2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「紡ロジック」 | トップページ | キャサリン・ライアン・ハワード「遭難信号」 »

「大正×対称アリス」


童話をモチーフに鏡の国のように性別や設定が逆転した世界で王子様を
救うお姫様の物語。乙女ゲーとしてはどうかと思うけど、世界設定と最後まで
やったときの物語としての結末が、こう来たか!って感じ。
攻略制限あるから途中途中で世界の謎を推理しながらプレイすると楽しいかな。
ただヒロインの百合花が結構癖の強い性格、独特の喋り方(ルー並みの英語
混じり)なので、これも好き嫌い分かれそう。
一番最初にプレイしたシンデレラの話ではまぁわりとまともだった気がしますが、
その後は相手のためとはいえだまし討ち(赤ずきん)、職場の店で女に振られ
てた初対面の男にナンパされて即OK(かぐや)、姉に恋する義理の弟の恋情
揺さぶって迫る(グレーテル)、一目惚れしてこっちからグイグイいく(白雪)
などなど、あんまり共感しにくいんですよねえ。どのエピソードでも好きな相手の
ためなら自分の命も惜しくないって、異様に一途で献身的なのもちょっと不気味で。
まあこのへんは後で理由わかってくるんですが。
とりあえず、攻略相手が繊細でヘタレでヒロインが強いというか強かなので
百合花のキャラ含めそういうは好き嫌い分かれるかな。

私は毎回エピソード冒頭に出てくる少年アリスくんとの関係性の謎とか、萌える
エピソード、好きなカプなどは特にないものの世界設定自体の謎が気になって、
とりあえずプレイを続けてみました。

魔法使い編までやって、はぁーなるほど、と。
これ逆に各キャラに思い入れあったら若干微妙だよね…。

つまり、攻略キャラのシンデレラ、赤ずきん、かぐや、白雪、グレーテル、
魔法使いはアリスティア少年の中の人格の一つ。両親が離婚し父が高跳び
して借金を背負わされた苦しみがシンデレラを、残った母親に愛されなかった
悲しみが白雪を、母親に家に閉じ込められた寂しさが赤ずきんを、親戚に
盥回しにされた辛さがかぐやの人格を生み、その後アリスティア少年が
有栖家に引き取られた後に出会った百合花への劣等感がグレーテルを
生んだと。医師は彼らを統合する人格として全ての記憶を持ちつつ痛みや
苦しみを感じない魔法使いという人格を作り出したものの、彼はアリスティア
としての自認を持てなかった。医師にも見放されたアリスティアを救うため
百合花は少年の中に自分の影たる分身である「有栖百合花」を作り、現実
世界から「有栖百合花」を操作し、声をかけ、シンデレラたちを救う。
それがつまり白雪編までのエピソード。道理で「有栖百合花」は彼らを
救うために命も惜しまない献身的な性格で一途に彼らを救うはずだよね。
そのために生まれた駒だもの。
魔法使いはちょっと違ってて、百合花の駒として各エピソードで失敗した
「有栖百合花」を消し、再度物語を作る役目。医師からも無用の存在と
された魔法使いに役割を与えてくれた百合花に魔法使いは恋するけど、
魔法使いもまたアリスティア少年の中の人格の一つ。報われない魔法使いの
救済物語が「有栖百合花」が全てを理解した上で魔法使いに恋する永遠の
片思い同士の物語が魔法使い編なんだね。
理解合ってる?

多重人格モノって最後に主人格が他の人格たちを統合して健全な状態になって
終わるのが定石なのに、まさか各人格はそれぞれ自分だけの百合花と幸せに
暮らして主人格から消えないって終わり方とは!
この後はもうシンデレラたちはアリスティアの記憶や体を動かして表面に出て
くることはないんだろうけど、そうするとアリスティアの無意識の中でずっと
暮らし続けるんだよね?白雪の話でそうだったみたいにずっと同じ本を読み
続けるような停滞した世界にならないのかな?それともアリスティアの無意識は
現実世界でアリスティアが受けた刺激によって変化・更新していくとかで、
それによってシンデレラたちの世界にも変化や前進があるのかな

あと2つだけわからないことがあって、アリスティアがなぜシンデレラたちの
真似ができたかってこととアリスとアリスティアの記憶の境目はどこかってこと
なんだけど。
魔法使いの話だっけ?アリスの話だっけ?現実世界でアリスティアが有栖百合花に
シンデレラたちの真似をして話しかけるシーンがあったと思うんだけど、アリス
ティアって他人格の時の記憶ないし対話もできないんじゃなかったっけ?なんで
真似ができるんだろ。医師たちから話を聞いてそれを想像して真似をしたのかな?
あと、小さい頃百合花と遊んだのはアリスの振りをしたアリスティアであって、
この頃はアリスはごっこ遊びの延長であってまだ別人格として生れてないって
認識でいいんだよね?アリスの存在を認めると、百合花との過去の思い出も消え
ちゃうって言ってた気がするんだけど、あの記憶はアリスの真似をしてたアリス
ティアとしての記憶だから残されるんじゃないかと思うんだけどなー。
アリスティアはシンデレラたちとしてアリスティアの体を動かしていた記憶は残ら
ないけど、彼らが生まれる原因になった不幸な出来事の記憶は残されてるって
不思議というか気の毒でもあるね。

« 「紡ロジック」 | トップページ | キャサリン・ライアン・ハワード「遭難信号」 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「紡ロジック」 | トップページ | キャサリン・ライアン・ハワード「遭難信号」 »