2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」 | トップページ | 10/26M「ピオフィオーレの晩鐘」 »

「うたの☆プリンスさまっ♪ - Sweet Serenade」

久しぶりに見た恋する王子様たちと七海春歌!
本編の続編というかFDで、卒業オーディション後の彼らが描かれています。
アニメだと女神春歌とその崇拝者たちみたいになってるから、恋していちゃ
いちゃして相手に甘えたり焼きもち焼いてすねたりしてる等身大の彼らが
なんか逆に新鮮に感じてしまったわ。
何せ前にやったの友人に借りたAAA以来だもんなー。あ、その後の先輩たちの
初登場で一緒にユニット組むやつ以来かも。
そして相変わらず音ゲー部分は下手くそでしたw
 
来栖翔
最初から重いー!
成功率50%の手術を受けるため思い出作りの話をする来栖翔。
手術からのリハビリが間に合わなかったときの手紙、手術が失敗して
自分が死んだときの遺言などを残す来栖翔。
お、男前すぎるやろ…!
無印プレイ時は友人に「わたし翔くんが一番好きかもー」って言ってたの
思い出しました。その後うたプリはアニメ視聴が中心になってあんまり
CP萌えしてなかったんだけども
友情エンドって「もう二人は恋人同士なのに友情に格下げ…?」って
思ったけど、これ翔とトキヤの友情なんですね。最後のCGも翔を抱き
寄せながら歌うトキヤだし、トキヤの示した言葉に動かされたわけだし
春歌ちゃん…とは…ってなっちゃったw
恋愛エンドは一人で走り切り、歌い切った翔くん。最後のCGちょっと
可愛い系アイドルのグラビアみたいでしたね。
大恋愛エンドは肌色でした
 
一ノ瀬トキヤ
翔ルートの時から今回の立ち絵微妙だなって思ってたんですけど(無印のと
同じかもだけど)、なんかトキヤが一番変で、たぶん微笑んでるくらいの
表情のつもりなんだろうけど、眉間に皺が寄ってて怒ってるっぽい…。コワ。
声の演技がちゃんと優しくなってるんでまぁなんとなく理解はできるんですが。
スチルとかはそうでもないので。恋愛エンドのラストのとか良かったし。
あと、この頃のトキヤってゆーてまだツン残ってんなって。アニメだと
もう生真面目優しいキャラって感じだったから意外とまだこう、上からで
ムカつく感じがあんなとw翔が対等な感じだったからかな。
あとお話的に社長がトキヤのこと芸能界における息子のように思ってる、
みたいなエピソードが出てきて、その芸能界における実の息子と血の繋がった
音也という息子を同室にするのってどういう気持ち?ねえどういう気持ち…?
このルートのお兄さんレンくんいいね。
大恋愛エンドはちゃんと春歌の力が勝利の決め手になってるので嬉しい
 
神宮寺レン
他2人が仕事や生活環境でのトラブルを乗り越えていく話だったのに
対して、レンルートは嫉妬の感情や、相手を思って自分の気持ちを押さえ
こんじゃったりした結果すれ違う話で、あー恋愛モノしてるって感じ。
翔もトキヤも恋人同士としてちゃんと確立した状態からのスタートだったのに
比べて、レンってこの続編ゲームの冒頭でやっと両想いになったみたいだし
(無印のラストもう忘れてる)。
本気の恋愛をしたことないチャラ男×純粋培養少女のテンプレで、一番乙女ゲー
っぽかった気がします。
春歌が律義にダーリンって呼ぼうとしててちょっと吹いたけどwそういう
キャラちゃうやろ。
 
月宮林檎
3ねーん!Aぐみー!月宮せんせーい!林檎先生と恋愛できるなんて!
こういう女装男子というか男の娘って最近は村野歩くんとか宮田幸季さんみた
いな、「は?これ女の子ちゃうん?」って思っちゃうような中性的な声の
声優さんが多くて、こんなに立派に低い男性のキャスト起用してくるなんて
オリヴィエ様以来じゃないですか…?オリヴィエ様を男の娘といっていい
のかわからんけど。
怪我した春歌を迎えに来て背負って帰るところとか、2人で森へ気分転換
に出かける時とか、ふだんの高めの声と男らしい声の中間くらいの落ち着いた
微妙なラインのトーン出してくるの上手いな!CV中村さんのさじ加減。
ただ生徒と違って短い期間で春歌が恋に落ちなくちゃいけないので、頼れる
憧れのお姉さんみたいな存在から恋愛対象になるまでの流れがちょっとわかり
にくかったけど、私、男の姿より女の姿の林檎先生の方が好きだなー(台無し)!
 
日向龍也
exelつかいこなす春ちゃん。経理もいける春ちゃん。
最初のCGいいね~上司と部下な日向先生と春ちゃんちょっとオフィスラブ風味
ありますね。そして今思うと日向先生って日向大和のお兄さんなんですよね。
前作で恋愛成就した状態から始まるSクラス組とは違って先生ルートは恋の
芽生えから描かれてるから、そういう相手に恋していく過程みたいの楽しむ
にはこっちの方が楽しいんだけど、今は亡き昔の忘れられない相棒みたいな
昔の男が出てきて、春ちゃんぐぬうう!そのクソデカ感情を成仏させてあげる!
みたいな話でした。だって雷に怯える春ちゃんを日向先生が抱きしめるって
スチル有りのいいシーンなのに、また春輝の話出してくるからな…!
林檎先生が春ちゃんのことで龍也をからかう時のテンション吹いたw
でも「教師で上司で、いつかお前の歌を歌う歌手だ」ってのいい。

人生共にするなら翔、恋愛するならレン
音楽を追求する者同士としてはトキヤが相手が良い気がする。

« 歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」 | トップページ | 10/26M「ピオフィオーレの晩鐘」 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」 | トップページ | 10/26M「ピオフィオーレの晩鐘」 »