2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 池袋「「ラ・ファミーユ」でシフォンケーキ | トップページ | 10/27M「銀河英雄伝説 Die Neue These」 »

TV放送30周年記念「魔神英雄伝ワタル展」× 池袋マルイ

「魔神映雄伝ワタル」は今から30年前に放映されていたアニメです。
小学4年生の主人公ワタルが異世界である創界山に救世主として召喚され、
忍者のヒミコ、剣の師匠シバラク先生、鳥の姿から人間に戻るため旅を
しているクラマ達と一緒に、その世界に平和を取り戻すための大冒険を
するお話。当時人気だったRPG的設定とコクピットでなく金龍に乗って
闘うロボットバトル、何より魅力的なキャラクターとコメディとシリアスの
絶妙なバランスが人気で、TVアニメにも3回なったし、ラジオドラマなど
当時にしてはかなりのメディア展開がありました。
私は実はアニメはリアルタイムでは見てなくて、偶然ラジオで流れてきた
ワタルのトモダチ「虎王」を主人公としたラジオドラマ「虎王伝説」を
聞いてすっかりはまってしまった次第です。
一番見たのはアニメの2かな。終盤、シバラク先生が敵の策略のせいで
対立する立場になってしまって、そのシバラク先生を泣きながら追いかける
ワタル役の田中真弓さんの悲壮な叫びを聞きつつ、その後にワタルを
励ますように復活した虎王に歓喜の声を上げました。
まあ私はアニメは後から見てたんでこの辺の展開は一応知ってはいたんですが
当時リアルタイムで見てた人は、虎王は復活するのか、もう終盤だがこの後
一度でも出てくるのかとかずっと心躍り不安になりながら見てたんでしょうね。
本来ワタルと虎王って滅多に逢えない友人同士なんだよね。
まず創界山に危機が迫って、ワタルが救世主としてまた召喚されて、さらに
創界山の皇子である翔龍子が魔界パワーに触れたとき、初めて虎王という存在
が表に出てこれるってのが一応公式設定だからね。
まあ虎王がめっちゃ人気キャラクターなんで、なんだかんだミラクルな展開で
後には虎王を登場させてくるんですが、私はこの「異世界の友人」っていう
設定が少し切なさと寂しさもあって好きでした。
会場には台本の実物、絵コンテのコピー、セルガ、版権商品で使われたイラスト
などが展示されていました。キャラ原案の芦田さんの作品もたくさんありましたね。
開催してくれただけでありがたいし、入場無料なんで贅沢は言えないんで
すが、パネルだけじゃなく原画とか見られると嬉しかったな。
Dsc_0164
Dsc_0157
Dsc_0156
Dsc_0161

« 池袋「「ラ・ファミーユ」でシフォンケーキ | トップページ | 10/27M「銀河英雄伝説 Die Neue These」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TV放送30周年記念「魔神英雄伝ワタル展」× 池袋マルイ:

« 池袋「「ラ・ファミーユ」でシフォンケーキ | トップページ | 10/27M「銀河英雄伝説 Die Neue These」 »