2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

小野不由美「白銀の墟 玄の月」1巻・2巻

Eg1t0hfu4aeenah
は~読み終わりました!さすがの情報量の多さ!また十二国の世界について
学んでしまった。たぶん完全に理解しきれてないし、神農とか土匪とか地名
とか登場人物とかなかなか覚えきれないですがw、続きが気になってぐいぐい
読み進めてしまいました。続きはまた11月…待ち遠しい!
18年ぶりの続編となる本作は、蓬莱より戻った泰麒と女将軍・李斎が
驍宗の行方を追って厳しい暮らしに喘ぐ戴を巡る物語。途中、泰麒は
李斎達と分かれ白圭宮に戻り台輔として王位の簒奪者・阿選の元に入る。
一方の李斎達はとある地に匿われていた驍宗と思われる男の死を知るが…。
こんな感じかな?
とにかく、戴の現状が地獄でね…。読んでてつらぁ。
阿選の真意はまだよくわからんけど、白圭宮の官吏たちのゾンビ化は
鳩だよねえきっと。こっちだと不吉な鳥っていうと烏とかで鳩ってむしろ
平和の象徴だけど、きっとやたら白圭宮を飛んでる鳩って妖魔かなんかで
無気力化の原因だよね。
で、きっと後半は琅燦とか耶利とかが鍵になって英章たちも立ち上がって
きっと驍宗も生存してて王位に戻ってきてくれるはず!
2巻の終盤で泰麒が国と民のために阿選を選んだのではないかという
話は、麒麟とは国のための存在で王のための存在ではないという事実を
今更ながら突き付けられた感じでした。
延王も自分の事「雁の小間使い」って言ってたけど、麒麟は国と民の為に
なるから王を選び王に仕えるのであって、どんなに王と麒麟が絆を結んで
いたとしても天のシステムの一つである麒麟はやっぱり本質的には国と
民を選ぶんだよねって。
十二国記の麒麟を通した天命による王の選定システムって、銀河英雄伝説で
言う「死なないラインハルト」=死なない名君をもたらすものなのに、戴国
については全部システムが裏目に出ちゃってるんだもんなぁ。

10/26M「ピオフィオーレの晩鐘」


演出 :吉田武寛
脚本 :村上典子
ダンテ・ファルツォーネ: 松田裕 / リリアーナ・アドルナート: 影山靖奈
ニコラ・フランチェスカ: 橋本真一 / ギルバート・レッドフォード: 橋本全一
オルロック: 小俣一生 / レオ・カヴァニス: 春斗(CUBERS)
ロベルト・デ・フェオ: 瀬良祐介 / リー・シーシャン: 渡邉嘉寿人(VOYZ BOY)
ディレットーレ: 網代将悟 / マルコ・カルデローニ: 高水裕樹
 ラン: 井上紗綾 / フェイ: 東野瑞希 / オリヴァー・ハース: 木下卓也 /
桜木さつき / 宮本圭介 / 桐田伶音 / 山中将太 / 高見沢秀衡 /
ソフィア: 七海映子 / エミリオ: VALSHE / 楊: 田中稔彦
この舞台キャラビジュの時から思ってたけど、イタリアンマフィアの命ともいえる
スーツ衣装の出来が素晴らしくて、特にダンテのベストとストール、ギルの羽織った
ジャケのシルエットが綺麗だったなぁ。
銃にナイフに双鉤、青龍刀まで飛び出す異種格闘技な殺陣も良かったな。んで、この
ゲーム大団円以外は攻略対象キャラでも容赦なく死ぬこと思い出したわw楊の武器の
双鉤なんてゲームで文章だけ読んでるといまいちどんなふうに扱うのかわかりにくい
けど、オルロック殺してるところ見てるとえぐい武器すわーさす楊すわー。
今回はピオフィのど真ん中、運命と聖遺物の真相が明かされるダンテルートだった
わけなんだけど、初めましての松田裕さん、マフィアでありながら清廉で冷静で上品な
雰囲気と、そこから漏れ出る若い初々しさがとてもダンテらしくて、声色も石川界人さん
に近くて、ゲームで見たダンテだ~♪ってなりました。特に中盤くらいまでの、リリィの
前で冷静で頼れるカポであろうとしつつも隠しきれない思いで口元が緩々しちゃったり
してるのめっちゃ可愛かった!ラストのは~ダンリリちゃんマジ運命。
逆に橋本全一さん演じるギルバートは自分がゲームで抱いてた印象より、もっと男臭くて
「こういうギルもあるんだなー!」って納得しちゃう役作りでした。
声が森久保さんより低くて、ダンテルートの文句なしにかっこいいギルのいい漢っぷり
に惚れ惚れしました。長い脚を組んで椅子に座る姿とか二丁拳銃操る殺陣もかっこよくて
男振りのいい色気があったな。
あとレオの春斗さんも良かったな。ダンテや二コラの前での後輩キャラ、リリィの
前での弟のような人懐こさが、老鼠に囲まれた瞬間声も低く戦闘モードの空気を纏うのも
言うてもレオもマフィアなんだなって思ったし。
あと橋本真一さんの二コラ・フランチェスカもう!ダンテルートだけあってダンテを
思う家族愛とその為にリリィを遠ざけようとする性格の悪さがとてもよく表れていて
そんでとても顔が宜しい。OPでリリィの手を引いて逃げるに二コラとても良かったから
次回二コラルートを上演してほしいです。

ダンテはいい男
ギルはいい漢
二コラは悪い男
オルロックはいい子
楊は危ない奴

「うたの☆プリンスさまっ♪ - Sweet Serenade」

久しぶりに見た恋する王子様たちと七海春歌!
本編の続編というかFDで、卒業オーディション後の彼らが描かれています。
アニメだと女神春歌とその崇拝者たちみたいになってるから、恋していちゃ
いちゃして相手に甘えたり焼きもち焼いてすねたりしてる等身大の彼らが
なんか逆に新鮮に感じてしまったわ。
何せ前にやったの友人に借りたAAA以来だもんなー。あ、その後の先輩たちの
初登場で一緒にユニット組むやつ以来かも。
そして相変わらず音ゲー部分は下手くそでしたw
 
来栖翔
最初から重いー!
成功率50%の手術を受けるため思い出作りの話をする来栖翔。
手術からのリハビリが間に合わなかったときの手紙、手術が失敗して
自分が死んだときの遺言などを残す来栖翔。
お、男前すぎるやろ…!
無印プレイ時は友人に「わたし翔くんが一番好きかもー」って言ってたの
思い出しました。その後うたプリはアニメ視聴が中心になってあんまり
CP萌えしてなかったんだけども
友情エンドって「もう二人は恋人同士なのに友情に格下げ…?」って
思ったけど、これ翔とトキヤの友情なんですね。最後のCGも翔を抱き
寄せながら歌うトキヤだし、トキヤの示した言葉に動かされたわけだし
春歌ちゃん…とは…ってなっちゃったw
恋愛エンドは一人で走り切り、歌い切った翔くん。最後のCGちょっと
可愛い系アイドルのグラビアみたいでしたね。
大恋愛エンドは肌色でした
 
一ノ瀬トキヤ
翔ルートの時から今回の立ち絵微妙だなって思ってたんですけど(無印のと
同じかもだけど)、なんかトキヤが一番変で、たぶん微笑んでるくらいの
表情のつもりなんだろうけど、眉間に皺が寄ってて怒ってるっぽい…。コワ。
声の演技がちゃんと優しくなってるんでまぁなんとなく理解はできるんですが。
スチルとかはそうでもないので。恋愛エンドのラストのとか良かったし。
あと、この頃のトキヤってゆーてまだツン残ってんなって。アニメだと
もう生真面目優しいキャラって感じだったから意外とまだこう、上からで
ムカつく感じがあんなとw翔が対等な感じだったからかな。
あとお話的に社長がトキヤのこと芸能界における息子のように思ってる、
みたいなエピソードが出てきて、その芸能界における実の息子と血の繋がった
音也という息子を同室にするのってどういう気持ち?ねえどういう気持ち…?
このルートのお兄さんレンくんいいね。
大恋愛エンドはちゃんと春歌の力が勝利の決め手になってるので嬉しい
 
神宮寺レン
他2人が仕事や生活環境でのトラブルを乗り越えていく話だったのに
対して、レンルートは嫉妬の感情や、相手を思って自分の気持ちを押さえ
こんじゃったりした結果すれ違う話で、あー恋愛モノしてるって感じ。
翔もトキヤも恋人同士としてちゃんと確立した状態からのスタートだったのに
比べて、レンってこの続編ゲームの冒頭でやっと両想いになったみたいだし
(無印のラストもう忘れてる)。
本気の恋愛をしたことないチャラ男×純粋培養少女のテンプレで、一番乙女ゲー
っぽかった気がします。
春歌が律義にダーリンって呼ぼうとしててちょっと吹いたけどwそういう
キャラちゃうやろ。
 
月宮林檎
3ねーん!Aぐみー!月宮せんせーい!林檎先生と恋愛できるなんて!
こういう女装男子というか男の娘って最近は村野歩くんとか宮田幸季さんみた
いな、「は?これ女の子ちゃうん?」って思っちゃうような中性的な声の
声優さんが多くて、こんなに立派に低い男性のキャスト起用してくるなんて
オリヴィエ様以来じゃないですか…?オリヴィエ様を男の娘といっていい
のかわからんけど。
怪我した春歌を迎えに来て背負って帰るところとか、2人で森へ気分転換
に出かける時とか、ふだんの高めの声と男らしい声の中間くらいの落ち着いた
微妙なラインのトーン出してくるの上手いな!CV中村さんのさじ加減。
ただ生徒と違って短い期間で春歌が恋に落ちなくちゃいけないので、頼れる
憧れのお姉さんみたいな存在から恋愛対象になるまでの流れがちょっとわかり
にくかったけど、私、男の姿より女の姿の林檎先生の方が好きだなー(台無し)!
 
日向龍也
exelつかいこなす春ちゃん。経理もいける春ちゃん。
最初のCGいいね~上司と部下な日向先生と春ちゃんちょっとオフィスラブ風味
ありますね。そして今思うと日向先生って日向大和のお兄さんなんですよね。
前作で恋愛成就した状態から始まるSクラス組とは違って先生ルートは恋の
芽生えから描かれてるから、そういう相手に恋していく過程みたいの楽しむ
にはこっちの方が楽しいんだけど、今は亡き昔の忘れられない相棒みたいな
昔の男が出てきて、春ちゃんぐぬうう!そのクソデカ感情を成仏させてあげる!
みたいな話でした。だって雷に怯える春ちゃんを日向先生が抱きしめるって
スチル有りのいいシーンなのに、また春輝の話出してくるからな…!
林檎先生が春ちゃんのことで龍也をからかう時のテンション吹いたw
でも「教師で上司で、いつかお前の歌を歌う歌手だ」ってのいい。

人生共にするなら翔、恋愛するならレン
音楽を追求する者同士としてはトキヤが相手が良い気がする。

歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」

いやー変わったお話でした!
推理好きの5人が自らが起こした殺人事件の謎解きクイズを出し合って、
ネット上で議論し合うという。
ただの推理クイズと違って、問題になる事件は全てその時の出題者が実際に
起こしたものという倫理観?はて?みたいな。 
密室やアリバイトリックだったりミッシングリンクだったり(犯人当てはない。
出題者=犯人だから)色々あるんで、推理クイズ集を読んでるようでも
あり、ただ「使いたいトリックがあったから」という楽しさだけで人を殺して
いく彼らのというぶっ飛んだ思想に気が遠くなったりもしたり。
最後の事件の意外性良かったな。いつかはこんな問題来るんじゃないかと
思ってたけど。
これ続編があるんだね。全然調べてないけど、登場人物同じなのかな。

10/9ミュージカル「テニスの王子様」秋の大運動会

<紅組>
越前リョーマ:阿久津仁愛 大石秀一郎:江副貴紀 菊丸英二:田口 司 
河村 隆:岩田知樹 桃城 武:大久保 樹
伊武深司:健人 神尾アキラ:伊崎龍次郎 石田 鉄:中村太郎
観月はじめ:宮城紘大 野村拓也:佐川大樹
南 健太郎:北川尚弥 千石清純:森田桐矢 
跡部景吾:三浦宏規 忍足侑士:井阪郁巳 滝 萩之介:山﨑晶吾 樺地崇弘:八巻貴紀
葵 剣太郎:矢代卓也 黒羽春風:陽向謙斗 首藤 聡:千葉冴太
真田弦一郎:田鶴翔吾 仁王雅治:後藤 大 柳生比呂士:大隅勇太 丸井ブン太:大藪丘
平古場 凛:岩城直弥 知念 寛:雷太 不知火知弥:園村将司 新垣浩一:松井遥己
白石蔵ノ介:増子敦貴 小石川健二郎:安東秀大郎 金色小春:森田力斗 一氏ユウジ:谷津 翼

<白組>
手塚国光:青木 瞭 不二周助:皆木一舞 乾 貞治:竹ノ内大輔 海堂 薫:中島拓人
橘 桔平:青木空夢 内村京介:高根正樹 森 辰徳:小林辰也
赤澤吉朗:中尾拳也 柳沢慎也:尾関 陸 木更津 淳:佐藤祐吾
亜久津 仁 :川上将大 新渡米稲吉:登野城佑真 喜多一馬:蒼木 陣
宍戸 亮:小早川俊輔 向日岳人:北乃颯希 芥川慈郎:田村升吾 日吉 若:内海啓貴
樹 希彦:高木眞之介 木更津 亮:佐藤祐吾 
幸村精市:立石俊樹 柳 蓮二:井澤巧麻 ジャッカル桑原:川﨑優作 切原赤也:前田隆太朗
木手永四郎:武藤賢人 甲斐裕次郎:吉澤 翼 田仁志 慧:高田 誠
千歳千里:江本光輝 忍足謙也:千田京平 石田 銀:森 一平 財前 光:廣野凌大
遠山金太郎:平松來馬

渡邊オサム:碕 理人
堀尾聡史:琉翔 加藤勝郎:中三川歳輝 水野カツオ:奥田夢叶 壇 太一:佐野真白
3rd初のテニミュ運動会が、この全国立海の前編と後半の狭間に開催!
初期学校のメンバーもほぼ終結して、懐かしいやりとりもいっぱい見られたなー。
改めて、」テニミュはやっぱり楽しいし最高だー。
運動会はドリライみたいにこっちも声出せる、というか直接キャラクターを思う存分
応援できるのが楽しいんだよね。
もう入場から橘さーん!とかめっちゃ声出したからね!次の日軽く喉痛かったw
運動会の場合、360度客に囲まれながらキャラとしての立ち居振る舞いを常にし続け
なければならないってのは、結構大変だと思うんだけど、だからこそ目が全然足りなくて!
今回リョーマと黄金ペアのいる紅組シートの席にしたんだけど、そうするとやっぱり
白組キャラの様子とかちょっと見えにくいし、あっちで競技してる間こっちのベンチでは
他キャラたちが仲良くやりとしとかしって、ほんとこれは円盤必須っすわ。
勝ったのは紅組!途中までは白組優勢だったんだけど、綱引きとリレーで勝って最後は
逆転勝ちでした。勝利チームの代表であるリョーマが優勝後のコメントで「まぁ勝つ
って決まってたけど嬉しいかな」みたいな、生意気コメントしてくれてきゃー!って
なりました。
そのリョーマくん、最後ふわふわダンスの締めの一連のシークエンスを目の前で
やってくれた~!しあわせ。そして捌け際にバネさんが手伸ばしてハイタッチ
してくれて、周囲みんな「バネさんやさしい…」って落ちてた…。
中の人たちが仲いいから岳人と新渡米先輩が結構一緒にいて踊ってたりもしてたし、
メドレーで他校が踊ってるとき菊丸先輩が端で一緒に踊ってて、自分が演じてない公演の
曲もコピーで踊ってるのさすがで。

梅欄の焼きそば

有名なお店であちこちの店舗であの表面を焼いて固めた焼きそばの写真を見たことはあったの
ですが、初実食です。
というか、横アリのある新横浜の駅ビルで今回食べたんですが、実は以前ドリライで同じ店に
来たことあったんですよね。でも私も友人も普通に麻婆豆腐とか炒飯とか食べてて、え、この
店来て敢えて焼きそば食べないとかある…?ってちょっと不思議な気持ちになりました。
で、今回はと食べてみました!

Eglao9duyaa2be1 Eglandwueaagk9

辛焼きそばの(小)と春巻きです。焼いてサクサクする麺を切り分けると、辛みの効いた餡が
たっぷり。小サイズでもお腹いっぱいになりました。
美味しい~!

有楽町「800°DEGREES 」でカスタムピザ

国際フォーラムにあるカスタムピザのお店に行ってきました。
ここは5種類のベース、40種類のトッピングから自分の好きな
ピザを選んで焼いてくれるお店です。
サブウェイ方式といったらいいのかな。

私が選んだのはこちら!
Eghlltuwaafgmq

ビアンカ(フレッシュモッツァレラ/ガーリック/オレガノ/オリーブオイル )に
レンコンとローストきのこをトッピング!
レンコンって珍しくない?って思って選んだんだけど、シャキシャキの
食感が加わって美味しかった!

友人のチョイスがこちら!
Eghlkl8uyaavm_i
マルゲリータ(トマト/フレッシュモッツァレラ/パルミジャーノ・レッジャーノ
/オリーブオイル/バジル)に秋刀魚のコンフィ。こちらも秋刀魚って珍しいね!
から選んだんだけど、トマトの酸味に負けないしっかりした味で、変わった
組み合わせだけど美味しかった!

これにサラダとポテトをシェアして満腹になりました。ピザってやっぱりシェア
しないと量もそうだけど、味も丸々一枚食べると飽きちゃうからね。こういう
食の好みが程よく合う(自分の苦手な物が好物とかじゃなく、かといってシェア
するに当たってチョイスがかぶらない)友人と行くと楽しめるね。
今回はこういうどれを選ぶ~?とかいろいろ迷うのも楽しかったな 

 

10/5M朗読劇「逃げるは恥だが役に立つ」

原作:海野つなみ『逃げるは恥だが役に立つ』(講談社「Kiss」連載)
脚本・演出 三浦直之(ロロ)
津崎平匡:梶 裕貴   森山みくり:生駒里奈
風見涼太:有澤樟太郎 土屋百合:濱田めぐみ
朗読劇「逃げるは恥だが役に立つ」を観劇!あの超有名ドラマを未視聴だったので
完全初見だったんだけど(恋ダンスしか知らない)、ただ立って本を読むだけでなく、
時に本を置いて動いたり笑顔を見せあったり、プロジェクションマッピングを使った
演出などで動きとメリハリがあって、昨今の社会的な話題も取り込んだお話も凄く
面白かったな。
特に百合が若い女性に向けて語った「呪い」の話や、年を重ねていく女性としての
生き方。平匡とみくりが示した対等な夫婦の在り方。どれも考えさせられるなー


梶くんの平匡さんと生駒ちゃんのみくりちゃん、めっちゃセリフ聞き取りやすい!
梶くんは声優さんだし圧倒的に技術面でも上手いんだけど、生駒ちゃんも想像してた
以上にみくりというまっすぐな若々しい女性を作り上げてて、外見の可愛さもあって
凄く存在感と華のあるヒロインでした。
濱めぐさんはめっちゃ声通るー!有澤くんはこの3人に比べるとちょっと聞きやすさは
落ちるけど、普通の男性っぽさが光るというか。

っていうか、2組のカップルどっちもがわいいいいい!!!
平匡さんじゃないけど、「破壊力がすごい…」

平匡・みくりののカップルは相手への敬意と相手の声に耳を傾ける姿勢や合理性に
プラスして初々しさもあって、両片思い大好物なわたし大満足でした。お互いに
恋心を自覚してからは一方がグイグイ行くときは一方が悩んでたりなんだけど、
一幕最後が平匡からの唐突なキス→走り去る列車の光→暗転なのも良かったなぁ。
あと本気になった年下チャラ男と恋から遠ざかった年上女な風見・百合もとても美味しい
カプですた…!年下男子は感情的に切羽詰まった時に敬語が抜けるのがいいよね!風見が
百合に「そんなこと言わないで。…泣かないで」とか「俺が百合さんに欲情しないと
思ってる?」とか本気出してきた時は心の中で口笛吹いた。ぴゅーぴゅー!

おっさんの心は厚揚げ、が名言すぎたです。その心は、外は固く中は柔らかい、出汁も
沁みやすいっつーの!だそうでw

有澤くん、濱田さんと並んでもあの身長差だし、セットのドアを出入りするときも少し
頭屈めてたな。有澤くんハイキュー!!の国見ちゃんぶりなんだけど、ハイキュー!!は
バレー選手ばっかの巨人の国だから気づかなかったけど、かなり身長高いんだなー

鉱石ラジオスケジューラー10月

・朗読劇「逃げるは恥だが役に立つ」
・ミュージカル「テニスの王子様」大運動会
・「ピオフィオーレの晩鐘」

今月は多彩な3本!朗読劇の逃げ恥は、なんかたぶんカラマリやった後に
梶くん改めて良いなと思って、なんか探したらたまたま見つけたやつだった
と思います。同じ回に濱めぐさん出るし、有澤くんも久しぶりだしで結構
気合入れてとりました。美声たっぷり楽しめそう!
そして!奇祭!テニミュ大運動会!3rdではやらないかと思ったよ。
平日開催という鬼畜っぷりですが、何とか頑張って横浜まで駆け付けます…。
最後はゲームもハマったピオフィ。たぶんダンテルートかな?衣装とか
しっかり作られてたんで楽しみです。二コラルートも上演してくれよお

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »