2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ふるさと納税、届いた♪ | トップページ | 7/14Sュージカル「テニスの王子様」青学VS立海 前編 »

7/13MSミュージカル「テニスの王子様」青学VS立海 前編

【青学】
越前リョーマ役 亜久津仁愛 手塚国光役 青木 瞭
大石秀一郎役 江副貴紀 不二周助役 皆木一舞
菊丸英二役 田口 司 乾 貞治役 竹ノ内大輔
河村 隆役 岩田知樹 桃城 武役 大久保 樹
海堂 薫役 中島拓人 堀尾聡史役 琉翔
加藤勝郎役 中三川歳輝 水野カツオ役 奥田夢叶
【立海】
幸村精市 :立石俊樹 真田弦一郎 :田鶴翔吾 柳 蓮二 :井澤巧麻
仁王雅治 :後藤 大 柳生比呂士 :大隅勇太 丸井ブン太 :大薮 丘
ジャッカル桑原 :川﨑優作 切原赤也 :前田隆太朗
【四天宝寺】
白石蔵ノ介役 増子敦貴 小石川健二郎役 安東秀大郎
千歳千里役 江本光輝 金色小春役 森田力斗
一氏ユウジ役 谷津 翼 忍足謙也役 千田京平 
石田 銀役 森 一平 財前 光役 廣野凌大
遠山金太郎役 平松來馬 渡邊オサム役 碕 理人

全国大会決勝。2ndでは1公演にまとめた内容を前後編に分け、前編ではS3
~D1までを描く。

全体的な印象としては、配分変更あり。リョーマが南次郎と軽井沢に修行に
行って川へ落ちて記憶喪失になる経緯がカットされ(OPの後はリョーマ人形が
宙に浮かび水中に沈んでいくのと、南次郎がリョーマを呼ぶ声だけ描かれる)。
ライバルズで出てきた跡部は侑士・南次郎と共に映像出演なんだけど、紗幕に投影
されるので桃城を呼びヘリに乗り込むまでの感じが結構リアルでした。凄いね。
そのぶん、四天宝寺の出番が増えたので、D1以外シリアスで切羽詰まった試合が
多い中、笑いも多くて良かったなあ。ツッコミ大忙しなオサムちゃんや日替わり
ネタ考える四天の子らも大変だろうけど。オサムちゃんと言えば今回2ndでも
歌った「ウチらのハートはパーカッション」や「頑張れ負けるな必ず勝て」も
あるので、碕さんこのメンツで誰よりもこれらの曲歌ってるっていうね。オサム
ちゃんセンターになってる時もあるしね。

最後のゴールデンペアは、ほんっっっっっとに、いい!!!毎回いい!!!
そして勝利後の股関ハグもくぐもっちゃう大石の声も健在だった!
今日のテニミュは有り難いことに最前列を取ってもらって至福でした…!
しかも下手だったんで、「最後のゴールデンペア」の英二先輩の幸せそうな
キラキラした笑顔、「別れが来ても忘れはしない」のちょっと震える睫毛とか全部
見えてしまって、あの、ううっ…。
ダブルス1は悲壮な覚悟とか痛みに耐えてとか乗り越えるべき敵とかなくて、
ただ相棒とテニスできてダブルスできて楽しい!ってシンプルな気持ちで見られて
気持ちが楽だわ~。まあ今回全体的に四天のおかげでだいぶ明るく緩和されてはいる
んだけどさ。
逆に言えば黄金ペアは本当に相手しか見えてないってことなんだけどね。
だって2勝してる立海側が「俺たちで優勝決めるぞ」って意気込んでるのに、
追い詰められてるはずの青学のゴールデンペアは「これが俺たち最後のダブルスだ」
「今までいろいろサンキュ!」だもの。青学の勝利とか負ってる感ないもの。

個人的にもうちょっと!って思うのはS2の「クローズド・アイ」。矢田不二が凄く
歌上手かったから比べるのは気の毒とは思うんだけど、やっぱミュージカルでその
登場人物の強さ、存在感、才能を表現するのって歌なんだよね。桃城や菊丸がまあ
下手でもキャラクターの元気の良さが強調されてまあいいんだけど、不二とか手塚
みたいな天才肌が下手だとちょっとね…。でもS2はまた仁王が化けた白石という本物
の白石wのダンスがまた見られて良かったです。
あとリョーマの歌は、記憶を失った直後より桃城たちとテニスして少しずつ自分を
思い出し始めた時点でのほうが上手いから、やっぱり演じなれた越前リョーマとして
の歌の方がやりやすいんだろうな。

GMMKで客席降りしないでステージに残った時の真田のダンスが常に全力!
真っ向勝負!って感じで目を奪われる!
カテコでは最前列だったのでハイタッチ無双で、手塚部長、謙也とかたくさん来て
くれました。ありがたや~

« ふるさと納税、届いた♪ | トップページ | 7/14Sュージカル「テニスの王子様」青学VS立海 前編 »

テニミュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふるさと納税、届いた♪ | トップページ | 7/14Sュージカル「テニスの王子様」青学VS立海 前編 »