2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

三浦しをん「風が強く吹いている」

アニメに触発されて買った原作である本作。めっちゃ面白かった!
10人のキャラクター全員が本当に魅力的で、中でも強靭な精神力と箱根駅伝へ
の情熱で素人集団を率いるハイジと天性の走りの才能で一行を先導する走の、
互いが互いの光みたいな関係性が素敵でした。
最後の駅伝シーンでは涙ぐんでしまった…。
素人集団が駅伝の華「箱根駅伝」に挑むなんてただの夢物語に聞こえるけど、
記録会や予選会、公式記録のこともきちんと調べられていて、そういうリアリティが
底にあった上でのやはり素敵な夢物語だったと思います。

先行してアニメを見てたんですが結構アニメオリジナルシーン多いのなー!
神童くんのキングさん説得とかHP作るところとかハイジさんがニコちゃん先輩に
お手製お弁当持って追いかけるところとかあのへんオリジナルみたいだし、ハイジ
さんが過労で倒れちゃうタイミングも少し違うけど、正直原作もアニメもどちらも
良くて2倍楽しめた気がしてます。
でもアニメではハイジさんの走の疾走を見る瞳の輝き、意志の強さと本心を巧妙に
隠した声と芝居(CV豊永さん)、走のハイジさんを見る目の柔らかさとかで
表現されてたのが、「この世に幸福や美や善なるものがあるとしたらこの男の
形をしている」「ハイジの言葉は暗く揺蕩う走の胸を一閃して照らす光」とか
めっちゃえもく直接的かつ詩的に表現してくるんで、なんかこう原作は物理攻撃
で胸をグサグサ刺してくる感はありますな(笑)。
しかしハイジさん普通に単位取って学生生活しつつ故障が完治してない脚を
抱えながらの選手としての練習・素人集団のコーチ・全体の戦略考える監督・
10人分の栄養管理ばっちりの朝夕ご飯づくりまでしてて凄いよ。
大学に陸上部がないのに1年の頃から「いつかメンバーが10人に達したら
駅伝に出てくれるかもしれない人たち」のために毎日朝夕ご飯を作り続けてきた
執念と来たら。来るべき時に栄養の行き届いた体が出来上がってるようにってさ。
胃袋掴まれてるってレベルじゃない。
アオタケの支配者はハイジさんで総合戦略考えられるのも彼だけなんだけど、
ユキさんは戦術なら考えられるから(アニオリだけど、ユキと神童が公式記録出した
大会の作戦考えたり)参謀役だし、ついでに後方実務が神童くんって感じ。
あとユキさん神童くんが彼女に振られたの察したり走の親との話を聞いてあげたり
ハイジさんの目が届かない分野をフォローしてるし、ハイジさんが過労で倒れた
とき周りに指示出したりで、やっぱ副キャプテン的存在だなあ。
ニコチャン先輩は相談役。
駅伝のシーンは本当に走っているときの走者のモノローグも、前後のスタート地点
での付き添い人とのやりとりも全部丸々最高。
特に王子とハイジさんの走った前後のやりとり「すまない」じゃなくて「ありがとう」
に訂正したハイジさんに「合格」の王子!運動が誰より苦手だった王子の静かな奮闘と
成長には涙してしまうよ。ハイジさんにとって走りの理想を体現してるのは走だけど、
一度故障で陸上から距離を置いた彼がまた一から走り始めるに当たって走ることの
意味を教えてくれたのは王子だったんじゃないかなあ。
あとユキ先輩と神童くん!!一人でも脱落したら棄権になってしまうメンバー数ぎり
ぎりの寛政大なのに「本当に辛かったら棄権してくれ」と最後の最後に言わずにいら
れなかったユキ先輩と、翌日ユキ先輩の付き添いとしてユキのために心を尽くして
世話をした神童くんの関係性な。ニコチャン先輩がハイジは本当によく人を見ていて
区間起用も前後の人間の関係性を考慮して選んでるって言ってたけど、絶対付添人も
そうだからね。神童くんとムサの絆もいいけど、皮肉屋なユキが素直になれるのも相手
が神童くんだからだよなあ。そして応援に来た家族を見てユキの心のわだかまりが解け、
「雪もいま、完全に雨になった」って彼の心情と風景描写を重ねるのも素晴らしかった。
あとキングが「ハイジの一番の友人と思われていない」ことを気にしてたのちょっと
意外だったな。でもキングの挙げた組み合わせだとハイジは走が来るまでは一人だった
んじゃないかって思うけど、まああの人も誰とでも適度にやっていけそうではあるから
なあ。
走ることは孤独だけど、一人じゃない。同じ時間・場所を走ってる全ての走者が平等で
いられる場所であって、繋がっている。
今からアニメで箱根駅伝のシーン見るの楽しみだなー。林ゆうきさんの
音楽で感動爆上げなの間違いないだろうし。

映画「ボヘミアンラプソディ」

ロングランヒット中の「ボヘミアンラブソディ」を観てきました。
たぶん一般的な人より洋楽に詳しくない私なんですが、さすがにCMや
番組で聞いたことのある曲が多いし、フレディのライブパフォーマンスの
素晴らしさもあって楽しめました。映画でこれなんだから、実際に本物の
彼のライブを見た人たちは虜になってしまうだろうなあー。
応援上演あんまり興味ないけど、これは一緒に歌ったりROCK YOU!
とかオエオエしたくなるだろうなあ!

お話的にはフレディがQUEENメンバーとなる仲間たちと出会ってから
父親との不仲、セクシャリティを理由とする恋人との別離を経験しながら

トップアーティストへの道を駆け上がっていく前半、人気絶頂となり自分を
見失ったが故のバンドメンバーとの決別や取り巻きに囲まれた孤独な
スターとなる中盤、絶望の果てからエイズの発覚とメンバーとの和解、
バンドエイドでの復活まで。

バンドエイドでの歌唱シーン、10万人の観客が波のようになってQUEENの
音楽と一体化してる姿に感動しました。映画はフレディの最期までは
描かれずバンドエイドの大成功で終わるんですが、ジムや理解者のメアリー、
バンド仲間や家族に囲まれて生涯を閉じるんだなと思わせてくれるラスト
でした。

インソールを投入してみた

右足の腓骨筋腱炎(たぶん)に悩まされている私ですが、前回記事から
一週間はジムに行く暇もなく(エブリデイ残業)、結果的に足を休めていたところ、
とりあえず軽くその場で足踏みランニングなどをしても痛みが出なくなりました。
ほんとこの程度でも痛かったからね!あと信号緑点滅での小走りとか!だから
まずここまで回復するのが第一段階ね。
次のステップとして、とりあえず様子見で3キロほどラン。
勿論、前後にはかなり念入りにストレッチ!プラスして、ちょっと前から腓骨筋の
ストレッチ(椅子に座って片方の足首をもう一方の太ももに乗せ、足首と足指
辺りを両手でそれぞれ持って内側にひねる)と、筋トレとして足首を伸ばす
背伸びを一日10回×3回やるようにしてました。

それらの結果か、3キロランは途中ちょっと足に違和感は出たものの、問題なく完走。
後に残る痛みなし!
次は翌日、足首の痛みについて調べてた際によく見かけたインソールを投入。
初めてだし、値段も手ごろで評判も良さげな「DSISソルボランニング Sサイズ」を
右の靴に入れてみました。
Dsc_0197
本当は中のインソールを取り外してからつけるみたいなんだけど、なんとかつけた
ままでも取り付けられたのでそのままで。
ランニングの時はいま厚手の靴下と足首用のサポーターもつけてるので、右足の
靴がパンッパンになってるけど、無理やり履きました(笑)。本当はこれもあまり
よくないんだろうけどね。
左足にはインソール入れてないんで、靴履いて立つと左右の踵の弾力性の違いを
感じるし、クッションのおかげで安定感もあり。
これ履いてまた走ってみたら今度は4キロまで問題なく走れました。前日に走行中に
感じた違和感もなし。これで翌日以降も痛みがぶり返さなかったら、もう少し距離
伸ばせるかも!
とはいえ、慎重にストレッチと筋トレもかかさず続けよ…。

新年初詣

新年初詣
新年初詣

腓骨筋腱炎?

年を取ると、友人との会話も健康ネタばっかりになる今日この頃。
目下の懸念は右足首の腓骨筋腱炎です。
夏ぐらいからジムに通い始めてランニングマシーンでちょっとだけ
ジョギングもやってたんだけど、主に右足に痛みが出るんだよねえ。
最初は右膝。ランナーズニーって言われるやつ。まあ言うても私
そんなマラソン大会の出場を目指してるとかそういうんじゃ全然
ないんで、ランナーという名称の負傷を追うことすらおこがましい
レベルなんだけども(笑)。
とりあえずこれはおしりの辺りから繋がってる筋肉を念入りにほぐし
たりすることで痛みが出なくなりました。

次に発症して未だに続いてるのが右足首の外側、くるぶしの下辺りの
痛み。ジョギングにも慣れ始めて6、7キロ走れるようになった時期に
痛みが出るようになりました。でも走り始めが痛くて走ってるうちに
痛みがなくなっていくのでしばらく無視して走っていたら、走り終わる頃に
もっと痛くなり、更には普通に歩くだけでも痛みが出るようになって
しまいました。しばらく安静にしてると(走らない)日常生活には不便が
ないくらいになるんだけど、また走ろうとすると今度はちょっとの距離
2,3キロくらいでも痛くなっちゃうんだよね。うーん、慢性化しちゃってる
のかなあ。そんな感じで治ったらまたちょっと走ってまた痛みぶり返すの
繰り返しで。
仕方ないので最近はエアロバイクやってるんだけど、やっぱり走った
時みたいな全身の疲労感は得られないんだよね。
うーん、地道に治るの待つしかないんかなあ

鉱石ラジオスケジュ―ラー1月

今月の観劇予定…なし!
うわあ、無!

今月は休日に出勤が入るかもと脅されていて(実際既に数日入ってる)、
怖くて予定入れられなかったんですよね。キュアステのライブとかちょっと
気にはなっていたんですが。
まあその分、12月は結構詰め込んでて舞台以外にも普通に遊びの予定
とかも連休毎日入れたりしてたんで、まあ1月は気持ちゆっくりでもいいかなと。
平日残業+平日予定入れられない分の休日の予定ぎゅうぎゅうのおかげで
ジムもほとんど行けなかったし。

謹賀新年

謹賀新年

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »