2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 風邪を引いたよ | トップページ | 12/24Mミュージカル「テニスの王子様」青学VS四天宝寺 »

土橋真二郎「殺戮ゲームの館」

デスゲーム系小説読むぞシリーズ。まだ続いていた!
そう名前は出してないけど、人狼ゲームですね。
とある大学のサークルメンバーが気づいたら屋敷に監禁され、
謎のルールに従わされる。それはメンバーの中にいる「魔物」
により朝を迎えるたびに一人また一人と殺されていくというもの。
魔物が誰かを突き止め剣を持つ村人が倒すか、村人の数が2人
まで減るかどちらかまでそのゲームは続く。
夜は魔物の出歩く時間、昼は人間が誰が魔物かを議論する時間。
密室の中で続く殺人を食い止めることはできるのか。
最初はわけもわからず殺されていく感じなんですが、個室に
入る順番や全員が束縛された状態で話し合う井戸のシステムに
ついては結構面白かったし、議論の流れを思うように操る藍は
凄かったですね。まあ彼女のラストはそうなるんだろうなと思う
ところはありましたが。
そして犯人が誰かはわりとわかりやすいね。重要なポジションに
いながら全然目立つ行動しないのが逆に怪しかったし。
でもさ、やっぱ福永は亜美は合わないよ。藍みたいなまず自分を
最優先にする冷静さとそれを可能にする知能を持ちながら、その
次に好きな人を助けるくらいの割り切り持った人間の方が、全然
福永自身の思考に近いじゃんね。お前はそういう男だよ…。
そして私も心のない人間だから福永や藍みたいな考え方の方が
性に合うなー。

« 風邪を引いたよ | トップページ | 12/24Mミュージカル「テニスの王子様」青学VS四天宝寺 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土橋真二郎「殺戮ゲームの館」:

« 風邪を引いたよ | トップページ | 12/24Mミュージカル「テニスの王子様」青学VS四天宝寺 »