけてのラスボスは大衆という
目に見えない存在。思考停止し、誰かに楽に支配されることを望み、事件や事故を
ネタとして消費していくネット上に蠢く集合体みたいなもんでしたね。自分勝手な彼らの
発言は耳が痛かったわ…。
でも、汚い大人たちに立ち向かうために立ち上げた怪盗団が、やがて冴や惣次郎たち
本当に頼れる大人にそれを託し、怪盗団解散後はペルソナや異世界の力を使うことなく
主人公の救出に尽力するって展開は胸熱だったね。
コープMAXのキャラ達も主人公の釈放のために動いてくれたんだけど、何のツテも力
も無いなかで三島頑張ってたなぁ。ラスボス戦で街中で声上げてくれたのも三島だった
もんね。
別にコープMAXにしてなくても怪盗団の応援者として声上げてくれたんだと思うけど、
月コープのイベントで「世界を変えるヒーローに憧れてたけど、弱虫だった自分自身が
変わることで自分の見える世界も変わった」っていう気づきがあったから、コープMAXだと
感動もひとしお。そしてこの発想、結局ラストでの主人公たちの結論とまったく同じなのね。
自分たちの見方が変われば世界も変わるから、世界は無限の可能性に満ちてるってことで。
あと三島が街頭署名の募集、川上が学校としての意見書提出、一二三が自分を使った
メディアでの訴え、武見が新薬開発の貢献者としての名前発表、吉田が議員仲間への
協力依頼、信也がネット仲間への協力依頼っていう正当な表立った方法で主人公を
助けようとしてるのに対して、岩井だけ留置所にいる主人公を守るため「あのガキには
指一本触れさせるな」って昔のツテ使って手を回してるのもなんか良かったよ…。
でも個人的に一番テンション上がったのは主人公の最初の逮捕後の獅堂戦の辺りだなぁ。
聞くたびに竜司みたく腹立てたくなる主人公の冤罪事件のきっかけになった男でも
あるわけだけど、パレスで対峙したときに竜司が「うちのリーダーが世話になったなぁ!」
ってキレてくれて嬉しかったよ…。戦闘BGMもかっこよかった!
しっかしモルガナも言ってたけど、神様は主人公の試練与えすぎだよね。悪いことして
ないのに冤罪で前歴ついたり(最後には晴れたのかな)、頑張っても報われないことも
多かったし。

ちなみにコープMAXになったのはこれ。
魔術師、女教皇、愚者、恋人、戦車、皇帝、正義、審判、星、月、太陽、
節制、刑死者、塔、死神
真っ先にMAXになったのは人間パラメータもいらず会うたびにランクアップイベント起こせ
た太陽でした。恋人になったのは死神が最初かな。お薬欲しかったので(笑)。
学生パートで節制、戦闘では星のコープアビリティがお役立ちでしたね。
街のなか歩くのも楽しかったなあ。渋谷駅とかものすごく作りこまれてて、リアル渋谷駅
で迷うのと同じくゲームの中でも初日の通学で迷ったよ!主人公の住む四軒茶屋の
モデルになった三軒茶屋周辺も街並みそっくりに作られてるらしくて、そりゃ聖地巡礼した
くなる人も多かろうよ。
そうそう、最後に実際に戦ったのは偽イゴールだったわけだけど、これ以前演じられていた
声優さんが亡くなられたからキャスト変わるの仕方ないよね、ってプレイヤーも思っちゃう
っていういうメタなトリックでしたね。

「ばらかもんカフェ」に行ってきた~②料理編Ⅱ

先月も行ったばらかもんカフェ、後期になってメニューも変わったので
またまた行ってきました。めっちゃメニュー乗せてるけど、もちろん一度に
食べたわけじゃないよ!お察しだよ!
・プチさんのグリーンカレー
Dsc_0705
これ思ったより小さくて(プチトマトとサイズ比較するとわかるけど)
食べやすくて良かった~。野菜たっぷり!むしろルー少な目かも
しれん(笑)
・吉田心の小さめベジタブルピザ
Dsc_0704
お野菜た食べられる貴重なメニューです。ジェノベーゼがうんまい。
たまたま傍に合った東野を添えて…。
・タマの妄想サンド
Dsc_0702
チーズを引き裂くとタマのショックを受けた顔が出てくるという(笑)。
でもこれとろけるチーズじゃなくてスライスチーズだから、真ん中を
裂いてもチーズ片方に寄りがち。タマ、大丈夫だよ。
・ヒロシの普通においしいちゃんぽん
Dsc_0689
ヒロシの顔つき蒲鉾もあって、具沢山。やっぱりちょっと伸びた
くらいが美味しいのかな?
・半田清明の和風デザートプレート
Dsc_0690
種類あって結構お得なんじゃないかと。あったかい甘味(団子とか
スイートポテト)もありました。そしてあと半田先生(父)の「道」の
書がなんかご利益ありそうで持って帰ってしまった(笑)。

・半田パティシエ率いるみんなで作ったケーキ
20180721144032_1
見た目(笑)。味は美味しいです。紅茶のシフォンケーキに生クリームと
さくらんぼがのってると思えば。この缶詰のさくらんぼも久しぶりに食べたなぁ。
・美和のバクダンおにぎり
20180721144551_1
でかいー!おにぎりに隠れて見えないですが後ろに卵焼きも
あります。出汁がきいてて美味しい、でもおにぎりがでかいので
もちっと漬物とかも欲しかったかも。中身は明太子とから揚げ。
この唐揚げ、たぶんジューシィーから揚げNO1…。
・木戸家のお昼ごはん(焼き鳥丼)
Dsc_0701
これー!ちゃんとラップがかかってるの!まさにヒロシが持ってきて
くれたんじゃないの?うっちーのヒロシボイスで「先生ー、昼メシの時間
だぞー」って声が聞こえてきそうだよ。
どんぶりだけどサイズ小さくて食べやすいって思ったけど、わりととろみも
あって満腹感ありましたね。さすが奥さんの手作りだぜ!これ後期は
ヒロシの手作りバージョンにしてほしかったんだぜ!
・なる&ひな おままごとプレート
Dsc_0002

あまみずって書かれたワカメスープ、どろだんごと書かれた肉団子、
チキンライスにタコさんウインナー、エビフライにから揚げ、卵サラダに
プチトマト、オムライス。お子様ランチみたいに盛りだくさんでボリュームも
たっぷり。ご飯あるの知らなくて、下のタコライスと一緒に注文して
しまったもんで、お米が凄いことに(笑)。
・おおきなかぶのタコライス
Dsc_0003
書き下ろしイラストも可愛いな。
というわけで、ばらかもんカフェ、普段コラボカフェとかこんなに何回も
行かないしグッズ欲も希薄だから交換でほしいもの探したりとかも
そんなにしなかったんだけど、今回頑張ったー!後期はばらかもん
集合ホロ以外は集められたし、前期も2枚かな

浅利慶太氏

劇団四季の創始者である浅利慶太氏の訃報を知りました。
一番劇団四季を見ていた時期は、キャスト情報の不確かさや
強引な運営に苦言を呈したくなることも正直ありましたが、やはり
私の舞台観劇のきっかけは劇団四季の「ライオンキング」。
ディズニー作品やロイド・ウェイバー作品、オリジナルの昭和三部作や
ユタ、ファミリーミュージカル…
普段舞台を見ないような人も劇場に足を運ぶきっかけを与えてくれたのは

やっぱり劇団四季と、浅利慶太氏だと思っています。
今は心から感謝し、ご冥福をお祈りいたします。

7/16S「LIVE!!アイチュウ ザ・ステージ〜Les quatre saisons〜」

原作:恋愛リズムアドベンチャー「アイ★チュウ」(リベル・エンタテインメント)
演出:田尾下 哲 脚本:保科 由里子 音楽:早川 大地

 

【出演】
F∞F
愛童星夜:川井雅弘 湊奏多:雨宮慎太朗 御剣晃:小波津亜廉

 

Twinkle Bell
枢木皐月:石渡真修 枢木睦月:宮城紘大

 

IB
ノア:佐川大樹 レオン:結城伽寿也 黎朝陽:登野城佑真
ラビ:須永風汰 リュカ:田中晃平

 

ArS
日下部虎彦:綾切拓也 桃井恭介:神越将 鳶倉アキヲ:菊地燎
海部子規:山内圭輔 折原輝:荒一陽 若王子楽:岸本卓也

 

POP'N STAR
華房心:設楽銀河
アイステのライブ、2回目です。今回は一応、フランスの姉妹学校への
研修から夏休みで一時帰国したプロデューサー(俺ら)をもてなすため、
各グループごとの新曲やシャッフルユニットでの楽曲の演奏、プロデューサーへ
の甘い言葉が聞けたり…みたいな感じで、前回の楽曲をひたすら聞かせてくれ
るライブよりコンセプトがはっきりしてて2.5次元物のライブとしてはわかりやすく
楽しかったです。
との君の朝陽初めて依然見た時よりも物腰の柔らかさが自然になってたし
(かと思ったらでかい地図広げちゃった!みたいなネタも仕込んでたけどw)、
心ちゃんはちょっと大人っぽくなってて美人度がUPしてたなあ。あと私アイステ
だとわりとリュカの女になってしまうので、実はIB曲のとき結構リュカも見てました。
IBの新曲は「MY DESTNY」だったかな。Bメロが朝陽の高速歌詞のやつ。
次公演は人気ユニット2つが参戦だとか。楽しそうだけどIBとかの出番も残して
くれると嬉しいな~。結構人数多くなるよね

7/15MSミュージカル「テニスの王子様」青学VS氷帝

【青学】
越前リョーマ :阿久津仁愛、手塚国光 :青木 瞭、大石秀一郎 :江副貴紀、
不二周助:皆木一舞、菊丸英二:田口 司、乾 貞治:竹ノ内大輔、
河村 隆 :岩田知樹、桃城 武:大久保 樹、海堂 薫:中島拓人、
堀尾聡史:琉翔、加藤勝郎:中三川歳輝、水野カツオ:奥田夢叶

【氷帝】
跡部景吾:三浦宏規  忍足侑士:井阪郁巳 宍戸亮:小早川俊輔
向日岳人:北乃颯希  芥川慈郎:田村升吾 滝萩之介:山崎晶吾
樺地崇弘:八巻貴紀 鳳長太郎:渡辺碧斗 日吉若:内海啓貴

【比嘉】
木手永四郎:武藤賢人 甲斐裕次郎:吉澤 翼 平古場 凛 :岩城直弥
知念 寛:雷太 田仁志 慧:高田 誠 不知火知弥:園村将司
新垣浩一:松井遥己

前アナ:昼/鳳 夜/菊丸
後アナ:昼/甲斐、夜/乾

青学10代目の初公演、氷帝戦を観てきました。
9代目から引き続いての仁愛リョーマを筆頭に、高身長で声の良い青木くんの
手塚も良かったし、何より新黄金ペアが仲良くて幸せだったな~。D1戦では
大石のミスをフォローした後の「また俺のセリフを取ったな~?」では、おでこ
ツンされそうになるのをラケットのグリップでカバーしたり、身長比べっこしたりで
めっちゃイチャイチャしてたし、シンクロ後に我に返ってから英二が大石に小さく
「ごめんね」って謝ってるの見て「大石の手を気遣って止めちゃったからかなー」
とか解釈の幅広がって楽しかったです。コンテナシーンも残されてた!個人的に
全ての代の青学柱に「お前は青学の柱になれ」を歌ってほしいし、全ての代の
黄金ペアにコンテナシーンは一度演じてほしいと思ってるので、今回もちゃんと
当代黄金ペアがコンテナを踏まえてシンクロしてくれたので有難い。
氷帝以来色々な舞台に引っ張りだこで、レミゼのマリウスにも出演が決まっている
跡部役の三浦くんですが、昼公演は覇気がないというかお疲れモードに見えました。
ダンスはキレキレなんですが、セリフや表情に元気がなくて。でも夜公演では昼より
力強く見えましたし、カテコで井阪くんにどつかれて笑顔を見せたりふざけて頭を
叩いたりしてる様子が見られてホッとしましたよ~。
何せ三浦くんというか跡部、今回の公演もハードな試合があるのにチーム曲でも
ソロが多く、2幕冒頭ではまたバレエの動きをふんだんに使ったダンスを踊って
たので、負担も多かろう…と思ってたのです。
あと夜は3列目だったんでキャストの顔もすごくよく見えたんですけど、毎度田村くん
の慈郎が好きで、特に氷帝チーム曲とかで、普段あんな暢気な感じでニコニコしてる
のに好戦的な顔つきになるの良いですよね…ギャップ。
比嘉の日替わりも楽しかったな。昼の新垣くん主導の「青学戦でもっと頑張れた
人」を指すのとか、慧くんが坊主頭になった通りすがりの跡部に「今日は何曜日」か
聞いて「SUNDAYじゃねーの」を言わせようとしたり(実際は舌打ちされただけで
言ってもらえなかったけどw)ね。比嘉ネタはひゃっぱり部長オチが毎回笑えちゃう
なー。

鉱石ラジオスケジューラー7月

・ミュージカル「テニスの王子様」青学VS氷帝
・Live!! アイ★チュウ ザ・ステージ~les quatre saisons~

もう7月も1週間過ぎちゃいましたけど、テニミュの夏がやってきました。
新青学10代目と帰ってきた三浦くん率いる氷帝戦。新生黄金コンビ、いきなり
のシンクロですし、成長した仁愛リョーマと三浦跡部の戦いも楽しみ!
そしてアイステ、てっきり以前やったライブの再演かと思ったら、プロデューサー
が夏休みで帰ってきて、シャッフルユニットでライブって設定なんですね。
IBの新曲も聞けるかな。
あと今月も後期のばらかもんカフェ行くぞー!

池袋にモルガナカーが

池袋にモルガナカーが
池袋を歩いてたら、ペルソナ5のモルガナカー発見!
ちゃんと耳ついてるし、これでメメントス走りたいな~!可愛い!

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »