2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三国志 | トップページ | 三国志展②―東京国立博物館 »

三国志展①―東京国立博物館

リアル「三国志」を合言葉に、漢・三国時代の多くの出土品から文物を展示するだけでなく、
横山光輝氏が描いた漫画「三国志」、川本喜八郎氏の造形による「人形劇 三国志」の美麗な
人形、若い層にも人気のゲーム「三国無双」のキャラクター達ともコラボしつつ、史実・創作
双方から多くの人に愛される三国志の英雄たち、同時代を生きた人々の息吹を多くの出土品
から伝える。音声ガイドは三国無双バージョンを選んだら、曹操や関羽が解説してくれたよw

川本喜八郎氏の人形。諸葛孔明曹孟徳。いや~服から沓、何より表情。本当によくよく
作りこまれてるね。人形劇の三国志、ちょっとだけなら見たことあるんだよなぁ。

Dsc_0305 Dsc_0288

という弓と撒菱。これだけのサイズを操るには騎兵じゃなく歩兵である必要があるそうな。納得。
撒菱は投げてどう落ちても必ず上に尖った部分が向くようになってるんだって。使いどころは将の
智略次第だとか。定山から出土されたこの撒菱を置いたのは曹操軍か劉備軍か。想像が広がるね。

Dsc_0301 Dsc_0304

彼らの当時の生活がうかがえるもの。
 Dsc_0294_20190725002201 Dsc_0295

 

 

« 三国志 | トップページ | 三国志展②―東京国立博物館 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三国志 | トップページ | 三国志展②―東京国立博物館 »