2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 切り絵 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー12月 »

12/1「Act Against AIDS 2018『THE VARIETY 26』」

【セットリスト】
OP
M1.「U.S.A」/岸谷五朗・寺脇康文・三浦春馬・猪塚健太・植原卓也・平間壮一
水田航生

~J-POPコーナー~
M2.「大丈夫」/花澤香菜
M3.「六本木心中」/柚希礼音・青柳塁斗・風間由次郎
M4.「大きな玉ねぎの下で」/三浦春馬
M5.「福笑い」/神木隆之介・小関裕太
M6.「ZERO」/加藤和樹
M7.「津軽海峡・冬景色」/柿澤勇人
M8.「キミを忘れないよ」/大原櫻子
M9.「Brave Love,TIGA」/岸谷五朗・寺脇康文・三浦春馬・神木隆之介・小関裕太
平間壮一・ウルトラマンティガ

~地球ゴージャスコーナー~
M10.「Xday」/岸谷五朗・寺脇康文・藤林美沙・碓井菜央
M11.「JUN'S DREAM」/柚希礼音・岸谷五朗
M12.「THE TOP OF THE BEST!」/大原櫻子・城田優・平間壮一・猪塚健太
風間由次郎・藤林美沙・碓井菜央・岸谷五朗・寺脇康文
M13.「伝説の雄」/城田優・大原櫻子・平間壮一・猪塚健太・風間由次郎・藤林美沙
碓井菜央
M14.「BUGS」/城田優・大原櫻子・平間壮一・岸谷五朗
M15.「ワイルドアッパー」/三浦春馬・風間由次郎・青柳塁斗・水田航生・猪塚健太
M16.「サンディー」/花澤香菜
M17.「Valentina's Past」/藤林美沙・植原卓也・水田航生
M18.「ZEROTOPIA」/柚希礼音・花澤香菜・藤林美沙・植原卓也・水田航生・碓井菜央
寺脇康文
M19.「愛すべき未来へ」/三浦春馬・柚希礼音

~ミュージカルコーナー~
M20,「Defying Gravity」/ソニン
M21.「さよなら」/柚希礼音・加藤和樹
M22.「ヤツの中へ」/小池徹平・柿澤勇人
M23.「サンライズ」/大原櫻子・平間壮一
M24.「コーナー・オブ・ザ・スカイ」/城田優
M25.「二度と消せない」/小池徹平・神田沙也加
M26.「サ・イラ・モナルーム」/加藤和樹・青柳塁斗・植原卓也・水田航生
M27.「だったらいいな」/神田沙也加・寺脇康文

~ハンサムコーナー~
M28.「PARTY RIDE」/岸谷五朗・寺脇康文・「チーム・ハンサム!」全員
M29.「君だけのHERO」/青柳塁斗・猪塚健太・風間由次郎・松島庄汰・吉村卓也
M30,「キミノリズム」/石賀和輝・石原壮馬・富田健太郎・松岡広大・溝口琢矢
M31.「White Serenade」/小関裕太・甲斐翔真
M32.「Butterfly」/植原卓也・平間壮一・水田航生
M33.「Inst:」/三浦春馬・岸谷五朗・寺脇康文・「チーム・ハンサム!」全員
M34.「THIS IS THE TIME」/三浦春馬・「チーム・ハンサム!」全員

~ミュージカルコーナー~
M35.「ア・ホール・ニュー・ワールド」/城田優・麻生かほ里
M36.「アンダー・ザ・シー」/小池徹平・寺脇康文
M37.「パート・オブ・ユア・ワールド」/大原櫻子
M38.「Simon Zealotes」/岸谷五朗・青柳塁斗・猪塚健太・植原卓也・太田将熙
風間由次郎・小関裕太・平間壮一・松岡広大・水田航生・溝口琢矢
M39,「愛していれば分かり合える」/柿澤勇人・ソニン
M40,「闇が広がる」/城田優・三浦春馬
M41.「FATE CITY」柚希礼音・植原卓也・平間壮一・水田航生
M42.「ア・ミリオン・ドリームズ」/城田優・ソニン
M43.「This Is Me」/オールキャスト(メインボーカル:ソニン)
「Act Against AIDS 2018『THE VARIETY 26』」(通称:AAA)に行ってきました。
AAAは俳優の岸谷五朗さんが1993年から開催しているエイズ啓発チャリティイベントで、
今年は俳優だらけのコンサート!しかもアミューズの若手俳優ハンサムたちが多数出演
ということで、実質今年はお休みになってるハンサムライブでは!?
2階立ち見しかチケットは取れなかったんだけど、行ってよかった~。
J―POP、ミュージカル、地球ゴージャス、ハンサムライブ、ディズニーとめっちゃ多彩で
豪華だったし、「U.S.A」に始まって「This is me」で終わるのも今年を総括してるようで
一年の締めのイベントとして素晴らしかったな。

ハンサムも2,3曲はチーム曲として聞けるかなとは思ってたんだけど、ちゃんと可能な
限りの初代キャストでユニット曲聞けたし、ゆたちゃんは「キミノリズム」じゃなくて
「White Serenade」をしっとり歌い上げてくれて大人の魅力を見せてくれたし、何よりも
ユニット曲の後にステージに出てきた若手ハンサムを代表して神木くんが「お兄ちゃん
たちもー!」って袖からお兄ちゃんハンサム達をステージに呼んで、さらに三浦春馬くん
がステージ中央に現れて「This is the time」始まるの最高オブ最高だしここは2012年
って思ったよね!あの偉大なるハンサムが笑顔でセンターに現れたときは客席の悲鳴
も凄かった、みんな待ってたんだなあー
「This is the time」は、初代では佐藤健と三浦春馬が歌ってた大サビ前を今日は神木
くんと春馬くんで歌ってて、ハイタッチもあり。なんか受け継がれしものを感じてしまったし、
初めてのハンサムライブ2012のこのオリジナル曲が作られた年だったから、凄く印象深い
んだよなー。とにかくいっちばんテンション上がった瞬間でしたね、ここは。やっぱり先輩
ハンサムたちに囲まれてたあの年度の構成が最高。
他にも、J-POPコーナーではゆたちゃんは神木くんと「福笑い」をデュエット。初聴きだけど
絶対ゆたちゃんの好きな高橋優さんの曲だろうなと思ったらやはりでした。ゆたちゃん上
ハモも下ハモも歌いこなしてたなあ。その後の加藤和樹さんのB’zの「zero」がなぜか
凄く好みで加藤さんの顔立ちに稲葉さんっぽさあったよね?

ミュージカルパートも時々ご本人登場状態だったから、豪華だよ~ほんと。
小池Lと柿澤キラの「ヤツの中へ」は「デスノート」未見だったけど、舞台版みたくなった!
たぶんLって歌うときも猫背だろうから今日の方が歌いやすかったんじゃ(笑)。
城田トートの「闇が広がる」も顔つきがもう捕食者でさあ。ルドルフが三浦春馬くんだった
んだけどこちらは繊細で不安定そうなルドルフで二人の掛け合いも良かったし。
花澤香菜ちゃんも神田沙也加ちゃんも綺麗で歌可愛らしくて、チャリティーイベントなのに
得しまくってる客なんだけどいいんだろうかってくらい楽しかったです。

« 切り絵 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー12月 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/1「Act Against AIDS 2018『THE VARIETY 26』」:

« 切り絵 | トップページ | 鉱石ラジオスケジューラー12月 »