2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

最近のコメント

なんでもない日バンザイなつぶやき

Twitter
無料ブログはココログ

« ミステリーナイト2018 | トップページ | 8/11「小野大輔 Live Tour 2018 DREAM Journey」 »

井上夢人「あわせ鏡に飛び込んで」

私にとっては未だに「岡嶋二人」だった人、という枕詞がついてしまう
井上夢人(個人名義の作品も何本も読んでるのにねえ)の短編集です。
1990年代の作品ばかりで、携帯やコンピューター技術の進化に伴い
時代遅れとなってしまった小道具もありますが、あくまで小道具の一つ
なので、お話のキレや旨味は十分楽しめます。短いお話の中で、
まあ先が読めてしまうのもあるけどどんでん返しもあって、最後に
ぞっとしてしまう話も。トリックとか仕掛けとかより、わりとシンプルに

一番最初の「あなたをはなさない」なんて夏の怪談にぴったりな気がします。
オカルト的な怖さじゃないんだけどさ。逆にミステリーっぽさなら「書かれ
なかった手紙」かな。まあこれは小説でしかやりにくいけど。

巻末対談の大沢在昌さんとの会話の中で、小説を書くにあたってキャラクター
ありきか、物語の構造ありきかっていう話で井上さんが後者だっていうの
すっごくわかるなぁ。今回短編ばかり読んだせいか、星新一っぽさも感じて
しまったわ。あれなんか完全にエヌ氏だもんね、キャラは記号に近い。

« ミステリーナイト2018 | トップページ | 8/11「小野大輔 Live Tour 2018 DREAM Journey」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101100/67046524

この記事へのトラックバック一覧です: 井上夢人「あわせ鏡に飛び込んで」:

« ミステリーナイト2018 | トップページ | 8/11「小野大輔 Live Tour 2018 DREAM Journey」 »