2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 箱根日帰り旅行② | トップページ | 桜 »

伊坂幸太郎「残り全部バケーション」

反省なんですけど、伊坂幸太郎の中編連作小説を時間を空けて
読むのよくないですよね…。伏線とか全部忘れちゃうよ。
特に今回の小説はメインは溝口と岡田っていう二人の裏稼業の
男を中心とした連作で、でも時系列はバラバラで岡田の少年時代の
話が真ん中らへんで突然入ってたりもするんで、ちゃんと覚えて
「ここで出てきた男、実はあいつでは?」とか察しながら読んでいか
ないと、ぽかーん、なんですよね。
まあ、個々の話も独立して面白いからいいっちゃいいんですけど。
でも溝口、そんな岡田のこと思ってた?っていうのもあるし、結末が
読者の想像にお任せしますって露骨なのもちょっと…とは思う。

しかし少年時代の岡田と最初に出てきた岡田、あんまりイメージ
繋がらないなあ。

« 箱根日帰り旅行② | トップページ | 桜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊坂幸太郎「残り全部バケーション」:

« 箱根日帰り旅行② | トップページ | 桜 »